Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

永野芽郁の子役時代出演ドラマCM画像『るろうに剣心』ちびまる子?

●ありのまま/ナチュラル 属

近年大ブレークをしている永野芽郁さんですが、実は若い頃から子役として活躍されており、その当時から「演技」にかなり定評のある女優さんだったようです。

今回は美少女、永野芽郁さんの子役時代も相当キラキラしてるらしい!との情報を聞きつけ、アタクシもうすでにほぼ彼女のファンになってしまったので頑張って調べてみたいと思います♪たのしみ♡

 

 

永野芽郁の子役デビューは小学生でスカウト直後!?

 

永野芽郁さんは2008年 (当時9歳)の時に吉祥寺のサンロード内の靴屋さんで買物中にスカウトされ、芸能界入りします。ですから永野芽郁さんは現在すでに芸歴10年以上のベテラン女優さんなのです!

 

 

2009年(永野芽郁さん10歳頃)公開の映画、『ハード・リベンジ,ミリーブラッディバトル』で子役としてデビューします。撮影期間を考えると、スカウトされてからすぐ子役としてのお仕事があったことになりますからスゴイですね!

 

 

こちらが公開された映画のポスターです。

よく見ると‥‥

 

名前があった!!

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

永野芽郁さんとっても嬉しそうにしてますね!

 

永野芽郁は子役時代ちびまるじゃなく、〇〇だった!

 

永野芽郁さんの子供時代というと『ちびまる子ちゃん』の情報が出てくるのですが、調べたところ、永野芽郁さんが『ちびまる子ちゃん』に出演されたことはないようです。

 

 

その代わり、とある世界で永野芽郁さんはスーパースターになっていました!!

 

 

雑誌モデルとして永野芽郁さん大活躍!

 

2010年7月号~(永野芽郁さん9歳) 『りぼん』でリボンガールとしてモデル活動開始

 

 

永野芽郁さん、めちゃめちゃ可愛いですね!

 

2010年10月(永野芽郁さん10歳)~2013年6月号 『ニコ☆プチ』

レギュラーモデルとして活動

 

 

もう何だかこの時点ですっかりモデルとして貫禄がある永野芽郁さん。

 

2013年7月号(永野芽郁さん12歳)~2016年6月号(永野芽郁さん15歳)

 『nicola』(『ニコ☆プチ』の姉妹誌)

モデルとして活動(ニックネームは「メイc」)

 

 

この『ニコ☆プチ』での3年間の永野芽郁さんの成長がスゴイ!

最初はまだあどけない小学生の延長なのですが…

 

 

何だか急激に永野芽郁さんが大人びてきます。

 

 

うわああ~!もう永野芽郁さん大人じゃん!!

女の子の成長って、この13歳から15歳がめちゃめちゃドラマチックですね。

 

管理人kira2
管理人kira2

あっという間に大人になってしまうんですねー。

 

2016年9月号(永野芽郁さん16歳)~ 『seventeen』

モデルとして活動

 

 

もうここまでくると殆ど今の永野芽郁さんと変わらないですね。

 

少女から少し大人の女性に変化していく時期がちょうどモデルとしてのお仕事だったので、永野芽郁さんのまばゆい成長がみられてお母ちゃん(私のこと)感動しました。

 

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

久々にきゅんきゅんしたわ~。

 

永野芽郁の子役時代のCM画像があった!ファンブログより

 

また、永野芽郁さんは雑誌モデルとして活躍していたのではないのです。

 

2010年(永野芽郁さん10歳)の「東京電力」のCMの時がこちら。

殆どデビュー当時の撮影だと思われます。もちろん永野芽郁さんはCM初出演でした。

 

 

 

次に、2013年(永野芽郁さん13歳)の「明治ミルクチョコレート」のCM

永野芽郁さん既に貫禄があります。雑誌モデルもやっていたので現離れ、カメラ馴れしていたのかもしれないですね。そして、何より永野芽郁さんが大人っぽい!こちらのCMの共演は嵐の松本潤さんでした。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

ここでも、あっという間にメイちゃんが大きくなってしまって、とても切ない気持ちです(涙)。←おばあちゃんか!(笑)

 

永野芽郁が小学生で出演したドラマと子役の時の写真がかわいい

 

ともかく永野芽郁さんはスカウトされて以来、映画にモデルにCM.ドラマと、スタートダッシュが物凄かったようです。あらゆるジャンルでお仕事をしていたようです。小学生なのに大変でしたね。

 

2010年(永野芽郁さん10歳)『ゼブラーマン~ゼブラシティーの逆襲』に出演

 

 

2010年(永野芽郁さん10歳)『ハガネの女』に出演

 

 

永野芽郁さん子役とは思えない迫真の演技です。おしん並みです!!

 

おしんの感動は過去最高視聴率!実話?モデルは?海外でなぜ大人気!?ベトナム・フランスも!?
昭和の時代、本放送の人気ぶりから『オシンドローム』と呼ばれるほどの社会現象を巻き起こしたNHK朝ドラの中でも今や伝説となっている高視聴率番組『おしん』。放送当時に幼少期だった子たちは皆「おしん」教育を受けるなど、色々な意味で国レベルの影響を...

 

◆永野芽郁『俺物語!!』のヒロインとゴリラのモノマネ

 

永野芽郁さんは2015年公開映画『俺物語!!!』で正統派美少女を演じて注目されました。オーディションを勝ち抜きヒロイン役となり、女優として注目された映画です。

永野芽郁さん15歳の時に公開なので、14歳くらいの時に撮影していたのではないかと思われます。

 

 

さわやか~!天使だ~。とおもいきや…

 

そのうえ、この映画の完成披露試写では鈴木のムチャ振りに応じてゴリラのモノマネをしてみせるような愛されキャラだ。地方キャンペーン中は、時間が空けば自ら積極的にPR稼働するなど、気の良さと前向きな姿勢はスタッフ受けも良い。

 

ゴリラのモノマネなの(笑)!?

 

かわいいのにユニークさも装備。

一緒にいると楽しそうですね。

 

永野芽郁がヒロイン大和凜子を演じた「俺物語」は、今ドラマや映画に引っ張りだこの人気俳優、鈴木亮平が主演を務めた青春ラブコメディです。「俺物語」というと、大ヒット漫画であり、アニメ化も果たした人気作品で、男女問わずファンが多いことで有名です。

 

この映画の永野芽郁さんを見てファンになった人も多かったようなのですが、永野芽郁さんにとって転機となったのは実はこの映画ではないそうです。

 

◆永野芽郁の『俺物語!!』のきっかけになった『繕い裁つ人』の出演!

 

永野芽郁さんの『俺物語!!』出演は『繕い裁つ人』出演時の演技がきっかけとなったらしいです。

 

 

永野芽郁さんが自身の中で転機になった作品は、『繕い裁つ人』と言います。

 

永野は子役出身の17歳。

昨年公開の映画『俺物語!!』で鈴木亮平が演じる主人公にひと目惚れされるヒロインに抜擢され、清楚な愛らしさが評判を呼んだ。

 

世間的からすると転機は『俺物語!!』のような気がするのですが、『俺物語!!』の監督さんが、『繕い裁つ人』を観て、永野芽郁さんをオーディション招集したというエピソードがあるくらいなので、永野芽郁さんからすると、この映画の演技が、ということなんでしょうね。

 

その後、

 

2016年連続ドラマ『こえ恋』でドラマ初主演

2017年『帝一の國』白鳥美美子 役(ヒロイン)

2017年映画『ピーチガール』

 

…と、永野芽郁さんの女優としての道はもう頑丈で大きな道として目の前に広がっているようです。

 

 

永野芽郁が子役とは思えない演技『るろうに剣心』がツイッターで話題に

 

永野芽郁さんは2012年、若干13歳でこの、大人気だった『るろうに剣心』に出演されています。

 

 

そして永野芽郁さんは僅か13歳でこの演技!!

 

 

永野芽郁さんは三条燕(さんじょうつばめ)という役柄で出演していたのですが、そこでの演技力を大変高く評価されたらしいです。

 

管理人kira2
管理人kira2

この間まで小学生だったとは思えない演技ですね。

 

永野芽郁は16歳にしてNHK大河ドラマに2度出ている!

 

なかなかNHK大河に10代にして2度も出演済みの女優さんてそうそういないのではないでしょうか?永野芽郁さんはそれを実現した女優さんとなります。本当に将来が怖いですね(笑)

 

 

そのうち永野芽郁さんは本当に大御所の女優さんになってしまうのかもしれません!

 

◆永野芽郁は2016年NHK大河『八重の桜』にすでに出演済!

 

あまり知られていないのですが、永野芽郁さんの初回大河出演は『八重の桜』(2013年)だったそうで、山川常盤の少女期を演じたそうです。

 

 

ここでの演技がきっと評価されて、2016年の大河や、2018年の朝ドラにつながったと思うと、永野芽郁さんは制作側にも大変信頼されている女優さんなのだと思います。

 

◆永野芽郁にとって2016年『真田丸』は大河2度目の出演だった!

 

こちらが永野芽郁さんにとって、NHK大河ドラマ出演の2回目でした!

 

 

管理人kira2
管理人kira2

NHKの嗅覚スゴイな

 

永野芽郁さんは、2016年のNHK大河ドラマ真田丸で徳川秀忠(星野源さん)の娘で、豊臣秀頼(中川大志)の正室、千を演じました。

 

どんどん配役も重要な役柄になってきているのが分かりますね。

 

もはや経歴としてはベテランですね!

 

永野芽郁の朝ドラ『半分、青い。』いい意味で垢抜けない演技に好感度!インスタ画像

 

約10か月間に及ぶ撮影がクランクアップして、永野芽郁さんはインタビューに答えていました。通常とは違う、長期間に及ぶ撮影にチャレンジし、これまでとは違う新しい力を得たようです。

 

 

永野:結構いっぱいいっぱいになってる時期もあったんです。でも。本当にしんどい時に、お母ちゃん(松雪泰子)がわざわざ前室に来て、抱きしめてくれて、

泣きながら話を聞いてくれたこともありました。こんなに長い時間をかける作品で、本当に周りの皆さんに恵まれたことを、改めて幸せだったなと思います。

 

永野芽郁さんの明るくて朗らかな人柄、頑張り屋なところが色々な人たちから力を借りられる結果につながったのかなあと思います。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

松雪泰子さん私も大好きです。あったかい気持ちがにじみ出ている人ですね。

 

永野芽郁さんへのとても素敵なインタビューは続きます。

 

 

インタビューのことばを見ても分かるのですが、永野芽郁さんは演技だけでなく、こうしたインタビューでの一言一言、ひとつひとつの言葉においても、とても「想い」を伝えることに長けているなと感じます。

 

――主人公の鈴愛として、劇中の誰よりもセリフが多かったと思いますが、その中でも特に印象に残っているセリフを教えてください。

 

永野:鈴愛のセリフではなくて、お母ちゃんのセリフでもいいですか?パッと浮かんだのが、鈴愛が東京から岐阜に帰ってきたときに、お母ちゃんが

「宝くじに当たったみたいな気分やった」というセリフ。

泣くシーンではなかったんですが、お母ちゃんの元に生まれて、こんなに愛情をもらえて本当に幸せだなと思ったらブワッと涙が溢れてきたんです。

北川さん自身もお母さんだからこそ、出てきた言葉だなと感じました。

 

北川悦吏子からの果たし状だった。

という永野芽郁さんでしたが、北川さんの想いを託されて、実現できるのは自分だけなんだと思いながら挑んでいたそうです。

 

 

永野芽郁さん演じる鈴愛のセルフの中で印象的だったものは?

 

永野:鈴愛(永野芽郁)のセリフでは、秋風先生(豊川悦司)に向かって放った

「飛べる鳥を見上げながら下を歩くのはごめんだ」

「私は、自分の人生を晴らしたい。曇り空を晴らしたい」かなあ。

相当な挫折をしたり、苦しいことがない人じゃないと言えない言葉だから。挫折や失敗をした経験がある方ほど、胸にくるものがあったのかなと思います。

 

永野芽郁さんの子役からの大活躍を外野の私のような人間から見ると、挫折なってあったようには到底思えない華々しい歴史に見えるのですが(笑)、

きっとご本人の永野芽郁さんの中では人には見えない壁があって、誰も知らない所でそれと格闘する時間があって、乗り越える時間があって…と、感受性を人生にもたくさん使いながら戦ってこられたんだなと思いました。

 

 

飛べる鳥を見上げながら下を歩くのはごめんだ

私は、自分の人生を晴らしたい。曇り空を晴らしたい

 

こんな小さな時から頑張ってきた永野芽郁ちゃんがこれからもしあわせにお仕事をしていけるといいなあと思う、今回の記事でした。

 

管理人kira2
管理人kira2

メイちゃんはもう大人の女性ですね。

コメント