タラソワコーチはロシアにとって特別な「鐘」浅田真央さんに託し、人々に危険が迫っていることを知らせる「警鐘」をモチーフにしたこの曲で、浅田真央さん乗り越える事を課題にくれました。
 
聴く人に緊張、不安、焦りのような感情を引き起こす、つまりは選手にとっても精神的に乗り越えなければとてもじゃないけれど飛ぶことができない大きな課題のある曲を与えてくれました。
 
 
 
 
 

青でなければ勝てないというジンクスも捨てて、自分の力で勝ち取る事へ向かう、心の強さと清々しさをくれたのはタラソワコーチなのではないかと思います。

「誰にでも飛べる曲ではない」タラソワコーチ自身が言っていたように、とても大きなチャレンジを与えてくれる曲でした。浅田真央さんなら出来るという信念で与えてくれた曲です。