南野陽子が夫・金田充史の横領容疑愛人問題でも離婚しない理由が尊い

◆結婚・離婚・夫婦・旦那・家族

◆2019年2月 南野陽子は旦那・金田充史氏と離婚する?しない?父親の介護費用も横領していたことが発覚。スゴイ夫。

 

とうとう起こす問題が個人間のトラブルの大きさでは済まなくなったダメ夫、南野陽子さんも事の重大さに少し気づき始めたようであります。

 

 

今回ばかりはさすがの南野陽子さんからしても「夫を信じ続ける」ことが困難な状況が揃い始めてきたからかもしれません。

 

というのは、
別件でも
重大な横領事件が発覚。

 

南野陽子さんの夫・金田充史さんはなんと、南野陽子さんからも金銭を横領していたことが発覚したようなのです。

 

 

それは、南野陽子さんの父親が入所している箱根の有料老人ホームの費用引き落としの為の専用口座からでした。

 

銀座のクリニックの横領事件が発覚した際に、クリニック側が金田充史さんの荷物を整理していたところ、南野陽子さんの父親あての督促状がいくつも出てきたことが分かっています。

 

それは、金融会社医療費に関する支払督促状でした。

 

南野陽子さんの父親は有料老人ホームへ入所しており、その費用についての引き落とし専用口座を管理していたのが南野陽子さんの夫・金田充史さんだったのでした。

 

すでに南野陽子さんが調べた時には、十分な金額を入れてあったはずの口座に残金はなく、南野陽子さんの父親の施設使用料に関しても半年以上の滞納が続いている状態だったことが発覚します。慌てて入金するナンノ(;’∀’)

 

ここまでの話でも分かるように、
南野陽子さんの夫は
100歩譲って「いい人」かもしれないけど、
お金持たせたら、人のものでも全部使っちゃう人。

 

壇蜜さんの若い頃のダメンズ恋愛遍歴はこちら↓

壇蜜昔の元彼氏~歴代交際相手と性・結婚観で又吉・清野印税決着へ
壇蜜さんの昔の歴代交際相手や元彼氏とのエピソードから分かる理想の恋人、結婚観と性について調べました。最後は又吉直樹さんと清野とおるさんという男性二人の印税対決となったのでしょうか!?

 

◆2019年3月 南野陽子は旦那による父親の介護費用横領で、ついに問題の夫との離婚を決意するのか?と話題に。

 

2019年3月には『女性自身』(2019年3月5日号)によって、南野陽子さんがついに旦那との離婚に踏み切る決意を固めているという内容が報道されました。

 

 

「南野さんがついに離婚します。周囲にも、その意思を漏らしているそうです」
引用元:『女性自身』2019年3月5日

 

 

おう、
とうとう決心したか!

と、ファンも周辺も胸を撫でおろしていたところ・・・

 

一転、『女性自身』が報じた「離婚決断」の記事に対して、南野陽子さんは、事務所を通じて内容を否定するコメントしています。

 

本当に驚き、胸が押しつぶされる想いです。妻でありながらわからないことだらけで、現在、真相を確認している最中です

引用元:デイリー新潮

 

まだ頑張ると言うのか(;’∀’)
なぜ??

 

そこには南野陽子さんの、旦那さんに対する「家族」として想いがあるようです。

 

 

◆南野陽子がなぜかそれでも見限らない、離婚をしない旦那・金田充史への想いとは?信じ続ける理由に最愛の母親と父親。

 

調べていくと、南野陽子さんの胸の中には、自分の両親に対する金田充史さんの献身的な姿と、亡き母が残した言葉が大きく影響しているということが分かってきました。

 

 

南野陽子さんのお話では、夫は南野陽子さんの父親の世話や介護に関する管理を申し出る以前に、生前の母親に対して、とても一生懸命に寄り添ってくれたという経緯があったのです。

 

南野陽子さんの母親の最期の言葉も、結婚した旦那さんに関する言葉だったようです。

 

「(たくさん世話をしてくれた)あっちゃん(南野の夫)にありがとうって伝えてね」だったことから、「これは夫を大切にしなければいけない」と強く思った

引用元:https://news.careerconnection.jp/?p=12587

 

母親の最期の言葉が
南野陽子の心に残り続けることに。

 

その後、母は2011年に亡くなってしまい、南野陽子さんは苦労ばかりかけた母親に対して、「自分は何もできなかった」という悔いが強かったと言われています。

 

 

■南野陽子は母の死後に父親の介護について大事に思うように。

 

残された父親に対してだけは、その分も親孝行をしてあげたいという気持ちがとても大きかったようです。

 

そこで、父親こそしあわせにしたい。と南野陽子さんは決心し、父親を兵庫県から箱根の老人ホームへ呼び寄せ、2013年に一度はバリアフリーに改装した自宅で同居もしていました。

 

 

ところがそこから多忙を極め、2017年から改めて父親を老人ホームへ入れることになったという経緯がありました。その代わり父親には快適な暮らしをしてもらいたいと南野陽子さんは十分な費用も準備してきていたそうです。

 

『せめてホームでの生活はきちんとしてあげたい』と十分なお金を用意していたのです。そんななか、A氏は父の世話や管理を申し出たといいます。

南野さんは『彼は病院経営にかかわっているので、安心して任せられる。プロにお願いしたほうが父にとってもいいはず』と言っていました」

引用元:『女性自身』2019年3月5日

 

娘としての葛藤の中で、改めて父親を老人ホームへ入れる決断をした背景に、夫の金田充史さんが父親の世話や管理を申し出たということも大きかったはずです。

 

そう考えた南野陽子さんは、夫を信頼して父親の介護に関するすべての管理を任せてしまっていたのでした。

 

完全に
純粋な部分を握られ
妄信した印象が否めないナンノ。

 

その後も、南野陽子さんの代わりに夫の金田充史さんが父親をサポートしてくれる場面も多く、二人で老人ホームを訪ねることも何度も見かけられていました。

 

母親だけでなく、父親のことも大事に面倒を見て、お見舞いなどを快く引き受け、支えてきてくれた様子だった夫・金田充史さんについて、南野陽子さんは見限るなんてことをしたら天罰が下るという思いを持っているのかもしれません。

 

娘としての気持ちを理解し、協力してくれている(ように映った)夫の行動や存在もとても頼もしく、これまで南野陽子さんの心も同時に満たしてくれる存在でもあったのだと思います。

 

「これまでも周囲は『別れたほうがいい』と説得してきました。しかし南野さんは離れませんでした。

すべては『あんなに父のサポートをしてくれる夫が、悪い人のはずがない』と考えがあったからでしょう。しかし、今度は違います。その大切な実父の介護費用が消えていたのですから。彼女のショックは、どれほどのものだったでしょうか」

引用元:『女性自身』2019年3月5日

 


画像:twitter

 

「何の因果かマッポの手先!」

がキメ台詞だった南野陽子さんの今後の判断は…??

 

西川史子さんの離婚からの再生への死闘はこちら↓

西川史子と元旦那・福本亜細亜の結婚離婚理由と原因、再起への死闘
西川史子さんと元旦那さんの福本亜細亜さんの結婚までの経緯と離婚原因や理由、人生最初で最大の挫折となった別れからの哀しみや苦しみの経験とそこからの再起までの死闘について、離婚経験者の妻の立場からその心理や背景について考察しました。

 

◆ダメなところも受け入れて、本当の夫婦になろうとしているナンノが素敵で尊敬。離婚しない理由

 

不思議なことに、ここまでを調べていくうちに、南野陽子さんに対して抱く私の気持ちが物凄く変化していったことを最後にお伝えしておきたいと思います。

 

 

最初は正直、大変失礼ながら南野陽子さんに対する印象は「どうしようもないダメンズを引いてしまう女性」というものでした。

 

けれども今は、なんだかとてつもなく尊いものがあるという気持ちに変わってきていることに、自分自身も驚いています。

 

女性問題、会社倒産、詐欺、横領、不倫、隠し子、暴力・・・と、もうなかなか1人では揃わない役が勢揃いの「グレー」というよりほぼ「クロ」の旦那さんを持ちながら、

 

南野陽子さんが、こんなに爽やかな表情を持ち続けていられるのは、

 

南野陽子さんの心の中にはやはり「真っすぐに信じる純粋な気持ち」「自分は恥ずかしくないように生きる」という気持ち、そして、旦那さんに対する感謝がやっぱりあるからなのだろうと思います。

 

夫の才能を信じ続けて年俸を100倍にした落合信子夫人のお話はこちら

 

 

周りからも散々「別れた方がいい」と言われ続け、多くの目を伏せたくなるような事件にも巻き込まれながら、それでも自分の人生を「自分の目で選ぶ」

 

なかなか出来ることではないのではないかと思います。

 

これまでも多くの有名人・芸能人夫婦を調べてきて、様々なスタイルのご夫婦がいる中でも、「カッコイイ女性」は、常に周りに翻弄されることなく自分の価値観や信念を突き通して生きられている気がします。

 

ダメな夫に人生を揺さぶられる女性も多く居ました。中村玉緒さんの夫・勝新太郎さんや樹木希林さんの夫・内田裕也さんなどは、一般にも奔放で波乱過ぎる生きざまが知られるところだと思います。

 

彼らは、でも、カッコいい妻が傍に居なければ、あるいはその名前すら残らなかったのかもしれません。

 

誰も選ばない自分の信じた道の先で、きっと誰ひとり考えていなかったような
自分以外味わうことの出来ない特別な物語や幸福を手にすることが出来るのかもしれません。

 

 

負けるな!ナンノ!

 

■樹木希林さんは夫・内田裕也さんには財産を渡さないようにしていました。南野陽子さんには参考になりそうです↓

不動産投資・賃貸大家オーナー業経営の有名人芸能人!成功例と失敗例
有名人芸能人の不動産大家さん、オーナー業経営、不動産投資をする有名人芸能人を調べました。華々しい成功例、堅実な運用もありながら、バブル期の大失敗例やトラブルに巻き込まれる事例もありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました