おすすめ記事

医師・西川史子の勤務先病院・クリニック実家医院どこ?名医の習慣

おすすめ記事

近年まで激やせが指摘されていた医師タレントの西川史子さんですが、西川史子さんの本業・ドクターとしての勤務先病院やクリニック、実家の西川整形外科医院がどこにあるのか、病院に関わる話と医師としての姿、名医の習慣に選ばれたクレソンのお話について調べてみました。

おすすめ記事

◆医師・西川史子が現在、本業のドクターの仕事として勤務してる病院の場所はどこ?表参道と相模原?会える? 画像

 

医師タレントの西川史子さんが現在、本業のドクターとして主に勤めている病院は、「表参道」駅徒歩1分という場所にある『松倉クリニック&メディカルスパ 』というところだそうです。

 


引用元:ホリプロ

 

美容に誰よりも
こだわりがありそうな
西川センセだったら信頼できそう!

 


画像:松倉クリニック&メディカルスパ公式ページ

 

前述の2007年『絶対に笑ってはいけない警察24時』の頃には西川史子さんは週の半分くらいドクターとして勤務しているという話を浜田雅功さんとのトークでしていましたので、現在もそのリズムで働かれている可能性が高いのかもしれません。


画像:知恵袋

 

クリニックに取材すると、西川さんは週に1日の勤務で、「手術はしませんという。(中略)クリニックに勤務して「3年とちょっと」だそうだ。
引用元:j-cast.com

 

2007年の時点で3年ちょっとという話なので、2004年頃から西川史子さんはドクターとして勤務されているようです。タイミングが合えば会う事が出来るかも?しれないといったところでしょうか。

 

 

◆①医師・西川史子が本業のドクターとして勤務している表参道徒歩1分の場所にある「松倉クリニック&メディカルスパ」の評判

 

医師タレントの西川史子さんが勤務している渋谷区の『松倉クリニック&メディカルスパ』の院長松倉知之氏は日本で最初に「ボトックス」「レチノイン酸」「Obaji(オバジ)」を日本に紹介したドクターだそうで、それだけでも日本の美容に関する医学の最前線にいる方ということが分かります。

 

 


画像:doctorsfile

 

美容の最前線!

 

「ボトックス注射」やしみやニキビ痕の治療に効果を発揮する「レチノイン酸」も、私が日本で初めて導入しました。美白に興味のある女性ならよくご存知の「Obaji(オバジ)」も、私が初めて日本に紹介したものの一つです。

引用元:https://doctorsfile.jp/h/18492/df/1/

 

西川史子先生も、もちろんこちらのクリニックで施術を受けられているようです。

 


画像:松倉クリニック公式Instagram

 

また、所属のドクターの紹介欄にはもちろん西川史子さんも「ドクター」として現在も掲載されています。

 


画像:matsukura-clinic.com

 

松倉クリニック&メディカルスパ

●東京メトロ「表参道」駅A2出口より徒歩1分
●住所:東京都渋谷区神宮前4丁目11-6 表参道千代田ビル9F
アクセスMAP
●電話:03-6455-5118
●診療時間:10:00-20:00(土日祝:19:00まで)
松倉クリニック代官山

 

とにかく都心で駅地近なので、継続して通いやすいクリニックのようです。

 

おすすめ記事

 

◆医師・タレント西川史子が本業のドクターとして働いている場所「松倉クリニック&メディカルスパ」の評判は?

 

元々医師タレントの西川史子さんが本業のドクターとして勤務する『松倉クリニック&メディカルスパ』5つの約束としてお客様へ提示しているものがあります。

①美容医療のパイオニア
②幅広い治療の選択肢
③勧誘なしで安心
④「結果」を出すことがモットー
⑤患者さんの信頼を裏切りません

 

また、美容系雑誌だけでなく、医師タレント西川史子さんがドクターとして勤務する病院『松倉クリニック&メディカルスパ』は女性のファッション雑誌にも多く紹介されているクリニックとして信頼を得ています。


画像:matsukura-clinic.com

 

評判の中でとても心に残ったのは「分子整合栄養学検査」を受けた方の内容でした。

 

「分子整合栄養学検査」とは自分の体内の栄養素を分析し、不足している栄養素を補うことで身体の不調を改善するという、基本的な治療部分は薬を使わない」で治療する方針の「オーソモレキュラー療法」というものだそうです。

 

松倉クリニック 表参道 on Instagram: “先日、西川史子先生が久しぶりに施術を受けに来てくれました✨ * * 今回は、ふっくらハリの出るリッチダームにしました。 直後にピーンと肌が引き締まる効果と時間が経つとハリもでてきます。 * 先生、ありがとうございました😌 #松倉クリニック #東京 #表参道 #美容皮膚科…”
124 Likes, 4 Comments - 松倉クリニック 表参道 (@matsukura_clinic) on Instagram: “先日、西川史子先生が久しぶりに施術を受けに来てくれました✨ * * 今回は、ふっくらハリの出るリッチダームにしました。 直後にピーンと肌が引き締まる効果と時間が経つとハリもでて...

 

桐谷美玲さんの肌荒れ回復美容問題はこちら

 

 

松倉クリニックを受診された方の声>

こちらは美容皮膚科とありメニューがかなり豊富ですが私の目的は「分子整合栄養学検査」でした。(中略)

私は痒みが全身に広がり悩んでおり、何件も皮膚科を受診しましたが、どの皮膚科医もステロイドのかゆみ止めを出すだけの診療で悩んでおりました。(中略)

院長は明るい感じの良い男性医師です。自身も痒みに悩んだ経験があり、栄養学に基づき食生活など正したところ治ったという経験があり、私の検査結果を見て、やはり足りない栄養素から痒み症状がおきやすい状態であることを指摘し、一般診療の部分でとりあえず痒みは抑え抗アレルギー剤とステロイドの処方とこのクリニック開発の保湿ジェルを勧めてくれました。この保湿ジェルはビタミンCとカロテンが入っており顔の赤味が広がり痒いところに塗ると一発で赤味がひきました。(中略)

多くの人におススメしたい検査です。皮膚の状態に悩みのある人は未病で悩んでいる人は是非受けた方がいいです。

引用元:caloo.jp

 

私も「どの皮膚科医もステロイドのかゆみ止めを出すだけの診療」というところに自分の経験として実感があったため、医師タレント西川史子さんがドクターとして勤務する病院『松倉クリニック&メディカルスパ』のように今現在の自分の体内状況の確認や、不足している栄養素の検査ができるというのは興味深いなと感じました。

 

その場しのぎではなく、根本から見直す治療に対応してくれそうなクリニックのようです。

 

おすすめ記事

 

◆②医師・西川史子の「本業・ドクター」として勤務している実の父親の『西川整形外科医院』の場所は?相模原市にある。兄も病院へ勤務?画像

 

また、もう一つの勤務先病院として、西川史子さんは表参道の『松倉クリニック&メディカルスパ』のほかに、兼業で実の父親の病院である『西川整形外科』でも美容皮フ科のスタッフとして診療を行っていた時期があり、現在でもそのような形で2つの病院で在籍している可能性があります。

 


画像:https://entertainment-topics.jp/13399

 

また、西川史子さんのご実家の病院『西川整形外科』は以前は平日は午前9:00-12:00、午後3:00-7:00まで診療を行っていたようですが、現在では、西川史子さんの父親がご高齢となったためか、診療時間が短くなっているようです。

 

なお、西川史子さんの実の兄はドクターではないようですので、この病院『西川整形外科』を継ぐとするとやはり西川史子さんになるのかもしれません。

 

余談ですが、西川史子さんは実の兄が医師家系でありながら跡取りとなる「ドクター」にならなかったことに対し、その理由を「兄は性格が優しすぎた」と語っています。

 


画像:doctor-map

 

しかし、現在では、全日午前中のみの診察時間となっています。ここから考慮すると、都内で暮らされている西川史子さんが、不規則な医師タレント業をこなしながらも朝8:30相模原にあるご実家の病院『西川整形外科』でドクターとして勤務するというのはかなり厳しい印象です。

 

従って、医師タレント西川史子さんに会えるとすると、表参道の『松倉クリニック&メディカルスパ』の方が確率は高いのかもしれません。また、もしも父親の病院である『西川整形外科』西川史子さんがドクターとして継いだ場合、かなりの確率で診療してもらえることになるのではないか?と予想できます。

 

 

◆医師・西川史子の過去の医院所属経歴、ドクターとしての勤務先病院はどこ?

 

医師タレントの西川史子さんがこれまでにドクターとして勤務してきた病院は下記の病院だそうです。

 


画像:http://chichan323.xsrv.jp/archives/60

 

・大学卒業後、聖マリアンナ医科大学整形外科へ勤務
・青山メディカルクリニック(現・青山渋谷メディカルクリニック)へ勤務
・西川整形外科医院へ勤務
・松倉クリニック及び西川整形外科の美容皮フ科のスタッフとして診療も行っている。
 
 
すぐに父親の病院である『西川整形外科』を継ぐのではなく、西川史子さんは実家の色々な部門で働きながら、最新の治療方法の技術、情報を逃さないように気を配ってこられたことが伺えます。
 
 

 

◆医師・西川史子のドクターとしての専門は?何科の先生なの?評価は?

 

西川史子さんがいったい何科のドクターなの?という話はよく出る様です。

聖マリアンナ医科大学病院時代に所属していたのは整形外科、西川整形外科医院も整形外科、松倉クリニックでは形成外科ですが、手術等は行わず、美容皮フ科のスタッフに加わっているという状況のようです。日本整形外科学会会員、日本美容皮膚科学会会員でもあります。

 


画像:http://www.officiallyjd.com

 

けれども調べていくと、どうやら「専門医の資格」を取得するためには規定の病院で研修期間を充分勤めていないとなれないようで、西川史子さんはそれを取得していないのではないか?という指摘がありました。

 

また、西川史子さんの医師としての評価は医者界隈ではあまり高くはないようです。でもそれは、高くないという対象が実際の施術や、受けた診療に対する評価ではなく、私のような一般人には全く理解不能な領域ですが、西川史子さんの出身大学や開業医2世ということ自体を批判するような内容が多かったようです。

 


画像:https://girlschannel.net/topics/467573/

 

開業医の2世は「医師になる事がゴール」という意見を述べる人が圧倒的に多く、以後目的意識がないため努力をしない傾向にあるのに対して、自力で切り開かなければならない人にとっては医師になる事はすなわちスタートであるため、医師になってからの熱意に差があるという意見がありました。

 

そう考えると西川女子は開業医の娘で芸能活動もやっていて、あまり医師としての自分を高めようとする努力は必要ないし、していなさそうですよね。加えて美容外科・・・というよりも手術していないから美容皮膚科でしょう?おそらく露出度からして規定の病院で研修期間を充分勤めていないために専門医の資格すら持っていないと思いますよ。

引用元:知恵袋

 


画像:mdpr.jp

 

全く圏外の私が言うのもなんですが、医学部に入って、国家試験合格したからといって、別に熱心なドクターになることを目指すか目指さないかは本人の問題なので、ここまで言わなくてもいいんじゃないの、と感じました(笑)

 

小さな世界で蹴飛ばし合いがあるというのは、どこも一緒なのだなとも感じます。

 

みんな、
望まれていることで
できることをやればいいじゃないか(笑)

 

◆西川史子はドクターなのに病院から届出なし?医師法違反の噂があった?

 

一時、西川史子さんの医師免許が「医師法違反」ではないかという噂が立ったことがあったようです。厚生労働省には「医師等資格確認検索システム」というものがあり、2年に1度届出を行い、日本全国の医師の登録状況が検索ができるようなのです。

 


画像:http://iam-publicidad.org

 

けれども、そこへ「西川史子」を検索したところ出てこなかったという話が発端だったようです。

西川史子さんの場合、医師は医師でも「非常勤医師」であるため、勤務先の病院からの届け出は出されていなかったようです。改めて速やかに届出を提出し、現在は検索をすれば出てくる状態となっているようです。

 

おすすめ記事

 

◆医師・西川史子が色々な病院のドクターによる「名医の習慣ベスト4」にランクインしたクレソン美容法

 

美容に関しては最先端技術と常に触れている西川史子さんですが、医師として、一般の人々が騙されているような現象をどんどん切り裁いていく姿が大変信用できる印象です。

 


画像:https://www.j-cast.com/2017/01/08287593.html?p=all

 

最近コラーゲン注射を希望する女性が多いけど、コラーゲンは真皮の下で形成されるので、注射は全く意味がない

引用元:知恵袋

 

など、どんどんと知られざる情報を西川史子さんが率先して開示してくれるため、大変一般人女性からの信頼が厚いです。その為か、「名医の習慣ベスト4」にも見事ランクインしました。

 

各病院の名医たちの話と一緒にお伝えします。

 

 

【名医の習慣1位】病院名:昭和大学教授兼同大学横浜市北部病院 消化器センター長 工藤進英氏

 

世界中で3,000人もの弟子を持つという内視鏡に関する世界的な権威工藤ドクター


名医の習慣:腸の健康の為

「動く歩道などは乗らずに、その隣を歩き、動く歩道利用者を追い抜いていく」というもの。
早歩きが大腸がん予防を含む健康に効果的)

 

【名医の習慣2位】病院名:東京銀座医院クリニック 院長 三浦麻由佳先生

 

肌年齢が実質13歳若い東京銀座医院クリニック美女ドクター三浦麻由佳先生

名医の習慣:肌の為

「醤油の代わりにポン酢をかける」
(血管から肌を若返らせる)

 

 

【名医の習慣3位】病院名:竹屋森歯科クリニック 院長 森昭先生

 

診察3ヵ月待ちの竹屋森歯科クリニック院長の森昭氏

名医の習慣:唾液の量が増やし大病のリスクも下げる

「唾液を出すマッサージなどを行う」
口の中で舌を一周させる「舌体操」

 

 

【名医の習慣4位】形成外科医 西川史子先生

 

最後が医師タレント西川先生による習慣です。

 

 

名医の習慣:美貌を保つため「クレソン」を習慣的に食べている。

非常に栄養価が高く、またそのバランスも良い

 

美容整形外科医・高須クリニック院長と恋人の西原理恵子さんのお話はこちら

 

 

◆2019年5月 芸能界医師タレント代表としてドクター西川史子が黙っていられなった2019年ドラマ『白い巨塔』へ苦言「病院や医師への信頼を損ねる」 とコメント

 

2019年5月、だいぶ表情に健康そうな様子が見えてきた医師タレントの西川史子さんですが、5月26日に全5話の放送を終えた2019年度版のドラマ『白い巨塔』に対し、自身のInstagramで苦言を述べました。

 

医師にとっては
特別な作品である
『白い巨塔』

 


画像:exciteニュース

 

2003年に俳優の唐沢寿明さんが主演した方のドラマ『白い巨塔』医師からも評価が高く、当時20年というキャリアがある外科医ドクターからも「所作が素晴らしい」との声があがっていたそうです。

 

『白い巨塔』で名演技を残した唐沢寿明さんと山口智子さんご夫妻のお話はこちら

 

今回のV6の岡田准一さん主演の『白い巨塔』についても、「岡田さんの財前教授にも毎夜心を打たれました」と前置きしたうえで、このように自身のInstagramで述べていたそうです。

 

医師としてどうしても見過ごせなかったのは、「教授以下の医師達の意見が全く無視されたり、必ず行っているはずの術前のPET検査の有無で裁判」(原文ママ)の部分だ。

彼女は「現在ではありません」と断言するも、これにより病院や医師への信頼を損ねてしまうのではないか―と危惧している。

引用元:exciteニュース

 

専門的な領域の世界の「常識」は視聴者には分からないですから、医師である西川史子さんが間違った情報の是正のためにこうして意見をメディアにダイレクトかつ迅速に発信してくれるというのはとても価値が高いなと感じます。

 


画像:スポーツ報知

 

そういう意味では西川史子さんが目標と掲げていた「医療ジャーナリスト」になりたいというものへ着実に近づいている気がします。西川史子さんが対象としているのがこむつかしい専門家に対する発信ではなくて、私のような全く専門外の一般人に対する発信であるからこそ、なお価値が高い気がしました。

 

また、キレッキレのトークときらきらな笑顔が見られますように。

 

引退を考えた泉ピン子さんの首振り・震え、滑舌病気問題はこちら

おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
kira2をフォローする
キラキラしたいっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました