Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kira2/orionfdn.org/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【写真画像】現在加賀まりこは何歳?趣味は?夫は?若い頃からの彼氏・結婚歴・子供の父親は?今の旦那さんは監督?

●キューティー/かわいい 属

年齢を重ねるごとにその時代その時代の魅力を放ってきた女優加賀まりこさん。今でも女優としてキラキラ輝く彼女ですが、いつまでもキラキラ輝きを放ってきた理由に彼女をいつも輝かせてきた感受性、そこを刺激する恋愛がありました。

今回は第2弾としてそんな加賀まりこさんの若い頃からの恋について調べていきたいと思います♪加賀さんから私たちへのキラキラするエールも最後にありますよ♡

加賀まりこさんは今いくつなの?本名や出身地は?

 

加賀まりこさんは1943年12月11日生まれ、2018年12月でちょうど75歳になられます!デビューが17歳ということなので、58年もの間、芸能界で生き続けた大女優です。本名は加賀 雅子(かが まさこ)さんというお名前です。

 

出生地は東京都神田区小川町(現千代田区神田小川町)で、出身は東京都新宿区神楽坂ということです。

 

女性がこんなに長い間キラキラしていられるなんて、その秘訣を色々と教えていただきたいですね。

 

水森亜土の年齢・本名は?子供や旦那さんはいる?昔の写真画像あり
透明なアクリルボードに歌いながら両手で絵を描く独特のスタイルと、愛くるしいキャラクターで世代を問わず人気を得ているイラストレーターの水森亜土さん。イラストの他にも女優・歌手・画家など感性をどんどん広げて、いつも子どもたちだけでなく、大人をも...

 

◆趣味で始めたピラティスが美と健康の秘訣!

 

前向きでいられる原動力は健康である!

と声を大きくして断言する加賀まりこさん。加賀まりこさんは現在ピラティスを始めて数年経つそうですが、週2回ほど通うだけで、今では肩こりもなくなって歩き方が大分安全なものに改善されたそうです。

 

 

ピラティスとは、ドイツ人の看護師ジョセフピラティスが第一世界大戦の負傷兵のリハビリを目的として生み出したエクササイズ法です。

10年ほど前にマドンナ、ジュリアロバーツ、キェメロンディアスなどの多くのハリウッドセレブたちが行い注目を集めました。

スポーツジムのように体の一部分に「負荷」を加えて強くするものではない為、安全な方法でエクササイズを行なうことができ、年齢や経歴を問わず行えるそうです。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

あまり強い負荷なく肩こりや腰痛などを根本から改善できるとなればやってみたいですね。

 

加賀さんは近頃、色紙にサインする際に「何かひとこと書いてください」と頼まれるとこう書くそうです。

 

転ばない、風邪ひかない。

 

加賀まりこさんのサイン

 

確かに大事なことですけど・・・とってもユニークな一言ですね。ユーモアが加賀さんらしいです(笑)

 

【写真画像】昔の若い時~40代の加賀まりこの目がかわいい♡若い頃のメイクとファッション出演映画
年齢を重ねるごとにその時代その時代の魅力を放ってきた女優加賀まりこさん。今でも女優としてキラキラ輝く彼女ですが、今よりずっと若い時代の尖った'60Sキューティーとしてのスタイルは特に見逃せません。 今回は第1弾としてそんな加賀...

 

若い頃の恋のお相手は?彼氏はダレと誰?

 

◆ノーベル文学賞受賞作家・川端康成との関係は⁉

 

ノーベル賞作家川端康成さんは加賀さんの魅力を早くから見い出しており、二人は親交があったようです。

 

 

きっかけとなったのは川端康成氏原作の小説、『美しさと哀しみと』の映画化の際に役者である加賀さんと対面したことでした。1965年に映画が公開となり、川端氏は1968年にノーベル文学賞受賞していますので、加賀さんとの交流があったときに川端氏もノーベル賞を受賞したのかなと推測されます。

 

川端康成は大変加賀を気に入っており、撮影所や劇場によく見学にきたり、ともに朝食を摂ることもある仲であった。加賀川端について「いいダチ」と述懐している。

1965年に出演した映画『美しさと哀しみと』の作品中のレズビアン「坂見けい子」を加賀が演じることになり、川端は原作者として加賀と初対面した。川端加賀のリハーサルの演技を見て、「加賀さんの熱っポイ激しさに私は驚いた」、「私がまるで加賀まりこさんのために書いた様な、他の女優は考えられないような、主演のまりこがそこに現れた」と述べ、登場人物の「けい子」というエキセントリックで妖精じみた娘に、「演技より前の、あるいは演技の源の、加賀さんの持って生まれた、著しい個性と素質が出ていた」と褒めた。

 

八千草薫

八千草薫

 

こちらのお話、ストーリーとしてはかなり奇抜な内容でして、加賀さんが演じる坂見けい子は八千草薫さん演じる上野音子の弟子であるだけではなく、レズビアンの関係という設定です。

映画の冒頭シーンから、
二人が同じ部屋に床を敷気、けい子は音子に積極的にアプローチします。
映画は加賀まりこさんと八千草薫さんのレズシーンで始まるのです。

 

 

そして、もう一人、音子と過去関係がある作家の大木。彼は音子との壮絶な恋愛を小説にし、それが評価されて文壇で地位を築いていました。

しかし、2人の過去を知るけい子は音子をボロボロにした大木を憎み、
彼と息子の太一郎に近づいて彼の家庭を崩壊させようと企んでいる…という、めちゃドロついたお話です(笑)。

 

 

加賀さんの演じる坂見けい子はある種、狂気をはらんだ感情を爆発させ、
憎しみと、ゆがんだ愛情と、性的な倒錯を表現する力が要求されます。

 

そして川端康成はリハーサルで加賀さんの演技を絶賛しました。

 

加賀さんが年上の男性に可愛がられるのはとてもよく分かりますね。いい意味でワガママで素直な表現しかしないので、同年代の男性ではお互い合わないのかな?と・・・(主観)

これは想像になりますが、川端康成さんにとって、加賀さんは年齢や経験の差を超えて

可愛らしく自分を翻弄させてくれる魅惑の女性だったのかな?と感じます。

ノーベル賞受賞作家の感性を満足させられるなんてスゴイですね(笑)

 

小野小町の恋人は誰だったの?六歌仙の歌人・恋愛と古今和歌集に残る恋の歌
現在の世に至っても絶世の美女だったと名高い美人の代名詞、小野小町ですが、それ以外の情報に関しては彼女がどんな人、人生だったかはあまりよく知られていません。日本史の中で女性は決して好待遇ではありませんので平安時代の女性のご多分に漏れず、謎が多...

 

◆「待てない男」石坂浩二との恋愛同棲・浅丘ルリ子へ引渡し(笑)

 

1971年に女優の浅丘ルリ子さんと結婚されている石坂浩二氏ですが、石坂浩二氏は、浅丘ルリ子さんと結婚するの前、1970年頃までにはなんと加賀まりこさんと同棲していたそうです。

 

 

うん。いい顔してるいい男。

 

 

しかも、石坂浩二氏と浅丘ルリ子さんを繋げたのは、なんと石原氏と同棲中の加賀まりこさんだったとか。

 

奇妙な三人ですが(笑)??

 

ここはどうも情報が色々なのですけれども

 

浅丘ルリ子さんに、「石坂ちゃんが一度デートしたいと言っているからしてあげて」と、石坂浩二氏を引き合わせた。

 

「ルリ子は石坂ちゃんの大ファンで、一度デートしたいと言っている」と言うことで二人を引き合わせた。

 

という感じで、どちらからかは分かりませんが、

 

加賀まりこさんがあっせんしたのは確かの様子(笑)

 

晴れてドラマの共演後に石坂浩二氏と浅丘ルリ子さんは結婚します。

 

石坂浩二と浅丘ルリ子さん

 

石坂浩二氏と加賀まりこさんが同棲後に別れて、間髪入れずに浅丘ルリ子さんと交際し、これまたすぐに結婚したみたいなので、かなりのスピード婚。石原浩二さんて、結構せっかちなんです、たぶん。

 

決めたら待たない。

 

管理人kira2
管理人kira2

ちょっとくらい待とうよ、こうじ。

 

いろいろ言われていますが、加賀さんって、自分がどう思うかも大事なんだと思うんですが、相手が自分に気持ちがあるか、相手が自分をちゃんと見つめているか、ってことに結構、敏感なんだと思うんですね。

 

なので、石坂氏の気持ちが他に移っているってことを早々に察知して、だったらアタシももういいわ、ってことでこうなったのかなあ、なんて思います。あくまで想像ですが。実は、その時点で加賀さんに布施明氏という新恋人が出来ていた可能性もあるので、その辺はよくわかりません。

 

石原浩二と浅丘ルリ子さん

石原浩二と浅丘ルリ子さん

 

人気番組『スター千一夜』(フジテレビ系)にそろって出演した2人は、司会者から結婚を決めた理由を尋ねられ「彼女のことが好きで好きでたまらなかった」と答えるほど、浅丘ルリ子にベタぼれだった石坂浩二さんだったようです。

 

が。石坂氏と浅丘さんは1971年に結婚したものの、2000年に離婚。

 

石坂浩二さんは、浅丘ルリ子と離婚した理由を公では「俳優として、自分より能力のある浅丘ルリ子に、老母の介護に専念してくれと言えないため」と説明していました。

 

フッって鼻で笑ってしまう歯の浮く言葉なのですが、石坂氏には12年ほど交際していた愛人がいました。石坂氏よりも22歳年下の37歳の一般女性でした!石坂浩二氏47歳・愛人は25歳のときから始まっていたという話です。

 

どうやら1988年から石坂浩二主催劇団の元事務員で、かねてから身の回りの世話をしてくれていた女性だったと言います

 

ん~~~。

 

 

浅丘ルリ子さんは)「そのうち熱がさめる」と見て「一旦冷却期間を置こう」と考えましたが・・突然、石坂浩二から「いつも家にいてくれる人と一緒になって、子供もほしい」と告げられ、離婚に合意したそうです。

 

離婚してからたった5日のうちに

石坂浩二氏はさっさと再婚。

待てない男・石坂浩二。

 

一方の浅丘ルリ子さんの離婚時の言葉がこちら。この言葉を読むとですね、加賀さんと同じ色の印象を持つんですよね。どういうことかというと、愛することを知っている。どうしようもない男でも、愛してしまった以上、愛し通す。たとえ受け止められなくても愛し続ける。たとえ、その方法がもう祈ることしか残っていなくても。

 

「あの人(石坂)は『あなたは女優さんだから、結婚しても、ずっと仕事を続けて下さい』と、おっしゃって。本当はおうちのこともやらないといけないのに、ずっと仕事をやらせていただいて。とても、楽にやらせていただいて、あの人と一緒にいる時に勉強させていただいた」

「なんで別れるのって思ったんですけど、(子供が産みたいと)だったら、しようがないと思って、いいですって。私、割と踏ん切りが早いんです。この人のためになるなら、しようがない。私が身を引きさえすれば、すべてうまく行く。だから、恨んでもいないし

石坂との生活は、得たことばかりで失うものは全くなかった。彼から『別れたい』と言われなかったら、今も一緒にいると思う」

「やっぱり、相手のことを考えないと。自分のことだけ考えていたら、根性悪いでしょ」

 

管理人kira2
管理人kira2

立派!(感嘆)

 

こうした感性だから、加賀まりこさんと浅丘ルリ子さんて、ずっと仲良くいられたんだと思うんですね。どうしようもない男どものことなんかは置いておいて、同じ美女同士、精神的に豊かに膨らむ女性としての感性に何か共通するものがあったのかなと思います。

 

そして奇妙な3人の再会と共演

 

 

2017年3月、新ドラマ「やすらぎの郷」が、石坂浩二氏と浅丘ルリ子さん離婚して以来の31年ぶりの共演ということ、さらに加賀まりこさんも共演となる、ということで大変話題となりました。

 

撮影中のエピソードを問われた浅丘「石坂さんと抱き合うシーンがございます」と挙げ、「『長~く抱き合う』と台本に書いてありました」と話した。

続けて「(劇中の)2人は20年ぶりに会います。私自身と石坂さんは、16年ぶりに会います」と、離婚後はほぼ会うことがなかったことも告白。その上で「両方の思いで、長~いこと抱き合わせていただきました。楽しゅうございました」と冗談交じりに語って笑いを誘った。

 

管理人kira2
管理人kira2

爽やかな別れをすると、

爽やかに再会することもできるんですね。

 

同作には、石坂浅丘と結婚する前に交際していたとされる女優・加賀まりこ(73)も出演。この日の会見にも出席した。浅丘はそこも意識したのか、「そしたらマヤ(加賀の役名)がジロ~っと私たちのことを見ておりました。そう、芝居でですよ」とニヤリ。意味深な空気が流れる中、「終わりです!」と快活に笑ってコメントを締めくくった。

 

美女ふたりに拘束され降参顔の石坂浩二

美女ふたりに拘束され降参顔の石坂浩二

 

この奇妙な3人の関係はいい形でこれからも続きそうですね。今でも加賀さんは3人の関係をつなぐ役目のようですが(笑)。

 

水森亜土のイラスト可愛いOR大人っぽい?展覧会とジャズライブイベント等
透明なアクリルボードに歌いながら両手で絵を描く独特のスタイルと、愛くるしいキャラクターで世代を問わず人気を得ているイラストレーターの水森亜土さん。イラストの他にも女優・歌手・画家など感性をどんどん広げて、いつも子どもたちだけでなく、大人をも...

 

◆プレイボーイ布施明との恋愛で出産!?

 

その昔、キレイどころを片っ端から口説きまくっていたというプレイボーイとして名をはせた布施明氏と加賀まりこさんの熱愛が話題になったことがあったそうです。若い頃の写真がこちら。

 

 

いやーん、顔がきらーい(笑)

 

いつも思うことですけど、美女ってみんな男の趣味が悪いですね(笑)←おまいに言われたくないと言われそうですがw

 

ただですね、モテる男にはモテるだけの、会ってみなければわからない魅力があるってもので、感性がむき出しの加賀さんですから、きっとそれだけの何かを彼から感じ取っていたのでしょう。ということにしましょう(笑)。

 

 

1972年、加賀まりこさんが未婚のまま女児を妊娠・出産するというセンセーショナルな事実が発覚します。相手は布施明なのでは?」と大変な騒ぎになりましたが、恋愛関係についても、その子供の件も秘められたままの終焉となりました。

恋愛が終わった末の出産なのか、出産をもっての別れなのかもご本人同士しか分かりませんが、お二人の関係はこれを前後に終わったとされています。一説には事務所の方針だったとも言われていました。

加賀さんは

 

「愛は終わってる」

 

という理由で一人で産むことを決意したそうです。なんか潔さが女性としてカッコイイな!と思いました。

 

あたしを潤さない男なんかいらねー。

 

安全が確保されてるこの国で、経済的な問題についても自分の力で解決していることもあるのでしょうが、カッコいいですね。ごもっとも。そんな感じですかね(笑)。ですから、加賀まりこさんは出産時において、シングルマザーとして生きていく覚悟と意思があったということですね。

 

 

ただ、とても悲しい事実としてはこの時に生まれたお子さんは出産後わずか7時間後に亡くなったそうです。。。きっと、加賀まりこさんにとってこの先の感性を変えてしまうほどの出来事だったと思います。それに加えて当時は”未婚の母”となじられ、世の中からは相当なバッシングを受けたと言いますから、大変な時期をひとり自分だけの力で乗り越えてきた女性なんだなと思います。

 

 

子どもの父親に関しては布施明氏のほかにも石坂浩二氏との同棲期間から浅丘ルリ子さんへ彼を譲った(?)時期と被り、ひょっとして、加賀まりこさんの子供の親は石坂浩二氏では?とも言われてます。はっきりはご本人しか分からないようです。

 

ちなみに現在は森川由加里さんと平穏に暮らされているはずの布施さんですが、その前妻オリビアさんとの関係で慰謝料を3億円請求されたらしいという事実があります。加賀さんと別れた後も色々問題があったようですね。

 

◆結婚相手は元フジテレビのプロデューサー高田明侑氏

 

1974年、元フジテレビの社員でプロデューサーの高田明侑(たかだはるゆき)氏と結婚します。1980年に離婚してしまいます。二人の間にお子さんはいません。

 

 

2011年、高田明侑さんは心不全で他界されています。

 

◆現在事実婚の夫は元TBSの演出家の清弘誠氏

 

2010年頃からは元TBSのドラマの演出家である清弘誠(きよひろまこと)氏と59歳のときから事実婚状態にあるそうです。年齢は加賀さんより6歳年下ということです。もともと30年来の知り合いだったということです。

 

 

清弘誠氏は『渡る世間は鬼ばかり』『居酒屋もへじ』『おやじの背中』等のドラマの演出をしています。お二人についてのエピソードとしては、恋人になってほしいとアプローチしたのは加賀まりこさんの方からとのことで、加えて、

 

加賀さんが5年も片思いしていたとのこと!

まさに純愛(笑)!

 

 

加賀さんは彼に思いを伝えたにもかかわらず、全く相手にされず、5年もの間片思いしていたとのことです。少しずつ距離を縮めて行って現在の事実婚までつなげたそうです。なんと天下の加賀まりこさんが片思い。。。

 

 

「決して男前ではないけれど、格好つけない所に惚れた」と言っています。

その他にも

 

地位や立場、自分の損得では絶対に動かない、”魂の清潔さ”のある人。

困っている相手を見たら自分が急いでいてもすんなり助けることが出来る人

誠実が服を着て歩いているような人

出しゃばりで嫌なオヤジとは真逆な人

 

なんだそうです。す~て~き~♡

 

でもやっぱ、純愛に限るよね。

 

ってことで、加賀さんこの年齢にしてとて も幸せそうな表情をされています。

 

 

これまで自分のスタイルを徹底して貫く加賀まりこさんでしたが、清弘誠氏と一緒にいるようになってから、彼の意向に合わせて着飾ることをやめたという話なので、どれほど彼を愛しているかが伺えます。今ではなんと、すっぴんで普段は外を歩いているそうで、格好つけたり気負うということがあまりなくなったそうです。

 

夏井いつきの旦那・加根光夫氏と孫ブログ・「プレバト」梅沢富美男との関係、実力は?俳句代表作を紹介♪
今回は日本の俳人、俳句指導家として近年ご活躍の、キラキラ女性俳人の夏井いつきさん先生についてのレポート第2弾。激動の人生を経て、これまでの人生で大事に蒔き続けてきた俳句の種を大きく花咲かせた夏井いつき先生。全身からにじみ出る豊かさ、そこから...

 

やっぱりなんだかんだ言って、

女性の心の中の花瓶にいつもたっぷり水を注げるのは

男性からの愛情なんだなあ

と思います。

 

手刷りの名前入り花札

手刷りの名前入り花札

 

彼とは一緒に花札貯金をしているとか。花札で勝負をして貯めたお金を一年に1回、二人の旅行の足しにするそうです。ステキですね。

 

いつまでもお幸せに♡

 

加賀まりこの名言に目頭が熱くなる

 

最後にたくさんの愛情を受けとり注ぎ続けてきた、愛のプロフェッショナル加賀まりこ様の目頭があるくなる名言をいくつかご紹介します。

 

 

「無難」を狙うことは、自分の人生を手放すこと。

 

人生はね、座して待ってちゃダメなのよ。

片目つむってたらすぐ50よ

 

 

プライドだとか恥ずかしいとか、

そんなつまらないことにこだわらないで、

仕事も恋愛も、自分からどんどん扉を叩くの。

そうすれば、もっともっと

新しい扉が、開いてくるわよ。

 

【写真画像】昔の若い時~40代の加賀まりこの目がかわいい♡若い頃のメイクとファッション出演映画
年齢を重ねるごとにその時代その時代の魅力を放ってきた女優加賀まりこさん。今でも女優としてキラキラ輝く彼女ですが、今よりずっと若い時代の尖った'60Sキューティーとしてのスタイルは特に見逃せません。 今回は第1弾としてそんな加賀...

 

管理人kira2
管理人kira2

加賀さん、私たちみんなにエールをありがとう!

コメント