Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

岡崎京子の事故後の現在・夫は離婚?旦那画像と最新作映画化にpinkのユミちゃん絶対お願い

●刹那的/はかない 属

1980年から1990年代、岡崎京子という漫画家はその時代を代表する作家として女性カルチャーの中で最前線にいました。出す作品出す作品に人気が出て、大忙しの頂点の時に交通事故に遭い、その作家生命を絶たれました。はや事故から22年経過した今も後遺症と闘っています。彼女の作品の最高作品と言える『pink』の紹介と、彼女が事故以来送ってきた日々を探っていきたいと思います。『pink』にあったキラキラをもう一度、彼女の回復と共に祈りつつ。

 

 

岡崎京子という漫画家はそもそも小沢健二が好き

 

 岡崎京子さんという人の蓋を何年かぶりに開けました。何年か前に『ヘルタースケルター』の映画を意を決して観て、とっても本当に、心から後悔をしたので、彼女の蓋や世界観とはもう触れたくなかったのです。『pink』以上のものが今後彼女の中から世界へ出てくるとも思えなかったので。

 

 

正直、私の中で彼女は分類からするととても生理的に好きではない人です。ええ、好きではない。

ただ、私が彼女の大半の作品を読んだ1990年代というのはそうした疫病に都市部はかかっていたし、今の都市部はその延長線上にあるだけで特に好転もしていないわけで、彼女が発する独特の臭気はあの当時、これから私たちの時代が背負っていく病魔が何物なのかを描いていた意味では、前衛的だったのかも?しれないです。

 

 

彼女がよく言うところの、「資本主義」に即した漫画家がつくった掃いて捨てるような話ばかり。なぜ、そんなに人気があるのか全く分からなかったけれど、痛い物語が多かったからかもしれません。

 

でも当時から、とてもだいたいにおいて

ひどい作家だと思っていました。

私が不幸だったことは『pink』を先に読んでいたこと。

 

『pink』さえ先に読んでいなかったら、『ヘルタースケルター』の気持ち悪い映像も見ることはなかったのに、つまらない他の作品も読むことはなかったのに。と思っています。

 

『pink』この物語だけは、永遠に私の中に残ると思います。

とても、儚くて美しいから。

 

 

この作品においても他作品においても、岡崎京子さんの作品というのは、影響を受けた他作家からの上っ面の拝借も目立っていましたし、特別な個性も元々ないように思います。

それに、若さもあってか、いつもとても残酷で無駄に尖っていて、つまらなかった。

 

 

 

特に作家として稀有な人材ではなかった様に思うのはおそらく、感性が鈍感すぎるからだと思います。完全に刺激に対してマヒしている。当時の漫画家としては絵は感じがよく、お洒落でうまかったと思いますが。それだけという印象。印象として、哲学とかカルチャーを求めていたみたいですが、イラストレーターで済んだと思います。

 

 

簡単に言うと、彼女を含めて臭気に満ちた登場人物の、その臭くて不穏なだけの空気にさらされたくなかったし、現実が本当にそうなんだとしても私はそれを現実だと思いたくなかったのだと思います。

 

彼女の作品に出てくる登場人物は大半、臭気がします。

『pink』に出てくるユミちゃん、ハルヲくん、ケイコ、ワニを除いては。

 

『pink』には小沢健二さんの名前がたまに出てきました。主人公のユミちゃんが好きだという設定です。けれども現実世界では、岡崎京子さんと小沢健二さんの間で大きな友情関係があるようです。

 

 

岡崎先生と小沢さんは価値観が近かったのか、いっしょに戦っていた「戦友」のような関係だったようです。また、小沢さんは「僕は岡崎さんの王子様だから」だと言います。

 

今日、その後も彼らの親交が今もなお、存続していると知りました。小沢さんのライブにも車いすで岡崎京子さんは足を運び、2017年の『リバーズエッジ』の試写会にはふたりで一緒に行かれたそうです。1990年前後からの交流なので、もうおおよそ30年近い付き合いということになります。

 

 

事故に遭って漫画家としての作家生命を事実上絶たれたと言われていたのは知っていたので、こうした交流がいまだにあることを知って、少し驚きました。

私は今のところ、彼女が大事故に遭ったにもかかわらず一筋の光として命を取り留めたのはユミちゃんを生み出したおかげだと思っています。

彼女のことは今のところ、1990年前後に高円寺に住んでいたということくらいしか知らないけれど、今日、私がわざわざ蓋を開けるのは、

ユミちゃんの為であり、ユミちゃんを生み出した岡崎京子さんの中に、ユミちゃんを感じることで私自身が救われたいからかもしれません。

岡崎京子さんを大事に想う小沢健二さんはそして、ハルヲ君にも似ています。

岡崎さんが交通事故に遭った際、小沢健二さんはよしもとばななさんと東京女子医大に駆け付けたそうです。家族以外面会謝絶だったそうですが、家族です、とウソをついて付き添ったという話があります。

 

岡崎京子の近況は?漫画家人生を奪った交通事故・病状と最新映画化チワワちゃん

 

岡崎京子さんの事故について、私は今日初めて知ることになります。開けたくない蓋だったので、こんなに時間を経て、知ろうとする気になるとは思わなかったのですが、調べてみたいと思います。

 

 

1996年5月19日に岡崎京子さんは交通事故に遭います。頭がい骨骨折で意識不明の重体ということ以上にその後の情報が出てくることもありませんでした。でも実際は最初はこのような惨状だったようです。

 

岡崎京子先生が1996年5月19日18時半、東京都世田谷区の自宅の近くで夫の朱雀正道さんと散歩中 に飲酒運転の4WDにはねられる。頭部打撲・頭蓋骨骨折・脾臓破裂で東京女子医大に入院、緊急手術するも、意識不明の重体。

 

管理人kira2
管理人kira2

彼女の漫画の中の1シーンのようなニュースでした。

 

 

7月上旬の時期でまだ集中治療室で治療中で、 ようやく肺の手術で自分で呼吸ができるようになった、意識はない、既に脾臓も摘出精神面では、1カ月半集中治療室にいて、まだ呼びかけに対して明確な反応はないようです。脳の損傷も軽くはないと思われます。

 

とても考えられないほどの重症ですね。命が助かったことが奇跡のようです。

 

1996 交通事故に遭う
1997 病院でリハビリ
1998 意思疎通できず
2000 知人を憶えてる
2002 笑う、海に行く
2004 漫画賞受賞
2006 笑いが絶えない
2008 温泉巡り
2010 小沢ライブ鑑賞
2012 試写を見に行く
2015 岡崎展(世田谷)に掲示
2016 岡崎展(伊丹・福岡)に掲示
2017 ハロウィンに行く
2018 海外旅行(スイス)

 

一歩ずつ。

 

 

2015年の世田谷で行われた岡崎京子展で展示の最後に「ありがとう」の文字を視線入力(トビー)で書いたという話がありました。

 

2019年1月からは映画『チワワちゃん』岡崎京子の同名コミックを原作)が全国公開されます。

 

 

作品は、ひとたび作家の手を離れたら、途端にひとりで歩いて行ってしまうんですね。

 

新しい作品が描けない今、自分の作品に新たな命が吹き込まれることに興味がある

 

と、交通事故後に岡崎京子さん本人も話されています。

 

管理人kira2
管理人kira2

『pink』を映画化してほしい!!

 

岡崎京子は現在旦那とは離婚したの?元夫は誰?

 

岡崎さんには元夫が居ました。写真家でライターの朱雀正道(すじゃく せいどう)氏です。岡崎さんとの婚姻中、岡崎さんと事故に一緒に遭われています。彼も重傷を負ったようです。ですが1998年に二人は離婚し、彼は1999年に再婚をしています。

 

 

先ほどの岡崎京子さんの事故からの状況の経過を見ると、離婚した1998年はまだ岡崎京子さんは意思疎通がはかれない状況です。

 

よくわからないで言うのもアレですが、ちょっとどうかと思いますね。

 

二人の間にお子さんもいなかったようです。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

ふーん

 

 

岡崎京子は『リバーズエッジ』より『ヘルタースケルター』より『pink』だけ

 

私はこの物語が自分がこれまで読んできた小説や物語や映画や、そういった全ての架空のお話の中でたぶん3本の指に入るくらい好きです。この物語と、ユミちゃん、ハルヲくん、ケイコとワニ、彼らのような家庭を作りたかったのかもしれないなと自分で思っています。

 

この物語を届けてくれた岡崎京子さんに感謝をしたい。

 

ユミちゃんはホテトルをしている妖精のような21歳の少女です。

21歳のコワレカケの少女がでも透明感を残して、前向きにユニークにそして刹那的に生きていく物語。

ユミちゃんが生きているのは絶対的な「資本主義社会」であり、

そこではパッケージと広告がすべて。だから表層になんて意味はないし興味はない。そんな風にきっと思っているユミちゃん

でもそこで、おざなりにされる人間としての感性。唯一入っていけたのがワニとケイコとハルヲくんでした。

 

 

すべて売り物

 

(オッサン)

考えたことある?自分の人生。ダメだよしっかりしなきゃ。

ケッコンとか考えてんの?

 

(ユミちゃん)

(イッパツしたあとに 何エラソーなコト)

 

ユミちゃんにとって、宝物は飼ってるワニだけでした。いつかワニとふたりで南国に行くことを夢見ています。

 

 

今日、オマエのえさにしてやっていいヤツいたけどねー

どうせ筋ばっててマズソーだったよ。

 

あのオッサンのことです(笑)

 

 

よく食うなあ

オマエが食いしんぼうだから

昼間オーエルやってるだけじゃやっていけなくて

大変だよ

 

ユミちゃんは普通のキレイなOLをやっています。

 

 

いいって いいって 気にしなくて

オマエは私のスリルとサスペンスなんだから

 

つまらないOLの日常を埋めてくれるのはワニだけでしたが

 

 

ある日、文豪志望のハルヲくんに出会います。

 

 

ややあって、ハルヲくんちにお世話になり、仲良しに。

 

 

ユミちゃんの大嫌いな継母、その娘ケイコともなぜか仲良し。

 

 

あとは、ピンクのバラが好き。

 

本当にきれいな色だなあ

お金でこんなキレイなモンが買えるんなら

あたしはいくらでも働くんだ

ピンク色って本当に 好き

 

美しくてきれいなものためなら。

 

 

あたしは本当に

ピンク色のものって好き

何か しあわせな感じがするじゃん

 

誰のことも何のことも信じないけど、

美しいものがあることは信じられるから

美しいものって、しあわせな感じするし。

 

 

一方、甲斐性のない、しがない文豪志望なだけのハルヲくんユミちゃんを好きになって、ユミちゃんの仕事を複雑に思うようになります。

 

 

その最中に、心の支えだったワニが憎い継母によってカバンにされてしまいます。すべてを破壊するような怒りに襲われるユミちゃん

 

 

暫くして、しがない文豪志望に過ぎなかったハルヲくんの作品がまさかの入賞をして3000万円の賞金を獲得することが決まります。これでユミちゃんを南国に連れて行ってあげられる!

 

 

愛するハルヲくんとカバンになってしまった大好きなワニと夢の南国で一緒に暮らすことを目前に、ハルヲくんワニとの南国生活を夢見るユミちゃん。

 

 

ハルヲくん早く来ないかな。

 

 

 

さいごに。

岡崎京子さんの事故からはや22年の時が過ぎました。もしも、もしも岡崎京子さんが次に作品を作る日が来たとしたら、どんな作品をつくるんだろうかと考えた時に、全く違う話かもしれなくても、きっと『pink』みたいなキラキラした希望がある話をまたつくれるんじゃないかと思っています。

絶望的で暴力的で救いがない『ヘルタースケルター』『リバーズエッジ』ではなくて、地獄の中で岡崎さんを支えてくれた人たちの愛情と、透明な自分をもう一度見てきた岡崎京子さんなら、きっと、「希望」を描いてくれるはずだと思うのです。

 

わたしはそれが読みたい。

 

改めて『pink』を振り返ると、やっぱり、私が大好きなユミちゃん岡崎京子さんなのかもしれません。 いつか、南の国で会いたいですね。

 

コメント