Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

奥村チヨの引退理由に「恋の奴隷」の苦悩を支えた夫・浜圭介の新曲!


「和製シルヴィ・ヴァルタン」として’60のキューティカルチャーに彩りを添えた奥村チヨさんが2018年の年内で芸能活動を引退されました。「どうぞぶってね。」とおねだりする姿は当時の男性の心を鷲掴みにし、戦略的なあざとさで魅了しました(笑)。

しかし、その裏には大ヒットの裏側に隠された、奥村チヨさん本人しかわからない葛藤と苦悩の若い時代があったようです。今回はそんな奥村チヨさんの若い頃の苦悩と、それを支えた夫・浜圭介さんとの関係、引退理由について調べました。奥村チヨさんからも色々な幸せのキラキラヒントをいただいていきましょう!

 

 

  1. ◆奥村チヨが現在は芸能界引退!引退理由は年齢!?
    1. ◆引退理由?現在の奥村チヨの年齢は?顔シワシワってホント?写真画像あり
    2. ◆引退直前の奥村チヨが若い!美川憲一のはなむけの言葉が告白!?
    3. ◆奥村チヨ引退理由について所属事務所からのコメント
    4. ◆奥村チヨは引退へ向け、ファンへの感謝のお手紙と引退理由を書いていた
    5. ◆奥村チヨの引退卒業CDアルバムは夫・浜圭介の渾身の作品『ありがとう ~ サイレントムーン 』
  2. ◆奥村チヨは若い頃「和製・シルヴィ・ヴァルタン」と呼ばれるほど可愛かった!?写真
    1. ◆奥村チヨは若い頃キューティー世代の象徴的存在!「和製シルヴィ・ヴァルタン」と呼ばれていた!写真
    2. ◆1965年 奥村チヨ「あなたがいなくても / 私を愛して」で東芝からデビュー! 若い時は人気絶頂の「東芝3人娘」だった
      1. ◆1965年 奥村チヨ「ごめんネ…ジロー」/「愛してるから」
      2. ◆1967年 奥村チヨ「北国の青い空」
  3. ◆奥村チヨを苦悩に陥れた若い頃の大ヒット作品「恋の三部作とは?」
    1. ◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1969年「恋の奴隷」
    2. ◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1969年「恋泥棒」
    3. ◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1970年「恋狂い」
  4. ◆1971年 奥村チヨ「終着駅」でイメージ脱却!夫・浜圭介の曲でレコード大賞作詞賞も受賞!
  5. ◆1974年 奥村チヨ「終着駅」作曲が馴れ初めで夫・浜圭介と結婚!子供は?
  6. ◆1993年 奥村チヨの「恋の奴隷」に再ブームが起こる!
    1. ◆奥村チヨの「恋の奴隷」ブーム再来にみうらじゅんが一役買っていた?
  7. ◆奥村チヨ引退にあたって、旦那さん・浜圭介からの手紙

◆奥村チヨが現在は芸能界引退!引退理由は年齢!?

 

高校在学中のCMソングデビューからご活躍されていた奥村チヨさんが2018年1月6日に引退を発表され、2018年の12月末日いっぱいで芸能界で引退されました。

 

奥村チヨという一世を風靡した歌手が引退。

 

 

 

 

奥村チヨさんの引退は事前に発表されていましたが、長い歌手人生を続けてこられていたため、引退理由が話題となりました。

 

 

◆引退理由?現在の奥村チヨの年齢は?顔シワシワってホント?写真画像あり

 

現在、奥村チヨさんの年齢はというと、1947年生まれですので2019年に72歳となります。

 

 

 

 

一部で奥村チヨさんの現在の顔がシワシワなんて書かれていますけれども、2019年で72歳ですよ????むしろ、不自然なくらいシワがないんですけど・・・。

 

年齢がひとつの引退理由とも言われていた奥村チヨさんでしたが、それとは別に奥村チヨさん自身の中で引退に際し、本人が納得できる条件や、美学に即した環境も揃っていたというお話があります。

 

◆引退直前の奥村チヨが若い!美川憲一のはなむけの言葉が告白!?

 

芸能活動を引退するというニュースを発表した際に奥村チヨさんが出演されたテレビ番組でのお姿がこちら。とてもお綺麗です。

 

 

 

 

美川憲一さんからはこの奥村チヨさん引退についてのニュースに当たって、こんなメッセージも贈られています。

 

 

親友の歌手・美川憲一(72)がVTR出演し

「私は奥村チヨの大ファンだった。浜さんとの結婚は大ショックでした。チヨちゃんだったら結婚してもいいかなと心の中にあった。」

と告白。

「引退するのはもったいないけれどチヨちゃんの決断ならいいんじゃないの。」

奥村チヨの引退の美学を後押しした。

 

 

まさか美川憲一からの告白(笑)

 

 

引退する時期になっても、奥村チヨさんという人は、なお愛情を注いでもらえる魅力がある方なんですね。こんな風に長年にわたり愛してもらえるような女性としての何か大事なものをお持ちだったことが分かります。とても羨ましいことですね。

 

 

ちなみに当時の美川憲一さんがこちら。

 

 

若かりし頃の美川憲一

 

 

今よりもだいぶ男性的!(笑)

 

 

管理人kira2
管理人kira2
 
 
 
 

奥村チヨさんの身長は158センチだそうです。

 

 

◆奥村チヨ引退理由について所属事務所からのコメント

 

公にされている情報としては、所属事務所が奥村チヨさんの引退理由についてのFAXを報道各社に送信しています。

 

 

 

 

引退にあたって奥村チヨが考えていたこと

 

 

事務所によると引退理由は「歌手として引き際が肝心と彼女独自の美学に基づいての決断になります。」としていた。

 

 

事務所の発表の引退理由は「引き際が肝心とする彼女の美学を尊重」という少し抽象的なニュアンスですね。「引き際」として理想の形が奥村チヨさんには確固とした理想があったようです。

 

 

◆奥村チヨは引退へ向け、ファンへの感謝のお手紙と引退理由を書いていた

 

奥村チヨさん自身も「ファンの皆様へ」と題したコメントをサイトで発表しています。

 

 

 

 

ファンへの手紙には新曲の話が盛り込まれていた。

 

 

私、奥村チヨは1月24日発売のアルバムに新曲“サイレントムーン”を入れ今年いっぱいで歌手活動を卒業する事を決心致しました。

今迄ファンの皆様そしてスタッフの皆様にささえられいつも元気を頂き、本当に楽しくお仕事をさせて頂き大変幸福でした。

 

 

「大変幸福でした」という奥村チヨさんの感謝の言葉がとても心に残ります。歌手としての現役時代を締めくくる最後の曲が新曲の「サイレントムーン」という名前のものだということも分かりました。

奥村チヨさんの手紙は続きます。

 

 

また、デビュー以来多くのヒット曲にも恵まれ、さらに私が40才代の時には“恋の奴隷”の歌と共に私のファッションもとても若い方々に気にいって頂き最高にハッピーでした。

 

 

最高にハッピーでした。

 

 

奥村チヨさんは40歳の時に改めて「恋の奴隷」やそれを歌う奥村チヨさんの存在自体を若い人々に愛してもらえたことに対し、とても感動していたようです。

 

 

 

 

歌だけでなく奥村チヨさんの存在が発信となって、時代のひとつの色、存在感を改めて新しい時代に残せたことに対して、非常にハッピーだったと振り返っています。キューティー世代として人気でしたね。

 

 

この感動の背景に「恋の奴隷の」呪いがあった。

 

 

後述しますが、奥村チヨさんは大ヒット曲に恵まれながらも、そのインパクトの強さで若い時代は歌手として、苦悩の多い人生を過ごされていたようなのです。

 

 

私は人生はいつも引き際が大事だと思い、本当は2014年に母が亡くなった時にもう完全にやめようと思っていたのですが、ついつい私の好きな作品とめぐり会ってここ迄来てしまいました。

 

 

奥村チヨさん自身の言葉の中から、引退理由のひとつが出てきました。お母さんが亡くなった時に最初に「やめよう」と思っていたということですね。

 

 

しかし、「そのようなやめ方ではいけない、自分の好きな感動できる歌に出会ったら、その時にやめよう」そんな風に奥村チヨさんは考えていたとのことでした。

 

 

 

 

 

感動できる歌に出会ったら引退しよう。

 

 

私自身の事よりも、今迄応援して下さったファンの皆様の事を思えば大変心が痛みますが、長年に渡り今迄熱いエールを送り続けて下さり、心から御礼と感謝を申し上げます。

 

 

今まで支えて下さったファンの方々に対して、感謝と引退することで今後奥村チヨさんの活動がなくなることへの配慮をされています。

 

 

 

 

引退を決めたということは「感動できる曲」に出会えた?

 

 

そして最後に私は感動できる歌にめぐり会いました。“サイレントムーン”この歌で卒業したいと思います。長い間本当にありがとうございました。

 

 

引退曲は「サイレントムーン」

 

芸能活動最後の引退作品として「サイレントムーン」を大変奥村チヨさんご自身が気に入っているというお話をされています。

 

 

 

 

「芸能活動をやめる為の納得できる曲」奥村チヨさんは出会えたということなのでしょう。

これが奥村チヨさんの引退に関する第一報でした。

 

 

 

 

その後、奥村チヨさんの引退情報が流れてからいくつかの番組に出られたようですが、「ごごナマ」の放送内では改めてこのようなお話をされています。

 

 

現在は主婦としてマイペースに生活を送りながら引退に備えています。

 

 

奥村チヨさんは主婦としても、マイペースな生活も大事にされていることが分かりますね。デビューしてからの若い頃は奥村チヨさんはとても忙しい時代が続き、睡眠時間2時間というときもあったといいます。

 

 

 

 

総合的にみると、奥村チヨさんはこれまでの芸能界での活躍を振り返り、自分自身の芸能界での人生に満足し、充足できたということ、それを支えてくれたファンの方々への感謝がありました。

 

 

あとは奥村チヨさん自身の年齢を考えた時におそらくですが、自分と共に歳を重ねてきたファンの方々ももうかなり高齢になっているはずだというところで、お互いにゆっくり余生と向き合って過ごした方がいいのではないか、という、そうしたファンへの配慮や愛情から決心されたのかなと思います。

 

 

◆奥村チヨの引退卒業CDアルバムは夫・浜圭介の渾身の作品『ありがとう ~ サイレントムーン 』

 

奥村チヨさんが歌手卒業引退のラストを飾るベストアルバムとして発売したのが『ありがとう ~ サイレントムーン 』という奥村チヨさんの夫・浜圭介さんの渾身の作品をレコーディングしたものだということです。

 

 

 

 

最後の新曲として「サイレントムーン」が入っているほか、最後のベストアルバムとして、1960年代~70年代のヒット曲を入れたアルバム構成となっているそうです。

 

 

なにより、ご夫婦で一緒に最後のアルバムを制作されたというのがとてもしあわせで羨ましいですね。奥村チヨさんの夫・浜圭介さんは、奥村チヨさんの若い頃、苦悩の時代に歌手として生き残るための光を注ぎ込んでくれた人だったようです。

 

 

 

 

若い時代、暗闇に光を注ぎ込んでくれたのは夫・浜圭介だった。

 

 

いったい、奥村チヨさんの若い時代の苦悩とはいったい何だったのでしょうか?また、奥村チヨさんの夫・浜圭介さんとはどんな方なのでしょうか?

 

 

◆奥村チヨは若い頃「和製・シルヴィ・ヴァルタン」と呼ばれるほど可愛かった!?写真

 

それでは早速、奥村チヨさんの若い頃の可愛い写真の数々と発売された新曲などを見ていきたいと思います。

 

◆奥村チヨは若い頃キューティー世代の象徴的存在!「和製シルヴィ・ヴァルタン」と呼ばれていた!写真

 

若い頃の奥村チヨさんの写真を探していきましょう。「和製シルヴィ・ヴァルタン」として’60のキューティカルチャーに彩りを添えた奥村チヨさん。キューティー世代の特集では必ずと言っていいほど奥村チヨさんの名前が登場します。それほど若い人たちに大きな影響力があったということですね。

 

 

 

 

和製シルヴィ・ヴァルタン

 

そもそもシルヴィ・ヴァルタンてだれ??という方もいらっしゃると思いますのでご紹介すると、フランスの歌手でハスキー・ヴォイスと容姿やファッションで一躍若者のアイドルとなった、キューティカルチャー代表格のカリスマ的女性です。

 

 

 

シルヴィー・ヴァルタン

シルヴィー・ヴァルタン

 

 

管理人kira2
管理人kira2
 

かわいいっ!(〃艸〃)

 

 

奥村チヨさんも舞台は日本になりますが同じように歌だけでなく、ファッション、メイク、「存在自体」が若い世代に大きな影響を与えました。ご本人もそのことについてファンへの「お手紙」で語っていましたね。再度見てみましょう。

 

 

 

 

最高にハッピーでした。

 

 

奥村チヨ また、デビュー以来多くのヒット曲にも恵まれ、さらに私が40才代の時には“恋の奴隷”の歌と共に私のファッションもとても若い方々に気にいって頂き最高にハッピーでした。

 

 

よく見ると、奥村チヨさんは最初にブレイクを果たした60年、70年代ではなく、2回目にブレイクした時のことを特に語っています。これがどうやら奥村チヨさんの若い頃の苦悩を知るうえでキーワードになるようです。

 

 

新しい時代において、

改めて受け入れられたことに対する喜びが非常に強かった。

 

 

奥村チヨさんもそうしてまるっと存在を認めてもらえた実感があったことが最高にハッピーだったということなのでしょう。とても幸せなことですよね。奥村チヨさん自身も苦悩と真剣に向かっていたからこそ、しあわせの感度が高かったのかな?と思います。

 

ここからは奥村チヨさんが若い頃に抱いた苦悩について迫っていきたいと思います。

 

 

◆1965年 奥村チヨ「あなたがいなくても / 私を愛して」で東芝からデビュー! 若い時は人気絶頂の「東芝3人娘」だった

 

下の写真の一番右側が奥村チヨさんです。小悪魔な笑顔に独特の色気とカッコよさを感じますね!

 

 

 

 

確かにかわいい!奥村チヨ!

 

 

奥村チヨは高校卒業後の1965年に東芝から「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビュー。和製シルヴィ・ヴァルタンとして売り出され、コケティッシュな魅力と甘えた歌い方でたちまち人気を集めます。

 

 

東芝からデビューした、人気絶頂3人娘です。奥村チヨさん・黛ジュンさん・小川知子さんと共に『東芝3人娘』と呼ばれ、当時の東芝が誇る人気歌手3人となりました。世間でも人気を博していきました。

 

 

 

 

ファッション誌を見るかのような3奥村チヨさん・黛ジュンさん・小川知子さん人のモダンな服装も素敵ですね。

 

 

◆1965年 奥村チヨ「ごめんネ…ジロー」/「愛してるから」

 

奥村チヨさんの初期大ヒット曲になります。デビュー年だけに爽やかな笑顔。こちらのB面の「愛してるから」

 

 

 

 

髪型や服装によって、奥村チヨさんの印象も随分違っているのが面白いですね。

 

 

◆1967年 奥村チヨ「北国の青い空」

 

こちらも奥村チヨさんの1967年のヒットソングだそうです。

 

 

 

奥村チヨさんのハイカラなイメージが高度経済成長期のモダンな雰囲気を醸し出しています。ここまでの若い時代の奥村チヨさんは順調に歌手として人気を得てその名が知られていったようです。

 

 

◆奥村チヨを苦悩に陥れた若い頃の大ヒット作品「恋の三部作とは?」

 

ここから奥村チヨさんを苦悩に陥れる時代に突入します。きっかけとなったのは奥村チヨさんの最大のヒット曲群と言われる「恋の三部作」でした。奥村チヨさんの「恋の奴隷」を初めに「恋泥棒」「恋狂い」の三作を合わせてこう呼ばれているそうです。

 

◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1969年「恋の奴隷」

 

「恋の奴隷」がミリオンセラーを記録

 

 

 

 

悪い時は どうぞぶってね

 

 

名実ともにトップスターの座へ

これが奥村チヨさんの代名詞となります。過激な歌詞からも男性にとことん尽くす従順なイメージを刷り込みされてしまい、奥村チヨさん本人も熱烈な男性からのストーカー被害を受けることになります。栄光の陰にあった苦しみの時代を生むことになったということでした。

 

 

あなた好みのあなた好みの女になりたい

 

 

タイトルもタイトルですが、今だったら放送どころか販売禁止になりそうな歌ですね(笑)奥村チヨさんの、代表曲「恋の奴隷」が男性に従属的な歌詞であったため、奥村チヨさん自身は歌うことをためらっていたといいます。その時のことを奥村チヨさんは自叙伝の中でこのように話しています。

 

 

だって、歌詞の内容が実際の私とは正反対だったし、男の人に媚びるような女性は私としてはとても苦手だったんです。

恋の奴隷=奥村チヨという間違ったイメージが付きまとうのがたまらなくイヤでした

 

 

その想いとは裏腹に、奥村チヨさんの「恋の奴隷」はその年日本全国で大ヒットし、有線放送大賞受賞。年末の紅白歌合戦にも初出場を決めます。歌手としてひとつの登竜門でもある紅白歌合戦はとても名誉なことでしたが、その出場に際してもこのようなことが裏では起こっていたそうです。

 

 

初めてNHK紅白歌合戦に出演するが、「恋の奴隷」の歌詞の一部がNHKの内部規則に抵触することを回避するために「恋泥棒」を歌った。

 

 

代わりに奥村チヨさんが歌った「恋泥棒」が、「恋の三部作」と言われる作品の二作目となります。

 

 

◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1969年「恋泥棒」

 

NHK紅白歌合戦側としては、公序良俗と、幅広い年代が視聴していることを意識して奥村チヨさんの歌う楽曲の歌詞変更を依頼していたようでしたが、それでは曲が変わってしまうという作家の意向から「恋泥棒」へと変更されたという話もあったようです。

 

 

初めてNHK紅白歌合戦出場も果たします。NHKでは内部規則により「恋の奴隷」の歌唱が禁じられていました。その為、紅白では「恋泥棒」を歌いました。

 

 

いけないことだと 言われていたの

 

 

 

 

いずれにしても、当時の時代の方向性とは逆行する、従属的な女性イメージ「恋泥棒」にも健在しており、奥村チヨさんはその「求められている刷り込みのイメージ」「それとは異なる自身の人間性」との乖離に悩まされていくことになります。

 

 

許してみたけど知らぬ間に

二度が三度にたび重なって

 

 

 

 

「恋泥棒」においても奥村チヨさんはヒットの大きな理由にもなっている「求められている刷り込みのイメージ」を必死で演じ、奥村チヨさんの代名詞ともいえる小悪魔的で、官能的な魅力を醸し出すことを意識していたようです。終始、甘ったるい声で「恋泥棒」を熱唱しています。

世の男性はすっかり、奥村チヨの虜となってしまったといいます。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

私もこの歌い方は好きですね~(笑)

 

 

官能的で従属的な女性のイメージ

 

 

 

 

こうして奥村チヨさんには独特の官能的な魅力が全面的に加わっていきます。ただ、これは商品戦略として事務所に与えられた偽りのものだったようです。とにかく歌詞の破壊力がスゴイですね(笑)。奥村チヨさんが歌っている姿はとってもキューティです!(笑)かわいいなあ~。

 

 

◆若い頃の奥村チヨの苦悩「恋の三部作」:①1970年「恋狂い」

 

「恋の三部作」の最終となりましたが(笑)「恋狂い」でも奥村チヨさんの官能っぷりが爆発しています(笑)日活ロマンポルノ的な昭和のエロスとでもいいましょうか。

 

 

 

 

「恋狂い」になると出だしから歌詞が凄いです。

 

 

これ以上じらすのは止めて

 

確かにここまで奥村チヨさんのイメージを極端に官能的路線に振り切られてしまうと、乖離があればあるほど、その世界からの誤解されたままのイメージに苦しんだというものも分かる気がします。また、ストーカーの被害もだいぶ奥村チヨさんの精神を追い込んだようですね。

 

 

当時は自宅周辺にまで付きまとうファンが多く出現したことから悩まされていたという。

 

 

今でこそ、犯罪として認識が確立している「ストーキング」ですが、当時は奥村チヨさんファンの追っかけの延長くらいにしか思ってもらえなかったでしょうし、当時の奥村チヨさんのイメージがイメージであることから危険も多く、大変な思いをされたでしょうね。

 

 

 

◆1971年 奥村チヨ「終着駅」でイメージ脱却!夫・浜圭介の曲でレコード大賞作詞賞も受賞!

 

奥村チヨさんが自身のイメージを脱却し、歌手引退も辞さない強い希望で実現に至った曲「終着駅」も40万枚の大ヒットとなりました 。作曲した現在の夫・浜圭介さんも、作曲家として息を吹き返すきっかけとなった一策となりました。

 

1971年 「終着駅」

 

 

 

引退も覚悟の上で臨んだ奥村チヨさんチャレンジがまた大ヒットとなり、その手助けをしてくれた現在の夫・浜圭介さんにとっても作曲家としての転機となったようで、二人は意気投合したようです。

 

 

◆1974年 奥村チヨ「終着駅」作曲が馴れ初めで夫・浜圭介と結婚!子供は?

 

これが、ご縁で奥村チヨさんと夫の浜圭介さんの二人は1974年に結婚されます。結婚後、奥村チヨさんは芸能界の一線からは一旦退き、1980年に「せめてさよならは…」をリリースし歌手活動を再開するまでは専業主婦として生活していたそうです。

 

 

 

 

君は芸術品だから、ただそこに居てくれるだけでいい。

 

 

夫から、君は芸術品だから、ただそこにいてくれるだけでいい、といわれています。

 

 

インタビューで奥村チヨさんはこう語っていました。ともかく、とても夫の浜圭介さんから愛されているようですね。こちらのセリフ、実はそういわれるだけの理由もあったようで・・・こんな話がありました(笑)。

 

 

それまで家事をしたことが無かった奥村チヨさんは洗濯機の使い方も分からなかったんだとか。

 

 

そゆこと(笑)!?

 

 

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2
 

私も石膏像と暮らしています。

 

 

おしどり夫婦の奥村チヨさんと夫の浜圭介さんですがお二人の間にお子さんはいないようです。

 

 

しかし、子育てはたくさんしたようで。

 

 

奥村チヨさんが夫を決める時、保護猫を飼って欲しいと連れて行ったら、浜圭介氏はその保護猫を飼う事に同意した。

彼女の親友、佐良直見さんいわく「彼は優しい人だという証し。」そして二人は結婚。その後50匹頭近い地域猫の避妊手術をしたそうです。感謝!

 

 

奥村チヨさんと浜圭介さんご夫婦二人で一緒に何かをやっていけるということはとても幸せなことですね。お子さんがいるいないではなく、夫婦にとって大事なのはお互いの存在を感じながら、同じ方を向いて生きるという事なのかな?と感じます。

 

 

 

 

奥村チヨさんと浜圭介さんご夫婦は とにかくおしどり夫婦であるということでとても有名です。少なくとも猫ちゃんのお父さんとお母さんではありますし、歌手と作曲家としていつもいろいろな角度から同じ方向を見ていられたことが仲良しの理由なのかなと思いました。

 

奥村チヨさんと浜圭介さんご夫婦は結婚後、芸能活動を一時中止している時期もありましたが、結婚から6年後にあたる1980年に奥村チヨさんは「せめてさよならは・・・」をリリースして歌手活動を再開されています。

 

 

1980年に「せめてさよならは・・・」

 

 

 

ここからの奥村チヨさんの活動はディナーショーなどのステージを中心に、マイペースな活動となりました。忙しく、睡眠時間もままならなかった若い頃の働き方を経験していたので、自身にとって一番いい活動のペースを奥村チヨさんは知っていたのでしょう。

 

 

◆1993年 奥村チヨの「恋の奴隷」に再ブームが起こる!

 

1990年代半ばまでには都市部を中心に60年代や70年代ファッションや音楽、文化が再度若者に支持され、一大ブームを起こします。

 

 

 

「恋の奴隷」にも再ブーム到来。

 

1993年には、60年代ブームに乗って「恋の奴隷」が再ヒットしました。個性的なスタイルと、時代を先取りしたファッションにも注目が集まり、新しい若い世代のファンも数多く獲得しました。

 

 

 

昔とは一転、女性からの支持が大半に!

 

 

◆奥村チヨの「恋の奴隷」ブーム再来にみうらじゅんが一役買っていた?

 

どうして、奥村チヨさんの話に「みうらじゅん」さんの名前が出てくるのかな?と最初不思議だったので調べてみたところ、みうらじゅんさんは奥村チヨさんにとって非常に大事な人でした!

 

 

キーパーソン。みうらじゅん。

 

 

 

 

みうらさんはいつもの他の個性的ブームと同様に個人的に1993年に第二期奥村チヨブームをむかえられまして(笑)、そこから熱心に奥村チヨ布教活動を続けたことで翌1994年に奥村チヨさんのアルバムが再発売にまで持っていった方だったのです。(しかも自分が選曲w)

 

 

 

 

みうらじゅんは奥村チヨの大ファンだった!

 

 

奥村チヨのファンを自認するマンガ家・イラストレーターのみうらじゅんが選曲し、1994年に発売された。

1965-1971年頃の曲を中心に40曲を収録。奥村チヨのなまめかしくも …1965年にデビューした女性歌手、奥村チヨの編集盤(2枚組CD)。奥村チヨのファンを自認するマンガ家・イラストレーターのみうらじゅんが選曲し、1994年に発売された。1965-1971年頃の曲を中心に40曲を収録。

 

 

奥村チヨさんにとっても、この1990年代の再ブームの到来によって、若い頃に抱いていた「恋の奴隷」からの精神的な苦悩、呪縛を克服できたように思います。最終的に奥村チヨさんがいい形で浄化できたきっかけを作ったのがまさかみうらじゅんさんだったとは!

 

 

やるじゃん。みうらじゅん。

 

 

1993年に流行したときには、奥村チヨさんの全盛期、つまり’60年代の流行時とは異なり、多くの女性ファンに羨望の眼差しで受け入れられたことから、長く苦しめられてきたこの歌への気持ちも大きく変化したのではないかと想像します。

 

 

新しい時代の「女性たち」に受け入れられたこと。

 

 

これが、奥村チヨさんのトラウマであった「恋の奴隷」の呪縛を20年もの長い年月をかけて完全に浄化させることができたきっかけとなったようです。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

こんなに幸せな結末になるなんて、奥村チヨさん自身もとても感動したでしょうね。

 

 

◆奥村チヨ引退にあたって、旦那さん・浜圭介からの手紙

 

 

今回の奥村チヨさん引退に当たって、夫であり作曲家の浜圭介さんから奥村チヨさんへ感謝の手紙が届いたとのことでした。

 

 

「私も歌手・奥村チヨのファンの一人。¨終着駅¨が聴けなくなるのは寂しいがそれはあなたが決めたこと、お疲れさま」

と素直に妻の引退を受け入れる心情を吐露していた。

 

 

奥村チヨさんの芸能生活が終わるまでずっと、支えてくれた夫・浜圭介さんは「終着駅」を楽しみにするファンのひとりだったのですね。おそらく、ご自身が作られた「終着駅」をここまで大切に歌い続けてきてくれてありがとう、という気持ちもあったことでしょう。素敵なお話ですね。

 

 

 

 

いかがでしたか?日本中の男性を虜にした奥村チヨさんの従属的かつ官能的な女性イメージは事務所から押し付けられた偽りの姿であったことで、奥村チヨさんご本人もとても苦しめられる時間が多かったことが分かりました。

 

 

ただ、奥村チヨさんは全く同じ歌詞の1曲が20年余りの時を経て、今度は女性の心を鷲掴みにすることも経験をしました。曲は自分を苦しめた曲と何一つ変わらないのに、今度は奥村チヨさんをとてもしあわせにしてくれるものに変わっていました。

変わったもの、それはいったい何だったのでしょうか?それがきっと幸福というものの素なのでしょうね。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

今回もたくさんのしあわせ成分をいただけた回となりました。奥村チヨさん引退されてもお元気で素敵な余生をお過ごしください。

 

https://orionfdn.org/okumurachiyo-biyou/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました