Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

沖縄ガンガラーの谷は超穴場観光スポット!おしゃれケイブカフェも併設!画像充実!


沖縄本島での楽しみ方は色々ですが、せっかくはるばる来たのだし、ショッピングよりも沖縄の土地の独特の風景や大自然に触れたい!という方に穴場のおしゃれスポット「ガンガラーの谷」「ケイブカフェ」を是非お勧めしたいと思います。

心がワクワクするキラキラの思い出がつくれること間違いなし!「ガンガラーの谷」では是非ツアーをあらかじめ電話予約して大自然の探検を満喫してください♡

 

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」は超穴場観光スポット!家族でもカップルでも楽しめるパワースポット!

 

着いた途端に歓声が上がりそうなほどの大自然の舞台。入り口から物凄いインパクトのある「ガンガラーの谷」は、まだあまり多くには知られていない穴場充実スポットです!

 

 

「ガンガラーの谷」鍾乳洞のある洞窟沖縄の亜熱帯の森が合わさった空間を冒険できる充実のプランがあり、カップルでもファミリーでも楽しめるスポットです。

色々な神様や精霊が住んでいそうな、沖縄の大自然の神秘的な空気を体感できます。

 

 

「ガンガラーの谷」は特に他にも色々行きたい箇所がある方や、トレッキングをしたいけれど北側まで足を運ぶ時間がない、小学生の子供がいるから長時間のトレッキングは無理…という事情を抱えた方でも程よい拘束時間で大充実できる超おすすめスポットでもあります!

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」の鍾乳洞の中におしゃれ「ケイブカフェ」が併設!画像付

 

「ガンガラーの谷」は入り口に「ケイブカフェ」というおしゃれなカフェを併設しています。ツアー参加時間の前に早めに来て、お茶でもしながら洞窟の雰囲気をまず楽しむのがGood!ツアーは小集団でのスタートになる為、集合時間には遅れないようにしましょう。

 

 

ともかく、入り口からどこもかしこも凄い風景なので、きっと素敵な旅の写真が撮影できるはずですし、この大自然の中のおしゃれカフェ何ていったら、女の子はきっとみんな大喜びすると思いますよ。

 

管理人kira2
管理人kira2

彼女が喜ぶ場所をお探しの方はイチオシのスポット!!

 

 

洞窟の入り口には遺跡の発掘調査のエリアも一部あります。「ガンガラーの谷」は現在進行形で発掘調査と研究が進む、遺跡の中にあるスポットでもあります。ミステリーも現在進行形であるなんて不思議な感じがします。

 

◆「ガンガラーの谷」内の「ケイブカフェ」ランチ食事はできる?ドリンク・アイスなど

 

ツアー参加前の待ち時間に「ケイブカフェ」では軽食と飲み物が購入できます。ツアーは予約制なので、その時間より大幅に待たされるということはよっぽどの事情がない限りはないと思います。

 

 

「ガンガラーの谷」のエントランス近くにすぐに「ケイブカフェ」はあるので場所については大丈夫だと思います。ドリンクメニューが充実しており、沖縄らしいフルーティーでカラフルな品揃えです。

 

 

また、コーヒーが沖縄独自のコーヒーを提供する「35COFFEE」のものなので、特集なもののようです。

 

沖縄では有名な35COFFEEでした。『風化したサンゴ』を200度以上まで温めて、コーヒー生豆を焙煎するとのことなのです。
サンゴは県の漁業法にて県外への持ち出しが禁止となっている為、このような焙煎方法で出来たコーヒーは沖縄でしか飲めないと聞いたことがあります。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

コーヒーはそこまで物凄く何かが違うという印象は正直、ありませんでしたが(すみません)、娘が注文したカラフルドリンクはだいぶ甘かったようです。

 

 

 

ドリンクとアイスを一緒に頼んでしまうと、写真的には見栄えがいいのですが、ちょっと甘すぎちゃうかな??という印象なのと、ツアー参加時間が1時間を超える為、トイレの関係であまり多くの水分はとっておかないほうがいいかもしれません。

(私がツアーに参加した時には、参加者にはお茶が入った水筒が配られました。)

 

 

 

「ケイブカフェ」では軽食も注文できるようです。あまりそこまで多くの軽食メニューがあったという記憶はありません。

 

コロコロオムライス(ドリンク付き600円)

↓ ↓ ↓

 

 

こんなものも頼めるようです。

 

 

各テーブルにはこのような注意書きがあります。

 

ケイブカフェ天然の鍾乳洞です

鍾乳石は水滴で少しづつ成長しています。

 

頭上から水滴が落ちてくることもありますよ、というお知らせです。

 

 

カフェメニューは正直イマイチな(主観)「ケイブカフェ」なのですが(笑)、天然の鍾乳洞の中にあるカフェでお茶することなどなかなかできない体験ですので、それだけでもとっても特別な体験です。

 

 

それでも、ケイブカフェに立ち寄るだけだとガンガラーの谷」全体の魅力の10%に満たないかもしれません。

 

管理人kira2
管理人kira2

しつこいですが、ツアーは絶対参加した方がいいよ!という強めのオシです(笑)

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」の鍾乳洞と亜熱帯の森を旅できるオプショナルツアーが超おすすめ!

 

さて、強烈なオシを続けておりますツアーの説明を早速していきたいと思います。ガンガラーの谷はいくつかのゾーンに分かれており、全く違う印象の風景を探検するように楽しむことができます。

 

 

20人くらいの小集団と、現地のガンガラーの谷のガイドさんが1人付き、一緒に探検をしていくようなスタイルです。約所要時間は約1時間20分となっています。

 

 

ガンガラーの谷のツアーを長いと思うか短いと思うか時とそれぞれではあると思うのですが、

私の印象としてはあっという間の時間でした!80分もあったんだ!?という印象。体力的にも小学生でも大丈夫な位のもので、体力が必要な疲れるツアーではないです。

歩行距離は約1㎞ということです。

 

 

ツアーはケイブカフェのあったガンガラーの谷入り口のような鍾乳洞のゾーンからスタートします。

 

ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、豊かな自然が残る亜熱帯の森。谷の広さは約14500坪、歩行距離は約1㎞。足を踏み入れて初めて分かる、広大な太古の世界が広がっています。

 

 

洞窟のゾーンが過ぎたと思うと、一気に亜熱帯の森の大自然が迎えてくれます。

 

 

 

鍾乳洞と亜熱帯の森が融合した不思議な自然の造形物が多くみられます。

 

ここは太古の森

 

人工的に作られたアトラクションではなく、これがすべて沖縄の自然がつくり出したものだと思うと、本当に神様はいつも最も優れた芸術家だなあと感じます。

 

一歩森に踏み込むと、そこにはまるで、太古の森の中へタイムスリップしたかのような別世界が広がっています。木々の隙間から光が差し、夏でもひんやりとした空気が爽やか。普段あまり目にすることのないシダや、大きなガジュマルなどの植物が生い茂る森が広がります。

 

ツアーを誘導してくれるガイドさんが、ガンガラーの谷のお話をたくさんしてくれます。

 

ガンガラーの谷に息づく豊かな自然や、考古学的・民族学的にも価値ある場を守るために、また、訪れる皆さまに多くの体験・体感を楽しんでいただくために、谷の”旅”には専任のガイドがつきます。

見学や見物を超えて、いつしか谷の世界にのめり込む道のりは、まさに旅のひと時。ガイドツアーならではの収穫の多い体験にご期待ください。

 

 

ガイドさんがいてくれることで、色々な箇所についての興味が深くなり、体験しながらの学習ができます。考古学者になりたい!というお子さんも出てくるのでは!?

 

 

 

 

「ガンガラーの谷」にいる神々の中で、「この谷と森を太古より見守ってきた神様」と言ってもいい存在にこのツアーでは会うことができます。今もなお、息をして、私たちと一緒のこの世界で生き続けている神様です。

 

それがこちら

圧倒的な存在感に私たちは立ち尽くすことになります。

 

 

 

 

樹齢150年といわれる森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」

 

 

谷の森奥深くに進んでいくと、そこには樹齢150年と言われる森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」が佇んでいます。

見上げてもその先の枝まで見ることができない迫力には言葉も出ないほど。沖縄県内一の高さといわれている大主(ウフシュ)ガジュマルの圧倒的な存在感に、パワーを感じられずにはいられません。

写真を撮ることができるので、森の主と一緒に記念撮影をするのも良いでしょう。

 

 

ここでは私が訪れた時にはガイドさんが写真をそれぞれのご家族分撮影してくださいました。(ご厚意でそのガイドさんがやってくれたものかどうかは不明)

 

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

私はもともとガジュマルという樹がとても好きなのもあるのですが、本当に感動モノの風景ばかりでした。

 

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」のツアーは発掘調査中の「港川人」の遺跡や神秘的な異空間に出会える!

 

「ガンガラーの谷」の鍾乳洞と、亜熱帯の森の大自然だけで、だいぶお腹いっぱいなのですが(笑)、ここにはもうひとつ、最初にちらっとお話した「遺跡」の魅力もあります。

 

ガンガラーの谷ツアーにはこのような説明があります。

 

約1万8000年前に生きていた「港川人」の居住区としての可能性も高く、今も発掘調査が行われ、「自然」や「命」に思いを巡らせながら体感していただくことをコンセプトにしています。

 

港川人!?

 

 

港川人に関するいくつかの遺跡はすでに見つかっており、現在も発掘調査は進行中のようです。

洞窟で暮らしていた民族となるとだいぶ原始的な時代の遺跡ということになりますね。

 

ここにも人類という自然の、太古のロマンがあった!!

 

 

 

なかなか一般人はこうした遺跡の発掘現場など入れる機会もないので、ここで現在も新しい発掘の結果が日々更新されていることにも不思議な感覚がします。

 

また、ツアーの最後に訪れる「武芸洞(ぶげいどう)」では、遺跡発掘調査の詳細や状況、港川人の歴史などの解説を聞くことができます。この武芸洞からは、数多くの化石や土器、石棺に入った人骨などが発掘され、7千年前から人類がこの洞窟で生活していたことが証明されています。

実際に発掘された場所で聞くとロマンを感じられるのではないでしょうか。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

もし、ここに自分が住んでいたら…なんてイメージしてしまいますね。

 

 

 

ターザンと一緒に毎日ハブと闘って、こんなところで暮らしてみたかったですね。(かなり過酷なんでしょうが…)

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」ツアー参加の注意事項、夏季・冬季の服装、トイレは?

 

少し話は戻りますが、「ガンガラーの谷」を目指して到着すると、洞窟の方へ行く前にこんな風景が広がっているエリアがあります。この辺りで先にトイレを済ませておくことが大事です。(トイレありますw)

 

 

ここから「ガンガラーの谷」の洞窟の入り口に到着するまでには少し歩くので、後になってトイレに戻るのは結構大変だと思います。

 

 

「ガンガラーの谷」ツアーでは鍾乳洞の中や、森の中を歩くのと、足元が岩場のようなところもあったと思うので、服装は靴は動きやすいものを選んで行ってください。

 

あと「ガンガラーの谷」のサイトにはこのような注意事項の記載がありました。

 

予約時間の15分前集合!

 

歩道が整備されておりますが何箇所か階段がございます。
車椅子・ベビーカーでの参加はご遠慮いただいております。
ツアー出発時にお茶をお配りしております。
ツアーへの飲食物のお持込はお控え下さい。
ツアー中トイレがございません。予めお済ませ下さい。
谷内の動植物等は持ち出したり動かしたりしないようお願い致します。
谷内は禁煙です。
ペット同伴での入場は出来ません。

 

その他に、

冬季に関しては気温の変化がある為、風を通さないウィンドブレーカーの着用がすすめられており、

夏季に関しては虫刺されの防止のため、長袖・長ズボンがいいと記載されていました。夏は虫よけをした方がいい場合もあるかもしれません。

 

「ガンガラーの谷」ツアーについてのその他注意事項は、担当のガイドさんがお話してくれます。

 

◆「ガンガラーの谷」のオプショナルツアーは小雨でも決行!要予約。所要時間・料金・割引は?

 

私がガンガラーの谷へ最初に行ったときは実は「小雨」で、中止になるのではないかと懸念していましたが、多少の雨程度であれば決行するようです。(ガイドさんがちょっと濡れてしまってかわいそうなのですが…)

 

小雨でも決行されました!

(※状況に応じて対応は異なると思いますのであらかじめご了承ください。)

 

 

 

 

「ケイブカフェ」の横のショップに100円簡易のレインコートも販売されており、私の場合は家族誰も持っていなかったため、全員分が安価で購入でき、とても助かりました。但し、売り切れ等も発生するかもしれないので、もしお持ちであれば持参した方が確実かもしれません。

 

 

 

こちらが私がガンガラーの谷へ行った小雨の回「大主(ウフシュ)ガジュマル」です(笑)

 

なかなかこれはこれでいいでしょう??

 

雨に濡れた「大主(ウフシュ)ガジュマル」も神秘的で素敵でしたし、霧のような空気がずっと森に立ち込めていたので、なんとも言えない神秘な空気で、小雨は小雨で素敵でしたよ。

 

管理人kira2
管理人kira2

ただ、女性ガイドさんが仕事とはいえとても大変そうでした…。

 

ツアーは要予約です。年中無休。

 

 

ツアー参加には前日17:00までのご予約が必要です。

定員に空きがある場合は、当日のご予約もお受けいたします。
当日の空き状況は直接お電話にてご確認ください。

 

ツアーは約1時間20分で出発時刻は

①10:00

②12:00

③14:00

④16:00

です。

 

 

ガンガラーの谷ツアー料金はツアー中の飲物、保険料、諸費用、ガイドさん付の合計料金となります。

 

まず、保護者同伴の中学生以下は無料!!

 

管理人kira2
管理人kira2

太っ腹!!

 

 

20名以上の団体は団体割引として1人500円も割引になります!

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」参加者口コミ・JTBなど旅行会社パックなら、バスで行けて便利!?

 

JTBの「ガンガラーの谷」を含むツアーが充実していて安い!

 

 

 

参考としてご紹介するのが、

首里城→ガンガラーの谷→世界遺産の斎場御嶽(せいふぁうたき)→ファーマーズマーケット糸満を周るツアーで1人4500円(税込)というものがありました。(ガンガラーの谷入場料込)

 

 

管理人kira2
管理人kira2

これであれば、車でなくても安く気楽に行けそうですね。

 

 

ガンガラーの谷の気になる口コミはと言うと…

 

 

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

どの世代の方にも楽しめる空間のようです。

◆沖縄「ガンガラーの谷」+セグウェイツアーは「おきなわワールド」へ移動もついている

 

こんなガンガラーの谷に関するツアーも別にあるようです。

 

■■■ガンガラーの谷+セグウェイツアー■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ガンガラーの谷を徒歩で移動した後にセグウェイでガイドと一緒におきなわワールド内を移動します。

 

16歳以上でないとNGとなる為、年齢制限に引っかからなければ、こちらも楽しそうですね。

 

 

30分のセグウェイがついただけで参加費用が倍以上になるので、ちょっとどうなのかな??というところなのですが…。

 

【セグウェイ搭乗規約】
・年齢 16才以上・体重45kg〜118kg
・階段を上り下り出来る体力がある方
・飲酒されていない方
・妊婦の方はご遠慮下さい。

【ツアー コンセプト】
・太古の時代から未来までの時間旅行の体験

【料金/内容/定員】
・お一人様  ¥5,250円
・所要時間  約2時間(ガンガラーの谷ツアー:80分、セグウェイ:30分)
・定 員    8名

 

本来はガンガラーの谷(80分 2,200円)+セグウェイツアー(30分 3,500円)で合計5,700円のところが、5,250円となる、450円お得なプランなのだそうです。

 

管理人kira2
管理人kira2

私はセグウェイやめて、ガンガラーの谷に2回行く方がいいなー(笑)

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」のお土産がユニークでおもしろい

 

ガンガラーの谷の最初のケイブカフェの洞窟スペースには、小さいですがガンガラーの谷のお土産スペースがあります。

 

 

そこには「ガジュマロの樹の苗木」が売っていたり、「古代人の胸毛」が売っていたり、「港川人Tシャツ」があったりと、お洒落でユニークです

 

◆沖縄「ガンガラーの谷」内の「ケイブカフェ」ではイベントパーティも

 

「ガンガラーの谷」ケイブカフェでは、イベントパーティもたまに予定されており、音楽会などが開かれているようです。

 

 

会場が素敵なので盛り上がりそうですね。

 

 

こんなパーティ行ってみたいですね。

 

 

管理人kira2
管理人kira2
 

洞窟ダンスパーティが定期的にあればいいなあと思います。

◆沖縄「ガンガラーの谷」「ケイブカフェ」へのアクセス

 

「ガンガラーの谷」「ケイブカフェ」は有名な観光スポットである「おきなわワールの向かいにあります。

 

 

 

沖縄本島の南側、空港からさほど離れていない場所にあるスポットなので、最終日の余裕のある時間帯もいいかもしれませんね。自宅に帰った後に、今日、あの自然の中にいたんだよなあ…なんて不思議な気分に浸れそうです(笑)。

 

 

那覇空港から車で約30分

沖縄自動車道 南風原南ICで下りて約10分 観光施設「おきなわワールド」 入口向かい。

 

 

車で行かれる際はナビに「おきなわワールド」を入力すると分かりやすいかもしれません。

 

 

ガンガラーの谷ツアーの集合地点ケイブカフェのある洞窟スペース内(同スペース)の奥になりますので気を付けてください。

 

 

周辺にはガジュマルの樹がたくさんあって、私たちを迎え入れてくれます♡

 

管理人kira2
管理人kira2

では、良い太古の旅を!

 

高須克弥 (高須院長)の彼女漫画家・西原理恵子の出会い・関係は?遺言もある!?
今回は女性として、豊かで幸せにキラキラ生きることに、それこそ人生をかけて戦い抜いてきた西原理恵子さんのエネルギッシュで幸福力に満ちた考えを今回は分けていただこうと思います♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました