若い頃NOKKO(ノッコ)結婚と再婚旦那の娘子供を高齢出産画像

◆子供・妊娠・出産・育児

◆2001年(年齢37歳)レベッカ・NOKKOが若い頃から10年の付き合いだった音楽プロデューサーGOH HOTODA(保土田剛)と二度目の結婚!高齢出産で子供(娘)も誕生!今現在自宅は熱海 画像

 

ソロ活動を休止した2000年にNOKKOさんは仕事で10年来の付き合いがあった音楽プロデューサーのGOH HOTODAさんと「NOKKO & GO」を結成しています。(設立は2003年)

 


画像:https://plaza.rakuten.co.jp/cubicsquares/diary/200808270000/

 

GOH HOTODAさんはマドンナの『VOGUE』のエンジニアリングも務めているという世界的に有名な大物サウンドエンジニアだそうです。

 

2001年にはNOKKOさんとGOH HOTODAさんは結婚されています。(情報によっては2002年に入籍というお話もあります)

 

◆2006年8月(年齢42歳)NOKKOが旦那のGOH HOTODA(保土田剛)との間の夫妻第一子女児・娘の夏乃を初産で高齢出産!立ち合いで自然分娩!

 

お二人の結婚から数年後にあたる2006年8月1日、NOKKOさんと旦那のGOH HOTODAさんの間には待望の第一子女児・夏乃さんが誕生しています。結婚後のご自宅は静岡県の熱海に家族で住まわれているようです。

 


画像:https://plaza.rakuten.co.jp/cubicsquares/diary/200808270000/

 

42歳で初産という高齢出産。

 

NOKKOさんの公式サイトの記録によると、出産前は高齢出産であったことから様々な書類にサインをさせられ恐怖心がわくような状況だったようですが、実際の出産は作務衣を着た旦那さん立会いの『たのしいお産』となったそうです。

 


画像:NOKKO公式サイト

 

また、産後夜泣きする娘さんにNOKKOさんが子守歌を歌うと、安心するのかぐっすり眠ることに気づいたという素敵なお話もあります。

NOKKOさんの子守歌で育つなんて、とっても贅沢な娘さんです(笑)

 

高齢出産での出産話旦那さんがおもしろい水野美紀さんのお話はこちら

 

 

◆2013年(年齢50歳)母・NOKKOが旦那・保土田剛とアルバム『もうすぐクリスマス』を発表。娘・夏乃もコーラスで参加。今現在何歳?

 

NOKKOさんと旦那さんの保土田剛さんは不思議なことに長女の夏乃さんが誕生する3年も前の2003年「宇宙のコウモリウタ」や2004年NHK「みんなのうた」フルサト発表、DVD付きのフルサト絵本出版など、児童音楽に関する活動もされていました。

 


画像:https://芸能人の子供まとめ.net/nokko-kodomo/

 

NOKKOさんの幼少期にあった、絵本と同様が一緒になった子供雑誌東京こどもクラブ』をなぞるような印象がします。娘さんが誕生する前から子供を迎える準備をされていた印象がします。

 


画像:NOKKO STORE

 

さらに娘さんの誕生後、2013年に発表されたアルバム『もうすぐクリスマス』では、当時7歳になった娘の夏乃ちゃんがジョンレノンのカバー曲である『HAPPY CRISTMAS』の中でコーラスで参加したそうです。

 


画像:https://芸能人の子供まとめ.net/nokko-kodomo/

 

2006年に誕生したNOKKOさんのさんは2020年に14歳になる年齢となっています。

 

坂本龍一さんと矢野顕子さんの娘である坂本美雨さんや、宇多田照實さんと藤圭子さんの娘である宇多田ヒカルさんなど、ご両親が音楽関係の娘さんは音楽に行くことも多いので、これからどんな活躍をされるのかとても楽しみな女の子ですね。

 


画像:熱海ネット新聞

 

また、2014年には地元の熱海中学校の校歌『光る海』をご夫婦で作曲されています。(作詞は歌人の佐佐木幸綱さん)

 

 

◆NOKKOの離婚した元旦那・木暮武彦にも今現在では二人の子供の父親に。息子と離婚した嫁との娘が2020年NHK朝ドラヒロイン女優の杉咲花!

 

ちなみに、NOKKOさんの破天荒な元旦那のシャケこと木暮武彦さんも再再婚され、現在では2人の子供の父親となっています。

驚きの事実としては木暮武彦さんのNOKKOさんの後の再婚相手との間の娘(実子)が、今大注目の女優である杉咲花さんであることです。

 


画像:http://meziroosi-tayori.blog.jp/archives/4189648.html

 

木暮武彦さんの娘・杉咲花さんは2020年後期の朝ドラ『おちょやん』のヒロインに決定しています。

 

しかし、現在は木暮武彦さんはさらに離婚と再再婚され、そのお嫁さんとの間に現在男児が1人います。

 

NOKKOさんの元夫・シャケさんの娘・杉咲花さんのお話について詳しくはこちら↓

杉咲花の家族両親!父親・木暮武彦(シャケ)母親・チエ・カジウラ親友・兄弟は?
杉咲花さんの家族で両親の父親・木暮武彦(シャケ)さん、母親・チエ・カジウラさんもとても有名人のようです。兄弟について、また杉咲花さんとレベッカNOKKOさんとの関係について調べました。

 

◆2015年4月(年齢51歳)伝説のバンド「レベッカ」が20年ぶりに再結成!第66回NHK紅白歌合戦初出場!

 

そして、2015年長い時間NOKKOさんが距離を置いていた「レベッカ」が再始動することになります。

 


画像:https://www.huffingtonpost.jp

 

再結成に際し、「レベッカ」名義でこのようなコメントが発表されています。

 

ずっとひとりぼっちだと思っていた。

いつも宿題を抱えていて、いつも締切に追われていた。

REBECCAの活動を中途半端に終えてしまったという気持ちがあった。

REBECCAはずっと、触れてはいけないパンドラの箱だったけど時が経ち、

心に余裕ができてきて、このパンドラの箱を開く勇気が湧いてきた。

そして勇気を出して開けてみたら、

パンドラの箱の中でREBECCAは、熟していた。

もう、ひとりじゃないと気付いた。

夢がしぼみ、情報が氾濫している今の時代にREBECCA見直してみたい。

当時の曲を、今の自分たちで再現して、もう一度やってみたい。

REBECCA

引用元:https://www.huffingtonpost.jp

 

NOKKOさんは「レベッカ」の解散後、ソロ活動も終え、少しずつ音楽活動から心が離れていっていたようでした。

 


画像:Instagram

 

そんな中、「レベッカ」再結成の大きなきっかけとなったのは2011年に起きた東日本大震災という出来事だったようです。NOKKOさんが被災者の人々を想う中で思いだしていたのは「レベッカ」のバラード曲である『Maybe Tomorrow』の歌詞だったそうです。

 

だけど明日はきっといいことあると信じてたいの
『Maybe Tomorrow』

 

この歌詞が、復興していこう、という気持ちとぴったり合った。明日へ前向きに乗り越えていこう、という思いを込めて、被災された方々に向けて歌いたい、と思いました
引用元:2015年4月『朝日新聞デジタル』

 

 

「レベッカ」再結成の時のコメントの内容ととても被ってくるところですが、NOKKOさん自身がずっと蓋をし続けることとなった若い頃の時代の記録、つまりは「レベッカ」としての歌や歌詞、空気感に触れることに対して、長年抱いていた「嫌悪感」「恐怖」といった類の負の感情が時間をかけて浄化していき、

 

新しい気持ちで改めて「いいものもあったはずだ」という肯定的な気持ちにさせてくれたきっかけとなったようです。このお話は時間をかけて元夫婦の感情が雪解けした薬師丸ひろ子さんと玉置浩二さんのお話にもとても類似したお話があります。

 

薬師丸ひろ子さんと元旦那の玉置浩二さんの結婚離婚と雪解けまでの物語はこちら↓

薬師丸ひろ子と旦那・玉置浩二結婚なれそめと夫妻の離婚理由子供は
薬師丸ひろ子さんが若い頃に玉置浩二さんの花嫁として結婚に至るまでの経歴や馴れ初めと、離婚理由や子供の有無、そして元妻・元旦那となったお二人の不思議な今現在の雪解けを迎えた愛情関係についてまとめました。

 

音楽が自分に戻ってきた。

 

 

音楽が、だんだん自分の手元に戻ってきたと感じて、歌えるようになって、声も太くなった。そうしたら、レベッカの曲にふたをしておくのがかわいそうに思えてきて、見直してみようと
引用元:2015年4月『朝日新聞デジタル』

 

「レベッカ」として活動をしていた20代のNOKKOさんが歌った作品には、当時ファンからも元旦那さんの木暮武彦さんとの時間を題材にしたのではないかと言われる作品が多くありました。

 


画像:https://ameblo.jp/redford-1956/entry-12390704671.html

 

もしそれが事実だったとすると、結局最後に破綻した元夫との愛情や思い出を「レベッカ」の曲として永遠歌い続けることがとてもとても困難であるというNOKKOさんの感情は分かる気がします。

 

以前はもう絶対に見ない、聴かないと思っていたけれど、ふたをパカッと開けたら、ホワーッとご飯が炊けてた、みたいな感じかしら
引用元:https://www.huffingtonpost.jp/

 

 

けれども時は経過し、元旦那である暮武彦さんとの苦い記憶も現在では新しい幸せの記憶が膨らんでいくたびに消化しきり、改めて客観的に「レベッカ」の歌として歌うことができるようになったという感覚であるように私には思えました。

 

 

◆2019年11月(年齢56歳)レベッカ・NOKKOが34年前の「伝説のライブ」を誕生日に発売&映画館で一夜限定上映!2020年今現在、日本に最も必要な熱波を飛ばす

 

2019年「レベッカ」NOKKOさんは34年前となった1985年12月の「伝説のライブ」のブルーレイ発売と共に、映画館での一夜限定上映をしました。

 

「このツアーはレベッカとしてバンドの若いエネルギーが一番ピークの時」

 

と、NOKKOさん自身も語っています。

 


画像:ニコニコニュース

 

■『REBECCA 『フレンズ』(1985.12.25渋谷公会堂)』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=WzNEwUIHVFA

 

「ツアー中にどんどん注目されるようになって、この夜は渋谷公会堂に人があふれていたのを想い出しますね。あとNOKKOがすごくしゃべってますね。MCが多いもん。」_土橋安騎夫(キーボード)
引用元:REBECCA

 


画像:REBECCA

 

当時の『フレンズ』を歌うNOKKOさんの姿を見ると、ここで命を燃やし尽くしてもいいという気持ちで歌い上げているのではないかと感じる程の何かを感じます。それはとても苦しいことだっただろうと想像します。

 

「レベッカ」の最初の解散以降、この国の若者はこうした情熱とは無縁の時代を長く送ってきた気がします。

 

2020年コロナ大流行で、今現在私たちは「自分の命を生きるということ」の意味をもう一度問い直しています。それはきっと「自分の命を何に燃やし尽くすか」ということではないのか。NOKKOさんの歌声は、そんなことを私たちの胸に投げかけてくれます。

 

高齢出産有名人・芸能人まとめはこちら↓

40代50代妊娠も!超高齢出産な芸能人有名人・女優の喜びと体験談
高齢出産で子供を迎えた女性有名人・芸能人、女優の方々をピックアップしました。40歳を超えてからも妊娠する方が増え、子どもへの母性は膨らむばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました