原田知世の仲良し姉画像&元旦那エドツワキとの結婚離婚?・子供は?

いつも瑞々しい笑顔で森の妖精のような透明感漂わせ、芸能界の妖精だけに年齢不詳の女優の一人、原田知世さん。彼女の爽やかな空気は男女問わず好感度が高いです。今回は清々しい原田知世さんの涼しげにキラキラ輝く秘訣に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

◆年齢不詳のキレイ女性!原田知世はいったい何歳?本名・身長は?

 

いつまでも若々しく、むしろ10代20代30代の頃よりも年々、女性としての魅力や美しさを増していく理想的な歳の重ね方をしている原田知世さん。完全に年齢不詳の美魔女であるわけですが、一体現在いくつなんでしょうか?

 

 

原田知世さんは1967年11月28日生まれでした!2019年で52歳になります!!ビックリですね。

 

もうひとつ私が驚いたのは身長の件。細くてシャープな体格からか、小柄に見えたのですが、160センチだそうです。もっと小さいイメージアでした!本名はそのまま「原田知世」さんということです。

 

スポンサーリンク

 

◆原田知世の姉の原田喜和子と自宅マンションまで寄せる仲良し姉妹関係の画像。ほかの兄弟は?

 

ご存知の方も多いのかと思いますが、原田知世さんにはお姉さんがいました。同じく日本の女優さんで原田貴和子さんという方です。

 

 

原田貴和子さんは1965年生まれなので、原田知世さんより2歳年上ということで、少女時代は一緒に遊んで育ったのかなと思います。出身地の長崎では2歳の頃より姉の貴和子さんとともにバレエを習っていたというエピソードもあります。

 

原田貴和子さん

原田貴和子さん

 

おお!やっぱり姉妹。とても良く似ていますね。原田貴和子さんの芸能界デビューは原田知世さんのデビューの2年後だったということです。

2013年には映画で20年ぶりに姉妹で一緒に出演もされています。

 

女優の原田知世が、映画『ペコロスの母に会いに行く』(2013年)に出演し、実姉・原田貴和子と20年ぶりに姉妹共演を果たしていることが明らかになった。原田姉妹の共演は、映画『私をスキーに連れてって』(1987年)、『結婚』(1993年)に続き3回目。本作では幼なじみの間柄を演じる。

 

 

20年ぶり(驚)!!

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

どうやらお姉さんの原田貴和子さんの芸能界復帰をバックから原田知世さんが応援した形のようですね。

 

姉の原田貴和子は夫との離婚後、芸能界復帰しています。離婚後に出演した「ペコロスの母に会いに行く」に出演した原田貴和子は、高崎映画祭最優秀助演女優賞を頂きました。

舞台挨拶では、映画のロケ地が故郷の長崎でもあり、20年振りの姉妹共演だったため気合いを入れて演技したと原田貴和子が語っています。

 

なお、原田知世さん、原田貴和子さんのお二人にはさらに上にご兄弟がいるそうです。10歳上の姉と14歳上の兄がいたようなのですが上2人の一般人の兄と姉のうち、お姉さんに関してはすでに亡くなっているそうです。

 

 

◆原田美枝子は原田知世の姉妹ではない!?画像

 

原田知世さんと女優の原田美枝子さんが姉妹!?という噂が一部であるようです。

 

 

なんとなく爽やかな雰囲気や女優さんとして味のある演技力で姉妹と言われるのも分かる気がしますが、実際は姉妹ではありませんでした。

 

原田美枝子さんも素晴らしい女優さんで、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しただけでなく、最優秀助演女優賞の両方を受賞した女優さんとして有名です。優秀賞も含めると通算6度も受賞している大ベテランの女優さんです。

 

 

◆原田知世の姉・原田貴和子は死去した!?という誤報の原因は?

 

原田知世さんの姉の原田貴和子さんが死去したという噂がちらほらあるのですが、結論からいうと誤報のようです。なぜそのような噂が広まったのか?というところについて考えてみると下記のようになります。

 

原田貴和子さん

原田貴和子さん

 

①元NTT社員との結婚を機に、仕事の量を極端に減らし子供の育成に専念した為、芸能界の表側に出なくなった為。

 

②原田知世さんと姉の原田貴和子さんの父親である原田聰氏が2017年に90歳で亡くなったことの誤報。

 

③数年まえに14歳上の兄も亡くなっていることからの誤報。

 

続けて2人が死去したことに加え、原田貴和子さんが芸能界から離れていた時期でもあったための誤報だったようです。

 

 

◆現在、原田知世と姉・原田貴和子の住まいは現在共に「ユーカリが丘」画像

 

仲良し姉妹の原田知世さんと姉の原田貴和子さんのご自宅は共に「ユーカリが丘」という同じ駅のようです。

 

 

以前は東京駅に近い場所に住んでいた原田貴和子さんでしたが、今では千葉県佐倉市のユーカリが丘のマンションに引っ越しているそうで、原田知世さんも同じユーカリヶ丘の住民となっているそうです。

 

 

原田知世さんと姉の原田貴和子さんが選んだのは緑があって都心へのアクセスも良い人気の「ユーカリが丘」です。

女姉妹の絆って深くていいですね。

 

管理人kira2
管理人kira2

女姉妹が羨ましかったりします

 

◆原田知世のショート髪型がかわいい!【写真画像】パーマでアレンジ豊富!短くてもヘアメイク充実!

 

色々な髪型にチャレンジしていく原田知世さんなので、その髪型もよく注目を浴びます。特にショートのアレンジはなかなか幅がない中で、新鮮なイメチェンヘアメイクをいつも見せてくれています!

 

 

こちらが若い頃の原田知世さんショートヘア。若い頃の原田知世さんはすでに結構短い髪が多いので、ご本人的にはショートがやっぱりしっくりくるのかな?という印象です。

 

 

少し伸ばして顎までのボブ。基本は原田知世さんはショートからボブまでが好きな様子です。

 

 

 

ちょっとこの時期の原田知世さんは酒井法子さんに似てる雰囲気です。

 

 

 

『私をスキーに連れてって』の映画撮影時の原田知世さんは結構髪の毛は長かったんですね。

 

 

 

というわけでその後の原田知世さんはガラッと髪型でイメチェン。見るからに80年~90年代ぽい印象ですね(笑)。ちょっと似合わないけど強めのパーマと濃い化粧が流行していたようです。マドンナがこんな感じでした。

 

 

 

この辺りが原田知世さんの最長の長さのようです。こちらはピンクレディーのミーさんみたいですね。ゆるっとしたパーマで動きがあります。

 

 

 

さらに原田知世さんの珍しい茶髪時代。色が変わると別人に見えます。少女時代と一転、額を出すタイプが増えます。この時も緩くパーマはかかってますね。

 

 

 

この辺りから、原田知世さんに「森の妖精」的雰囲気が強くなります。コーヒーのCMあたりから森の妖精っぽくなってきましたね。

 

 

 

原田知世さんはやはり既定のボブまで割とボリュームを残していますね。下の方はやはり内巻きにパーマをかけている感じがします。

 

 

 

原田知世さんがショートに返り咲き、前髪にこだわりが出てきます。パーマで動きがあって活動的に見えますね。

 

 

 

原田知世さんはだいぶ、ボリュームを少なくして無駄な動きがなくすっきりしてきました。ストレートに見えますがこれもパーマで流れを作った動きがあるように見えますね。

 

 

 

原田知世さんはそこからかなり短いベリーショートな時期も。完全にショートのお手本・原田知世さんが定着してきます。こんなに短くても女性っぽいのってなかなかハードル高いですけどね(笑)。

 

 

 

最近の原田知世さんはココ。この髪型はとっても注目を浴びて、スマートなのにあまりしている人もいない髪型なので、ご本人も気に入っている様子です。これはパーマはかかってなさそうですがどうですかね。

 

 

女性からの好感度を維持したまま、ちゃんと爽やかに女性らしく清潔感がある印象の髪型ですね。

 

管理人kira2
管理人kira2

とってもかわいいですね♡

 

スポンサーリンク

 

◆ロマンスな結婚をしてる!?芸術家のエドツワキとの結婚歴。子供の妊娠は?

 

ここまであまり恋愛スキャンダルなどとは無縁でクリーンな印象の「永遠のアイドル」原田知世さんなので、いつの間に…という印象ですが、調べてみるとご結婚されていました。

 

 

原田知世さんは2005年、37歳の時に結婚。37歳と38歳という大人婚ですね。当時は自身のホームページでこうお気持ちを発表されたそうです。

 

 

みなさまへ
五月の連休をいかがお過ごしですか?
突然ではありますが、みなさまにご報告がございます。
私、原田知世(37歳)は、昨日、イラストレーターのエドツワキさん(38歳)と入籍、結婚いたしました。
昨年の秋に出会い、
その後、ふたりで温かな時間を過ごしながら、
それぞれがずっと探し求めていたパートナーであることを確信いたしました。

お互いにこれまで独身で過ごしてまいりましたが、

何の予感もなかった、突然の出会いが完璧なタイミングで訪れたようでした。

これからは二人の静かで穏やかな生活を大切にしていきたいと思っています。

これからも女優、シンガーとしての活動を続けてまいります。

 

 

原田知世さんもエドワツキさんもお互いに初婚であり、半年間での電撃婚だったようですね。特に原田知世さんの妊娠などは報告されていません。

 

 

 

独身時代の原田知世さんは普通の女性のようにオトメだったようです。言葉がフリフリしてますね(笑)お顔もうれしそう。

 

 

今気が付いたのですが、原田知世さんのこの髪型はエドツワキさんからの提案か、影響かもしれないですね。ロマンスがなせる業です(笑)

 

以前の原田知世さんにはなかったスマートでクールな印象が際立っています。ちょっとした主張があって、アーティスティックでお似合いです。

 

同じくショートカットが似合う60’sモデルのツィッギーの記事はこちらです↓

ツイッギー(twiggy)今現在は?60年代70年代ファッションミニスカ女王画像!
ミニスカートの女王降臨!ツイッギーいつ見てもかわいすぎる!!!!ため息が出るくらいの可愛さの彼女ですが、小柄な体型とは反対に日本で大きなツイッギーファッションブームを巻き起こしました!やっぱり女の子はミニスカートがカワイイよね♡ってことで、時代を超えても色褪せることを知らないツイッギーのキラキラファッション画像を♪

 

 

◆原田知世の元旦那エドツワキさんって誰?本名は?まだ結婚してる?離婚した?

 

夫となった人はイラストレーターであり、アートディレクター、画家として世界を又に駆けて活躍するエドツワキ(別名:エドワード津脇)という方でした。本名は津脇栄彦さんとおっしゃるそうです。

 

原田知世さんより一歳年上で、広島県出身、1966年生まれの人です。

 

 

エドツワキさんと知り合ったのが数か月前の2004年秋ということは分かっているようなのですが、プライベートをあまり多く語らない原田知世さんは、彼との馴れ初めなどを公表しておりません。

 

 

エドツワキさんという方は顔はこうですが、結構活躍されている方のようです。特に卒業した学校の記載がなかったのでもともとの専攻は不明です。

 

 

ただ、作品や活躍の内容を見る限りは原田知世さんの元旦那・エドツワキさんはデザイン側の切り口、グラフィックから入っているような印象で、プロフィールには画家とも記載がありますが、探した限りでは商業用のものしか見つかりませんでした。

 

1986年からイラストレーターとして活動を始め、東京を拠点に国内外のファッション誌、ブランド、広告、CDジャケットなどに作品を描いているほか、下着のプロデュースなども行っているよう。

また、自らデザインを手掛けたウェア・ブランド「nakEd bunch(ネイキド バンチ)」を展開するなど、実業家としての側面もある。

 

 

結婚相手の原田知世さんとエドワツキさんもコラボレーションをしており、CDジャケットのイラストを手掛けたり、コンサートでの演出を務めるなど夫婦で一緒に活動もしていたようです。

 

 

私はエドワツキさんを知らなかったのですが、彼の作品がこちら。割と活躍されているアーティストのようです。

 

 

 

へー。

 

 

本来の女性の有機的なフォルムをシャープでスマートに、反対に背景の本来シャープでエッジが効いてるはずの幾何学的な素材に有機的なラインや模様というような異なったアプローチを施しています。

 

画面の二物が近寄っている作業が面白いですね。

 

 

 

首の長い女性が特徴ということですが、その点で言うと、1900年代前半に活躍したイタリアの画家で巨匠のモディリアーニが有名です。

 

モディリアーニの作品

モディリアーニの作品

 

 

あとは私の印象としてですが、エドワツキさんの幾何学形態と人物の関係、ファッションと相性がいいイメージに関してはポーランドの画家のタマラ・ド・レンピッカなども近いかもしれないです。

 

 

タマラ・ド・レンピッカの絵がこちら↑なかなか素敵な画家です。

 

ファッションやモードな媒体と相性がいいのはとてもよく分かります。

 

 

しかし、原田知世さんとエドワツキさんのお二人は現在は婚姻関係にはなく、離婚しています。そのお話を次にしたいと思います。

情報では原田知世さんとエドワツキさんの間にはお子さんはいらっしゃらなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

◆原田知世はドラマ『紙の月』の放送開始直前での元夫・エドワツキとの離婚をブログ発表!

 

原田知世さんは2013年12月27日エドワツキさんとの突然の離婚発表をしました。結婚の際と同じように、公式ホームページでの発表でした。離婚の理由については触れられていなかったということです。

 

え、それぞれがずっと探し求めていたパートナーであることを確信していたのでは(笑)!?

 

 

丁度、エドワツキさんとの離婚を発表するこの時期に原田知世さんは主演のドラマ『紙の月』(NHK)で女優として新しいチャレンジをしていました。

 

 

原田知世さんがが演じたのは、パート先の銀行から1億円を着服し、自主映画の制作で多額の借金を抱えてしまった大学生に貢ぐ人妻のヒロイン役でした。

 

 

原田知世さんといえば、若く純粋でみずみずしい役を多く演じてきましたので、このドラマでは本格的な汚れ役に挑戦するという、女優としての幅を広げる大チャレンジ。

 

 

ぜったいに失敗は許されない。

 

 

そんなプロ意識が原田知世さんにもあったのかもしれません。わざわざこちらのドラマが周りから注目をされるように離婚発表の時期も考えていたようでした。

 

 

一部では、以前から原田知世さんの夫婦生活にはすでに亀裂が入っており、ドラマの制作発表の時点で別居状態だったとも言われていました。今回のオファーを受けた時点で離婚を決意したようだ」とも言われています。

 

 

こうして、ドラマ放送直前の2005年12月原田知世さんはイラストレーターのエドツワキ氏との8年の結婚生活が終わったことを発表しました。なお、お二人の間にお子さんはいなかったということです。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

プロですね。

 

 

 

離婚の際の原田知世さんのコメントがこちら。

 

突然のご報告ではありますが、
原田知世エドツワキは、
それぞれの道を歩んで行くことにいたしました。

これまで通り、というわけにはいかないかもしれませんが、
今後は互いを尊敬できる友人として、
新たな関係を築いていけると思っています。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

今後は互いを尊敬できる友人として。

 

◆原田知世はドラマ『紙の月』の演技を原作者の角田光代から絶賛されるほど熱演!女優としての評判は?

 

原田知世さんの離婚の発表から数日後に放送開始となったNHKドラマ『紙の月』の原作者である角田光代さんはドラマの完成後にこのように語って原田知世さんの演技を絶賛しました。

 

角田光代さん

角田光代さん

 

 

書いているときよりも、一段と深く考えざるを得ないドラマにしていただいた

 

 

原田知世さん演じるまじめな梨花の、透明な孤独感と空虚感に胸が痛み、

人は、愛することも愛されることもなく生きてはいかれないのではないかと、考えさせられました。

(中略)

書いているときよりも、一段と深く考えざるを得ないドラマにしていただいたことに、この上ない幸福と感謝を感じています。

 

 

大絶賛ですね。

 

 

 

私はこのドラマは見ていないのですが、内容が内容であるだけに、主演の原田知世さんはご自身の結婚生活の終焉と何か重なる感情があったのかなと想像しました。大変な時にチャレンジしたドラマが大成功してよかったですね。

 

 

離婚は意外と失くすことばかりではない。

 

 

壮絶な結婚生活をされた高須クリニック院長の彼女・西原理恵子さんのお話はこちらです↓

高須&漫画家・西原理恵子出会い~結婚関係が不潔な行為で遺言もエモい!
高須院長のラブレターがエモい!苦難つづきの人生の中でいま最も平和で幸せな時間を迎えている西原理恵子さんと、その事実婚の相手である高須克弥さんの、エネルギッシュで幸福力に満ちた考え方、関係性について調べてみました。現在がんで闘病中の高須院長ですが至って幸せそう!最後には遺言の内容と高須院長から心のこもったラブレターまでご紹介します。

 

管理人kira2
管理人kira2

女の子への愛情に満ちている西原さんです。

 

スポンサーリンク

 

◆原田知世がNHK朝ドラ『半分、青い』の演技が素敵!ピアノの弾き語りで和子さんを歌って魅せる!

 

連ドラは11年のNHK連続テレビ小説『おひさま』以来となる2018年の『半分、青い』原田知世さんは主人公の幼馴染じみ佐藤健さん演じる律(りつ)の母親である和子さんを演じました。

 

 

少女のままお母さんになったような和子さんなのです。

 

 

放送開始当初より登場し、律の母親として、幼少期から鈴愛を見守る存在として、そして晴の親友として、作品に暖かさをもたらしてきた、原田知世さん演じる“和子さん”こと萩尾和子。律と鈴愛にとってかけがえのない存在である和子は、第124話で天国へと旅立った。

 

原田知世さんは体が弱く、透明感のある役どころというところで、元のポジションに近い印象の役柄ですね。

 

 

 

ドラマ内のピアノの弾き語りシーンが話題を呼びました。原田知世さんの歌う声が素敵という評判が多くあがりました。

 

 

 

原田知世さんが歌った曲は森山良子さんの「この広い野原いっぱい」だということです。

 

 

 

小さな女の子と原田知世さんのやり取りはコービーのCMでの影響なのか、とてもほっとしますね。

 

今回は原田知世さんの透明感ある女優としての姿を色々な角度から追ってみましたが、正直、多くを語られることがない方なので、よくわかりませんでした。いつまでも精霊のようにキラキラしていてほしいですね。

 

原田知世主演の『私をスキーに連れてって』のキャストに叶美香!?画像
トレンディードラマの先駆けになり、昨年の冬季に30年ぶりの再来を果たした『私をスキーに連れてって』を追いかけつつ、原田知世さんのキラキラに迫っていきたいと思います。無添加のキラキラです♪

 

管理人kira2
管理人kira2

もう少し私も修行します(笑)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
kira2をフォローする
スポンサーリンク
キラキラしたいっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました