Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

観月あこに関東連合と刺青?宗教家に錦織とズブズブ?インスタ画像で評判を追う!

●戦略的/あざとい 属

世界を股にかけて活躍するテニスプレイヤーの錦織圭選手の交際相手として3年ほど前に突如登場したモデルの観月あこさん。彼女と錦織選手の交際も長くなり、年内に結婚か!?と囁かれていますが、彼女のこれまでの素行や黒い噂が周囲からの印象を悪くしているようです。

それでも、錦織選手は彼女に首ったけ♡そんな彼女の魔性の魅力に迫ってみたいのですが、第2弾の今回は観月あこさんのここまでの評判となった噂や経緯について探っていきたいと思います。はてさて、キラキラしてるかな?

 

 

観月あこの噂評判がともかくヒドイ。関東連合?宗教家?2ch・ツイッター真っ黒クロスケ?

 

その悪評の理由は、観月あこさんの交友関係とそして奔放な金遣いにあると言われているようです。錦織圭選手と出会う前から、観月あこさんは友人たちとたびたび食事会を開いているようでした。その時に出席した友人が、なんともガラが悪くてチャラチャラしている…というところで、その印象が観月あこさんの印象を悪くしているようです。

 

 

また、観月あこさんのご両親も信仰しているとみられる宗教家との付き合いが錦織選手にも及ぶのではないかと懸念されています。

 

では早速見ていきましょう!

 

観月あこは過去に関東連合とのズブズブした刺青の森亮一とも関係あり!?

 

早速スゴイのがきました!余裕の笑顔を浮かべている観月あこさんですが、だいぶ打ち解けて仲がよろしい様子です。確かにガラ悪いなあ(汗)

 

 

モデル時代からのこうした交友関係がこのような写真として残っていることで、現在の交流は不明ですが色々と噂が噂となってますます悪評が尾ひれがついてしまっている状況のようです。

 

 

この飲み会の時には暴走族集団である「関東連合」と飲んでいたと噂でいっぱいなのですが、「関東連合」というと、2010年頃には西麻布のバーで「市川海老蔵事件」がありますので、その時期前後と考えると結構やんちゃな活動があったころなのかな?という感じです。全盛期には2000人を超えるメンバーが居たそうです。

 

刺青を入れているメンバーも。

 

 

タトゥーだけ見ると、日本では暴力団を連想させ、だいぶ印象が悪いモノではありますが、海外ではレジェンドのサッカー選手でも入れていますし、この写真の中のタトゥーの方は、森亮一さんというファッションブランドのデザイナーさんなのだそうです。

 

見えてる世界と本当の世界は違うよね。

 

って感じですが、まあまあ、悪い噂になるのも分かるかな?と(笑)

 

 

問題なのは、ここの噂が錦織圭選手の父親の耳に入り、記者が二人の結婚について父親に訪ねた際に

 

「観月あこには悪いうわさを聞く」と答えている。

 

錦織パパはあこが大嫌い。

 

ということだったようです。まあ、世界での活躍を考えるとそうした関係には慎重になりますよね。スポンサーないと困るし…。

 

 

観月あこは新興宗教家の教祖と家族ぐるみの関係で全員信者!洗脳されている??

 

観月あこさんのご一家は家族全員とある新興宗教の教祖である霊能者とかなり密接なつながりがあることが分かっています。

 

 

ここから詳しく探っていきたいと思います。

◆観月あこの名前は新興宗教の霊能者教祖の意向で決まった⁉

 

観月あこさんは新興宗教の教祖でで自称霊能者観月明希(みづき あき)さんと親交があるようです。

それもどうやら、家族ぐるみという話まで出ています。お気づきの通り、まず苗字があこさんと一致。元々あこさんは別の芸名で活動されていますから、芸名を観月あこに変えたあたりから確実にこの教祖が助言をしていることになります。

 

 

新興宗教というだけで日本では怪しさ満点、印象悪いですからねw

 

個人的には使い方次第かな?と思いますけどね。芸名や子供のであれば、いい名前にしたいと思うのは普通の感覚なのかなと思いますしね。まあ、ここまでならギリ許容範囲かなと。

 

ちなみに霊能者の彼女からの助言で錦織選手の側にずっといれば結婚できる!と助言されており、それを実行しているようです。

 

錦織圭と結婚できる!

ちなみに、「観月あこ」の名前を付けてほしいといったのはあこさんからの依頼だそうです。

 

管理人kira2
管理人kira2

追っかけ・帯同行為は霊能者からの洗脳だった!

◆観月あこの父親の葬儀会社ブログにその新興宗教が掲載されている?

 

そもそも観月あこさんの祖父に当たる方が「高松葬祭」という葬儀屋さんを営んでおり、あこさんの父親も地元富山の葬儀会場「ひすい野ホール」を経営されているそうです。

 

こちらの「ひすい野ホール」のCMは観月あこさんが出演されています。

 

 

父親経営の葬儀会社「ひすい野ホール」のホームページ内関連業社にはいまだに「観月明希」という項目が掲載されており、リンクを開くと‥‥

 

 

こんな感じで霊能者みづきあきHPに飛びます。

 

管理人kira2
管理人kira2

なかなか、なかなかのお付き合いです。

◆観月あこの母親の美容室「山内美容院Since1967」ブログにもこの宗教と教祖が掲載

観月あこの母親のブログにも掲載…ということでしたが、確認したところ、それは削除済みのようでした。

 

 

しかし、過去には父親の経営する企業と同じように、

観月あこさんの母親が経営する”山内美容院 Since1967“のホームページからリンクされていたようです。

 

山内といえば、観月あこの昔の芸名が山内でしたよね!

 

こんなところで本名の苗字が発覚しましたw

 

 

余談ですが、美容室のスタイリストさんの名前に2人「山内」名の人物がいました。おそらく観月あこさんの母親と叔父さんだと思われます。

 

管理人kira2
管理人kira2

お母さんはとても優しそうな笑顔が印象的な方でしたよ。

 

◆観月あこ家族が洗脳されている新興宗教の教祖・観月明希とは??

 

正確に言うと、この観月明希さんの正体は新興宗教ではなく、「業界で名の知れた占い師」というカテゴリーらしいです(笑)。ただ、正直、印象としては組織形態は新興宗教とさほどイメージに差はないですね。

 

 

観月明希さんのプロフィールはこちら

 

観月明希(みづきあき)

1944年生まれ

東京出身。

 

25歳の頃に計算事務所設立、しばらくは実業家の道を歩み、

30歳前後であった1970年代から占い術を学び、神霊能の世界に足を踏み入れます。

1993年には東京の阿佐ヶ谷で「神霊能および古神道数霊占術」の相談所を開設

その後現在に至るまで”見えない世界”についての講義や教室を開いたり、また霊を行うという内容を自身で掲載しています。

 

 

書籍も出版しているらしい。

 

管理人kira2
管理人kira2

霊能者なのに、書籍とかいる(笑)??

 

また、書籍も出版しているとのことで、過去に2冊ほど飛鳥新社、出版文化社からそれぞれ2002年、2014年に発売されています。
比較的最近ですよね。どの程度の知名度がある人物なのか、どういった人が手に取っているのだか全く何も分かりません。

 

出版されている本のひとつがこちら↓

 

確かにここに洗脳されちゃったらどっぷりいきそうな言葉の巧みさです。

 

自宅・関連施設は静岡にあるらしい!

 

東京都出身の教祖、観月亜希が静岡に自宅があることは観月あこの母親のブログで知りましたが、調べてみると、教祖である観月明希の関連施設が静岡県にある旨が観月明希自身の公式ホームページに掲載されていました。

 

何となくホントに組織化しているあたりが新興宗教のようです。約1,000人の弟子というのも怖い数ですね。

 

 

インタビューで観月あこと霊能者が知り合ったきっかけはあこの両親からの依頼とのこと。

 

(明希氏)彼女の両親が私の依頼人で、その後、知り合いました。
誰に対しても親切で、料理も上手な子です。お父さんは
北陸地方で手広く葬儀場を経営していて、お母さんも美容業では
有名な方なんですよ。ですから、おカネには困っていない。

 

なんだかホントに家族ぐるみですね。

ここまでなら、まだギリ家庭内の問題。

ただ、ナント!

 

変な新興宗教の教祖様に心酔してて錦織にも紹介してるという。

 

管理人kira2
管理人kira2

ひょえ~!!

 

観月あこは錦織圭の試合を新興宗教の教祖霊能者と観戦!紹介も!?

 

げ、紹介してるの??

やば~い(笑)!!

 

 

観月さんはかねてからある新興宗教にハマっており

錦織さんにも教祖を紹介して入信させた、という噂が絶えない。

 

錦織圭選手の試合を見に行くときも教祖の観月あきさんが共に行動をしていたという情報まであり、錦織圭選手「新興宗教」引っ張られて洗脳されてしまうのではないか?と心配されているようです。

 

「彼と結婚したいのなら、常に彼の側に居なさい」という教祖様からの教えを守り、錦織圭のお金でツアーに帯同。

錦織のブラックカードで70万のバッグ買ったり、自分の友人達に築地で10万使って鮨奢って贅沢三昧。

 

とある試合にも一緒に宗教家ちゃっかり同行(汗)

言われているのは観月あこ観月明希を引き連れて観戦を開始したのは2015年10月に行われた楽天ジャパンオープンテニスからと言われています。

 

ちょっと思うのが、彼女に対する批判が強まって、会場の邪気に負けそうだった初期の彼女が、強くいられるために定期的に除霊を頼んでいたのかもしれませんねww

 

管理人kira2
管理人kira2

だからって、味方するわけじゃないですけど、なんかそいうの分からないでもないです。

 

 

錦織圭には会ったことがあるのか??という記者インタビューに霊能者YES!

 

(明希氏)たしかにお会いしたことはありますが、詳しくは話せません。
ただ、錦織さんとは良い仲だと私は思っています

 

まあ、これが新興宗教関連の最も懸念されている問題のようです。

 

管理人kira2
管理人kira2

こりゃ、錦織パパ、あこ嫌いになるわw

 

◆本当に観月あこは錦織圭の疫病神なのか⁉

 

ともかく評判が悪い悪い悪い(笑)。でも、何というか、お母さんを見ても彼女の顔を見てもあんまり邪気がないんですよね。(わたしこそ霊能者かよw)

 

 

管理人kira2
管理人kira2

可愛いんだけどなあ~(笑)

 

当初、ともかく観月あこさんは錦織家やコーチ、マネージャーから総スカンだったようです。
錦織選手の成績がイマイチなのも、観月あこさんと交際してからであり、ファンも周辺も含め、「厄病神」だと周囲の人間に呼ばれていたようです。

 

何かスポーツ選手のパートナーの女性ってホント大変ですよね。

勝てないのは本人の問題じゃろ(笑)??

 

観月あこと交際してからの錦織は、怪我に悩まされ、練習と試合と身体のケア、食事、睡眠だけでも、時間が足りないはず。

例えば、フェデラーの奥さんは、自身がツアーに出てたので、献身的に支える行動が出来るけど、はたして、モデルで料理すらしたことがなさそうな観月あこは、それが出来ているのか疑問になる。

 

 

誰か専門の人雇えばよくない?ダメ(笑)?

 

ブリスベン大会では、観月あこはファミリーBOX席(選手の親族が座る席)に座り、

試合中に全く興味を見せずに、スマホをいじっていたりしていたことで、観月あこの評判はかなり悪い。

 

 

すでに彼女の行動のすべてが報道のネタ。

相当素行に気を付けないと、一瞬でも気を抜くと悪く言われてしまう状況ですね。

 

観月あこが横で怪我をしないように、成績が上がるように献身的なサポートをすればいいのだけど、

錦織圭に一緒にも同行しては、錦織圭のブラックカードを使い、買い物三昧。

 

 

ここまでくると私なんかは観月あこさんをここまでほとんど知らないもんで、単なる嫉妬なんじゃないのかなあ、という気にもなってきてしまいます。

 

側においておくことが、価値のすべてじゃないのかなあ。

それがほかの人ではなく、観月あこさんてことでしょ。

 

管理人kira2
管理人kira2

って感じなのですが・・・

やはり世界の錦織圭ですからそうはいかないみたいですね。

 

観月あこインスタグラム再開。錦織圭もアカウントは裏垢あるみたい

 

あまりに悪いうわさが広がったので、観月あこさんは一旦SNSを閉鎖していたようです。

 

 

賢明な選択です(笑)。

 

2017年に観月あこ錦織圭とのデートが週刊誌に報道されて以来何かと話題の二人ですが(中略)錦織圭との熱愛報道がされたからなのか、長くやっていたインスタグラム、ツイッター、他ブログもすべて閉鎖となり現在はありません。

 

 

『裏垢』とはつまり言うと、『裏アカウント』のことなのですが、同一人が実際メインで使用しているアカウントとは違う、裏の顔として運用しているアカウントのことです。表の顔ではできない発言や投稿ができる意味で、よりリアルな側面があります。

 

 

二人は裏垢で繋がっていて交流しているとの噂

 

 

錦織圭選手の裏垢と思われるアカウントは非公開となっていて、フォローをしない限り投稿内容が見れないようになっています。

 

管理人kira2
管理人kira2

作戦会議も愛の言葉も裏垢でね♡ってことで。

なんか、私は観月あこさん応援しますねw何故か分からないけど。

 

その後、観月あこさんは新規一転、インスタもツイッターも再開されているようです。

 

管理人kira2
管理人kira2

次回第3弾は最新の結婚間近!?それとも破局!?の情報に追っかけて迫っていきたいと思います。若いって大変だよなあ(笑)

 

 

コメント