Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kira2/orionfdn.org/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

天才作曲家★菅野よう子の名コラボ! その①小泉今日子・今井美樹・中西俊博・藤城清治♪

●ヴィヴィッド/カリスマ 属

今回は天才カリスマ作曲家として名高い、キラキラ女性作曲家の菅野よう子さんについてのレポート第3弾。数えきれないほどのCM曲、アニメ・ドラマ・映画のOPテーマ等を提供している彼女の鮮やかな楽曲の数々は彼女のビビットで豊かな生き方を象徴しています。彼女の生き方からも、キラキラのカケラをいただきましょう!

今回は彼女とお仕事をした有名人の数々と、その物凄く広域かつ巨大な人脈形成を支えた菅野よう子さんの「人を惹きつけてやまない魔性の魅力(前編)」に迫ります。

 

そもそも一緒に仕事をした面々の数も名前もスゴイ!

 

菅野よう子さん

 

菅野よう子さんは様々な有名人に楽曲提供したりコラボやプロデュースをしています。その名前を見ただけでもすごいことに!まずはざっとご覧ください(笑)

 

◆接点のあった有名人(一部)紹介

 

お、おニャン子クラブからやってました!(笑)ご覧の通り、大物音楽関係者ばかりが軒を連ねます。これだけ多くのミュージシャンやアーティストに支持されてお仕事をできるなんて、それだけでも菅野よう子さんのご活躍には物凄いものがあります。

 

おニャン子クラブ、門あさみ、佐藤博、吉野千代乃、中島啓江、遊佐未森 、中西俊博、Falcom Sound Team J.D.K. 、藤城清治 、遠藤響子、 米米CLUB 、木村充揮、五島良子、須川展也 、奥井亜紀、トルヴェール・クヮルテット、白鳥由里 、今井美樹 、SYMPHONIC LUNA SEA II、小泉今日子 、UA 、坂本真綾 、新居昭乃 、井上陽水 、Crystal Kay 、錦織健 、小林桂、SMAP、T.M Revolution、湯川潮音、AKINO  、元ちとせ、May’n 、畠山美由紀 、布施明 、清浦夏実、加藤登紀子、手嶌葵 、ILA 、明坂聡美、土屋アンナ中島愛、フリーダ、エギル・オルセン、鈴木梨央、イル・ディーヴォ、指田郁也、永野亮、高畑充希 、私立恵比寿中学、 臼澤みさき、山寺宏一&水樹奈々、吉田沙保里・内村航平・福原愛ほか、関ジャニ∞、May’n&中島愛、新しい地図(稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾)羽生結弦・髙梨沙羅・宇野昌磨ほか、怪物舞踏団(石川さゆり・SUGIZO・KenKen・DJ RENA・にゃんごすたー)、chelly 、小栗旬などなど

 

太字の有名人とは中でも菅野よう子さんとの仕事の接点が多く、関係性が深いようです。今度はそのあたりを少し探っていきたいと思います。

 

中西俊博氏に出逢い、「跨ぎ技」を定着。(笑)

 

中西俊博氏

中西俊博氏

 

まずは中西俊博氏のかんたんプロフィールをご紹介します。菅野よう子さんより7歳年上ですね。同じ春生まれです。

 

管理人も実は牡羊座なんですけど、牡羊座ってうお座と相性がいいみたいで、うお座に牡羊座が群がる傾向にあるんですよね(当社比)。牡羊座にとってうお座ってどうも居心地がいい様子(笑)どうでもよかったですねw

 

なので、このケースで言うと、中西氏→菅野さんを居心地よくて、って感じなのかなーと想像します。

 

◆中西俊博かんたんプロフィール

 

◆生年月日:1956年4月10日

◆出身地:東京都

◆血液型:O型

◆最終学歴:東京芸術大学

◆職業:ヴァイオリニスト、作曲家、編曲家

◆ジャンル:ニューエイジ、ジャズ

 

◆星座:牡羊座(上記データより管理人算出w)

◆動物占い:「44.情熱的な黒ヒョウ」(上記データより管理人算出w)

 

菅野よう子さんが「57.感情的なライオン」なので、どちらも情緒的で感受性の強さが基盤としてある肉食系ですね!もともとかなりタイプが近そうです。

 

菅野よう子 名曲集「Tank!」代表作「花は咲く」大河『おんな城主直虎』名OPと彼女の魔法とは?
今回は天才カリスマ作曲家として名高い、キラキラ女性作曲家の菅野よう子さんについてのレポート第1弾。数えきれないほどのCM曲、アニメ・ドラマ・映画のOPテーマ等を提供している彼女の鮮やかな楽曲の数々は彼女のビビットで豊かな生き方を象徴していま...

 

中西俊博さん

 

◆中西俊博さんってどんな人?

 

1990年菅野よう子さん27歳)ヴァイオリニストの中西俊博氏が主宰の「中西俊博室内管弦楽団」に菅野よう子さんはそもそもピアノの演奏家として参加しているようです。彼も作曲家、編曲家ですから菅野よう子さんとは同じ土壌の方ですね。その後、彼のオリジナルアルバムの制作・ライブ活動に数年参加しているようです。おっと、そして、なかなかイケメンですね(笑)。爽やかな笑顔。

 

笑顔がステキ 中西俊博さん

笑顔がステキ 中西俊博さん

 

中西俊博をコンサートマスターとして編成された中西俊博室内管弦楽団に(菅野よう子)ピアノで参加。オリジナルソロアルバム『In The Pocket』(1990年)、『Walkin’ in Paris』(1991年)、『Sailling On Strings』(1992年)に(菅野よう子)ピアノや編曲で参加

1990年の中西のコンサートにもピアノ・キーボードで参加している。この数年間、中西のJAZZクラブでのライブにも(菅野よう子)出現し、生ピアノだけでなく、MacintoshをMIDI楽器として併用したパフォーマンスを披露していた。

 

ヴァイオリニスト中西俊博氏は、あまり管理人のような一般人層にはお名前を知られていないのかな?と思うのですが、調べてみると、「大草原の小さな家」のテーマ曲を演奏されている方でした。下の写真は彼のアルバム「大草原の小さな家(Little House On The Prairie)」です。そのアルバムについてこんな情報がありました。

 

「大草原の小さな家」1986年

「大草原の小さな家」1986年

 

中西氏の作品はロックではなくて、ノスタルジックなアメリカン・ポップスです。しかも、(「大草原の小さな家」の)半数が中西氏作曲のオリジナルなんですが、見事に調和しているんです。

アーリー・アメリカンな音楽については、黒人のブルースに関しては様々な音源が発掘されたりして知られていますが、ヨーロッパから持ち込まれた白人の音楽についてはあまりメジャーな形になっていません。この中西氏の作品以上に当時の雰囲気を再現した作品を、私は知りません。

 

管理人としてはあれ?ヴァイオリニストだから、得意分野はクラシックじゃないの??あれ?ジャズってかいてあるけど?アメリカンポップスなの??なんて発想だったのですが(笑)

 

どうも彼は(も)菅野よう子さんと同じようにジャンルを跨ぐ忍法」をお持ち方のようです。菅野よう子さんが得意とする「華麗なる境界越えの技(天城越えみたいw)」は同種族(笑)である中西俊博氏に影響され、強化されたことはまず間違いないでしょう。

 

ヴァイオリンと中西俊博氏

ヴァイオリンと中西俊博氏

 

それを立証するような情報がここに入ってきました。やはり中西俊博氏のスタイルは活躍ゾーンは違えど、菅野よう子さんの立ち位置と酷似しています。

 

中西氏はポピュラー・ヴァイオリンの第一人者ですが、あまり派手さがないので爆発的な人気を取るようなプレイではありません。アルバムを聴いていると、メロディ・メイカー&アレンジャー&プロデューサーという顔のほうが目立っています。

 

彼自身のヴァイオリンは、ジャズとも違っています。クラシックを基本にして、ジャズやカントリーをはじめとするさまざまなジャンルを取り入れたものになっています

 

際に、テレビや映画、演劇などの音楽を広く手掛けています。どんな状況にも対応できる音楽性を持っている証拠でしょう。

 

管理人kira2
管理人kira2

だいぶ近い星にいますね。

 

同1990年菅野よう子さん27歳)には菅野よう子さんは中西俊博氏のオリジナルソロアルバム『In The Pocket』のピアノや編曲として参加しています。こちらのアルバムは中西俊博さんのファンの中でも名盤として当初より大変評価の高いアルバムになっています。

 

輝かせ屋の菅野よう子さんが参加されているのですから、それも納得ですよね。発売同年に行われた中西氏のコンサートにも菅野よう子さんは演奏者として参加しています。中西氏のソロアルバムにはその後1991年、1992年にも続けてピアノ演奏と編曲で参加しているようです。

 

中西俊博『In The Pocket』1990年

中西俊博『In The Pocket』1990年

 

1990年菅野よう子さん27歳)というと、菅野よう子さんがちょうど、大学生時代三國志のゲーム音楽を作り出し(1985年)、バンド「てつ100%」がメジャーデビューを果たし(1986年)、CM音楽制作を開始するのに音楽制作会社のGRAND FUNKに入る(1991年)のちょうど前年ですね。

 

 

つぎの年からCMつくるところ。

 

翌年からは菅野よう子さんご自身のいうところの「職業音楽家」として1,000曲を超えるCMソングを世に送り出すことになるわけです。ちょうどその前年。まだ見ぬ大きな境界跨ぎの直前時代にですね、中西俊博さんのような境界レスな方(笑)と共に過ごしたことは、とても心強く多くの影響を受けたのではないかと思います。

 

管理人kira2
管理人kira2

意外と跨ぐのってキツいよね(笑)

 

中西俊博氏

 

菅野よう子さんにとって、のちに輝かしい活躍のとなる「ジャンルを超えて、新しい風を届ける作風」は、このような経緯から中西俊博氏の影響が大きいのかなと感じます。

 

最初の一歩ならぬ、初跨ぎ

 

これ菅野よう子さんのひとつの歴史的事項かなと思います。とっても大きな忍術(笑)これを若い時期に獲得していたんですね!ともかく必要な時期に、逢うべき人と出逢えるという運が強いですね。

 

お茶目な菅野よう子さん

 

まさかそこからスーパー跨ぎ屋として想像を絶する活躍をされるとはこの時、中西俊博さんも考えていなかったのではないでしょうか?(笑)

 

「ジャズが嫌い。」

 

菅野よう子さんご本人、とおっしゃっているのにもかかわらず、中西氏のJAZZクラブでのライブにも何度も演奏者として参加していたらしいので、お二人は、相当意気投合されたんだと思います。

 

それとも、中西さんの曲が菅野よう子さんの中でやっぱりジャズじゃないか(笑)ですね。褒め言葉ですよ(笑)

 

藤城清治とのコラボで影絵の虜になった模様(笑)※インタビュー付

 

次は中でも少し異色のコラボについてご紹介します。音楽ではなく、絵画のゾーンとのコラボ!

 

『天地創造-藤城清治メルヘンコレクション』

『天地創造-藤城清治メルヘンコレクション』

 

1991年菅野よう子さん28歳)には異色のコラボ 影絵画集『天地創造』(日本基督教団出版局)のサントラ『天地創造~藤城清治メルヘンコレクション』の楽曲プロデュースを菅野よう子さんは実現します。

 

◆藤城清治のかんたんプロフィール

 

藤城清治氏は菅野よう子さんと同い年のまたしても春生まれ!なんとまたしても牡羊座!!(驚)やはりうお座に群がる牡羊座の構図がここでも鮮明になって参りました!(笑)ではかんたんプロフィールから。

 

藤城清治氏

藤城清治氏

 

◆生年月日:1924年4月17日

◆出身地:東京都

◆血液型:不明

◆最終学歴:慶應義塾大学経済学部

◆職業:影絵作家

 

◆星座:牡羊座(上記データより管理人算出w)

◆動物占い:「3.落ち着きのないサル(上記データより管理人算出w)

 

落ち着きがない、というのは想像を絶する数の作品を、物凄い広大なジャンルを跨いで制作していく菅野よう子さんのアクティブな活動の様子と重なります。藤城さんも大変多くの作品を作られています。

 

◆藤城清治ってどんな人?

 

藤城清治氏は美術の分野では大変有名な影絵作家です。彼の名前を知らなくてもきっと皆さん一度は作品を目にしたことがあるでしょう。

 

藤城清治「小さな恋」

藤城清治「小さな恋」

 

藤城清氏は「光と影の詩人」と称されるほど、緻密かつ繊細で美しい作品をたくさん作られています。日本の誇るべき芸術家の一人。もともと影絵の制作だけでなく、人形劇・ぬいぐるみ劇映画の総監督などもされていたようです。

 

管理人は小さい頃にNHKの教育番組や子ども用の雑誌の歌の挿絵なんかでよく藤城清治さんの作品をお見掛けしました。ステンドグラスのように綺麗で物語の世界へ連れて行ってくれそうな幻想的世界観が印象的です。

 

分野は違えど、この感覚はそのまま音楽の世界での菅野よう子さんの作品と一致する印象でもあります。

 

◆絵の世界までは さすがに跨げず、 影絵を会場に導入強行(笑)!

 

 

藤城清氏に出会って、影絵の虜になってしまったらしき菅野よう子さんはついに韓国でのツアーコンサートで影絵を導入することになります。『CMようこ』インタビューvol.2でこんなお話がありました。

 

キツネさんやりたいと駄々をこね、

予定外に大出費(笑)

 

菅野よう子:どうしてもその時、影絵もやりたかったんですよ、ピアノを弾きながら指でキツネさんとかをぴょこって。だけどその影絵をどうやってスクリーンに映すか、が大問題になって(笑)。

 

ちょっと考えて頂くと分かると思うんですけど、ピアノって両サイドが出っ張ってるから、鍵盤を弾く手を照らす光源と、その影を映し出すスクリーンとの関係が非常に難しいんですよ。

 

私はただキツネさんをやりたいだけだったのに、本当に色んなことを試して、シミュレーションするためにわざわざ日本でホール借りて(笑)。

 

■--途中で諦めなかったんですか?(笑)

菅野よう子:思わない! だってやりたかったんだもん。(中略)Wアンコールの時だったかな、ピアノが前に出てお客さんにも「さよなら」ってしんみりした感じになって、最後にピンポコピンポコ♪ なんてキツネさんが出てきて大爆笑(笑)。

その後、韓国語のメッセージが書かれたボードを弾きながら出していって、最後にバイバイって終わったんです。

 

2007年菅野よう子さん44歳)韓国公演(世宗文化会館)についての話なので1991年藤城清治氏とのコラボから既に16年も経過している時期です。

 

菅野よう子さんの中に蓄積されてきたトキメキの成分がこんな風に思い付きのように弾け出してくる瞬間があるんですね。出逢ったトキメキを忘れない。きっと韓国のお客さんたちも喜ばれたでしょうが、これを知った藤城清治さんも大変お喜びになったことでしょう!

 

管理人kira2
管理人kira2

何しろ、喜ばせ上手なんですね。

 

藤城清治『セロ弾きのゴーシュ』

 

ひとつひとつの出逢い、トキメキを温めて放出する菅野よう子さんです。相手にエネルギーを注ぐだけでなくて素敵なエネルギーは吸収していくエネルギーの交換がもっと彼女に新しいイメージや創造力を与えて、人を輝かせるための道具として蓄積されていくそんな様子が垣間見れたエピソードでした。

 

今井美樹との関係で菅野よう子のキューピット体質が明らかに

 

ここにきて驚愕の事実が発覚しました。。。今井美樹さん、またしても春生まれ牡羊座です(怖)!では今井美樹さんの簡単プロフィールから見ていきましょう。

 

◆今井美樹かんたんプロフィール

 

◆生年月日:1963年4月14日

◆出身地:宮崎県児湯郡高鍋町

◆血液型:AB

◆最終学歴:宮崎県立高鍋高等学校

◆職業:歌手、女優

◆ジャンル:J-POP、AOR

 

◆星座:牡羊座(上記データより管理人算出w)

◆動物占い:「24.クリエイティブなオオカミ」(上記データより管理人算出w)

 

管理人kira2
管理人kira2

今回の調査でうお座に牡羊座は群がる説が立証できそうな勢いです(笑)

 

今井美樹さん

 

菅野よう子さんが「57.感情的なライオン」なので、ここもまたしても肉食系ですね!そしてクリエイティブな部分でも菅野よう子さんとはズレようのない共通点があります。

 

菅野よう子の名コラボ! その② 元SMAP「雨あがりのステップ」中島哲也・麻生哲朗氏など♪
今回は天才カリスマ作曲家として名高い、キラキラ女性作曲家の菅野よう子さんについてのレポート第4弾。数えきれないほどのCM曲、アニメ・ドラマ・映画のOPテーマ等を提供している彼女の鮮やかな楽曲の数々は彼女のビビットで豊かな生き方を象徴していま...

 

アルバム『Love Of My Life』(1995年)およびコンサートのサウンドプロデュース(を菅野よう子が担当)、キーボード奏者として(菅野よう子が)ツアー参加。アルバム『THANK YOU』(1996年)における過去曲リメイク(を菅野よう子が担当)。シングル「月夜の恋人たち」(2000年)のストリングス編曲(を菅野よう子が担当)。

 

お二人は同じ学年のとっても気の合う同性という感じで、お仕事も最初からしやすかったのかもしれないですね!

 

◆今井美樹&布袋寅泰の結婚 前後に3人で仲良くコラボ(笑)

 

1995年菅野よう子さん32歳)というと、菅野よう子さんが「職業音楽家」としてCMソングを手掛けてから4年、前年の1994年からはアニメ『マクロスプラス』の音楽制作をしているので菅野よう子さんもそろそろ色々なジャンルを跨ぎ馴れてきたって感じでしょうか?(笑)

 

お二人とも32歳になって女性としてのいい艶が出てきた頃です。

 

今井美樹『Love of My Life』1995年

 

1995年に発売された今井美樹さんの9枚目のオリジナルアルバム。
このアルバムで菅野よう子さんは布袋寅泰さんとともにプロデュースを担当。
また、このアルバムをもとにして行われた1995年のライブツアー
「Thank You Love of My Life Tour」 では、音楽監督と奏者として参加している。

 

1999年菅野よう子さん36歳)に今井美樹さんはBOØWYのギタリストだった布袋寅泰氏とご結婚されています。布袋さんは菅野よう子さんと共に今井美樹さんの上記アルバムプロデュースに関わっています。

 

今井美樹さんとご結婚される以前の1985年から1997年の期間、布袋寅泰氏はシンガーソングライターの山下久美子さんと婚姻期間がありました。つまり、『Love of My Life』制作時は布袋氏はまだ前妻との婚姻期間だったわけですね。

 

今井美樹さんと布袋氏

 

この件で、色々所説噂はありますが、1992年12月に布袋寅泰氏は山下久美子さんと喧嘩をしたことにより骨折し、ツアー延期(子どもかよw)、

 

1993-1994年の間は布袋氏はイギリスに単身赴任していたといことなんで(やっぱり子どもなんですねw)、そもそもこのアルバムの制作時、布袋ー山下夫婦は既に破綻していた事が濃厚なわけです。

 

管理人kira2
管理人kira2

が。

 

1992年に初めて布袋寅泰氏が今井美樹さんに楽曲を提供(骨折でツアー延期の年ですね)、1993年 シングル『Bluebird』布袋氏が今井美樹さんのために作曲した初めてのシングルということで、今井美樹さんと布袋氏は1992年から継続して仕事でも繋がっており、明らかに急接近しているわけですね。

 

 

そこへきての1995年発売の『Love of My Life』。制作プロジェクト自体は1994年に行われていたのでかもしれません。このアルバムの制作、ツアー時に、おふたりの愛情がどんどん膨らんでいったのは明らかかなと(1999年結婚なんでね)。

 

何が言いたいかというと

 

その愛の劇場に、知ってか知らぬか

飄々と立ち会っていた菅野よう子さん、という構図(笑)

 

ふたりの気持ちまで

10倍に輝かせちゃったぜ疑惑wwww

 

管理人kira2
管理人kira2

キラキラ仕掛人ですね、菅野さん(笑)

 

★菅野よう子さんが他のカップルも輝かせちゃってる件はこちら

 

菅野さん お仕事風景

菅野さん お仕事風景

 

きっと、録音中もほのぼの

 

「いいわね~♪」

 

なんて眺めておられたのではないかなと(笑)。

菅野よう子さん、あれだけの多くの音楽関係者とのコラボ、ネットワークを持っているんですが、(今井美樹さんと布袋さんを叩きまくった)山下久美子さんとのお仕事って、私が調べた限りでは1つも出てこなかったんですよね。

 

 

これもうまく言葉にはできないですけれど、自分に関わった人たちのことはいつも信じているし、ずっと応援してるよ!ってことに私には思えたんですけど、どうなんでしょうかね。菅野よう子さんが色々な方とたくさんお仕事ができるのにはそんな何ていうかこうした人との縁や心のつながりのひとつひとつを大事にしたところなのかなと思いました。

 

そして、ターゲットを決めたら

徹底的に相手を輝かせること!

 

すげーよ菅野さん。。。そら、みんな一緒に仕事したくなるわ。。。

 

天才★菅野よう子とアニソンの女王★坂本真綾のアルバム・人気曲・名曲一覧♪マクロス有
今回は天才カリスマ作曲家として名高い、キラキラ女性作曲家の菅野よう子さんについてのレポート第5弾。数えきれないほどのCM曲、アニメ・ドラマ・映画のOPテーマ等を提供している彼女の鮮やかな楽曲の数々は彼女のビビットで豊かな生き方を象徴していま...

 

小泉今日子との「輝かせ屋同士」コラボ

 

今回のラストを飾る人はキョンキョンこと小泉今日子さんです。なぜかここにきて牡羊座でないことにホッとするのは私だけでしょうか?(笑)

 

小泉今日子さん

小泉今日子さん

 

◆小泉今日子かんたんプロフィール

 

◆生年月日:1966年2月4日

◆出身地:神奈川県厚木市

◆血液型:O型

◆最終学歴:宮崎県立高鍋高等学校

◆職業:女優、歌手、随筆家

◆ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台、アイドル歌謡曲、作詞家

 

◆星座:みずがめ座(上記データより管理人算出w)

◆動物占い:「31.リーダーとなるゾウ」(上記データより管理人算出w)

 

時代を牽引した菅野よう子さんと小泉今日子さんは刺激的なものが大好きな感受性の高い女性というところでイメージが一致していますね。

 

◆小泉今日子とのキラキラコラボについて紹介

 

1996年菅野よう子さん33歳)ふたりは一緒に作品を作り出しています。1996年の小泉今日子さんというと人気絶頂の時期で、資生堂の新スーパーマイルドのCMなどに起用され、国民の憧れの的でした。そして、小泉今日子さんと言えば一方で周囲にとても謙虚で丁寧な対応をされることで有名です。

 

小泉今日子さんは)抜群の好感度を誇り、『小泉をCMで起用した商品は売れる』といわれ、雑誌の記事などでは「売上10%増」とも書かれることもしばしばあった。当時、企業の広報・宣伝担当者や広告代理店の中には「神様仏様小泉様」という言葉まであったという。

 

菅野よう子さんが音楽で人を輝かせるように、小泉今日子さんも商品を輝かせる名人だったようですね。小泉今日子さんの「輝かせテク」もきっと菅野よう子さんにとって、「輝かせ屋」人生の大きな刺激となったに違いありません。

 

小泉今日子 資生堂「新スーパーマイルド」CM

小泉今日子 資生堂「新スーパーマイルド」CM

 

小泉今日子さんのアルバム『オトコのコ オンナのコ』内では2曲作詞、8曲作曲、全曲編曲を菅野よう子さんが担当しました。同年、着物のCMソング「涙目の恋」作編曲。(アルバム『PETIT』2016年に初収録)同じく着物のTV CM曲「夢で逢いましょう」編曲。(アルバム『アメトラ』2016年に初収録)

 

アルバ『オトコのコ オンナのコ』内の収録曲である「For My Life」小泉今日子さんが主演したテレビドラマ「恋愛結婚の法則(ルール)」の主題歌となりました。

 

小泉今日子 『恋愛結婚のルール』サントラ

小泉今日子 『恋愛結婚のルール』サントラ

 

小泉今日子さんのデビュー30周年記念アルバム「Kyon30」には菅野よう子さん作曲の「For My Life」が収録されており、このアルバムの趣旨が単純にベストアルバムというのではなく、小泉今日子さんに縁のある様々な世代の様々なジャンルの著名人30名が選者となって選曲した30曲なんだとか。

「For My Life」を選んでくれたのは、いったい誰なのかな?

 

菅野よう子さんの作曲した大人気女優小泉今日子さんの30年間のうちの30曲の中に選ばれるなんて、それこそキラキラな感じで素敵なお話です!

 

今回、菅野よう子さんの「人を惹きつけてやまない魔力(前編)」として、特別な関係性のある4人の方を挙げてご紹介しました。本当に色々なヒントが散りばめられていましたね。

 

管理人kira2
管理人kira2

次回第4弾菅野よう子さんの「人を惹きつけてやまない魔力(後編)」としてSMAPとの関係とそこに関わったまた新たな方々とのコラボ・エピソードをお届けしたいと思います♪

コメント