Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラックジャックとピノコ最終回関係は?白血病にも!?最後結婚できる?

●キューティー/かわいい 属

愛されキャラとして模範的な女の子『ブラック・ジャック』ピノコちゃん。男性からも女性からも絶大な人気を誇っているかわいさのスペシャリストです。真っすぐに思うひたむきな姿や打たれ強さ、見事なドジっぷりも愛嬌のひとつ。愛され女子としての秘訣が詰まっています!

今回はピノコちゃんの大好きなブラックジャックとふたりの愛の関係と、ピノコちゃんが白血病になった話、ブラックジャックの最終話についてです。ピノコちゃんをヒントに可愛いキラキラ女性に変身だ!

 

 

愛されキャラのテッパン!ブラックジャックのピノコちゃん

 

ピノコちゃんとはあの天才漫画家手塚治虫氏の作品『ブラックジャック』に登場するかわいい架空の人物の女の子です。

 

『ブラック・ジャック』の人気の半分はピノコがつくったようなもの(笑)!

 

 

てんて♡だいすきなのよさ♡

とにかく、毎日毎日ブラック・ジャックのことが大好き(笑)。

 

◆ブラックジャックのピノコはお願い上手♡優秀な愛されテクはここか!?

 

流れででピノコちゃんを引き取る状況になってしまったブラックジャックでしたが、最初の頃はおそらく「女性不信」?だったのか、心も開いておらず、ピノコちゃんのこともうっとうしく思っていました。

 

 

私には愛なんか無意味だっ

 

ブラックジャックは何度も冷静沈着な冷たい態度を取りますが、いつの間にかピノコちゃんのペースにすっかり飲まれてしまっています(笑)。徐々にピノコちゃんのワガママなども嫌々ながらも聞くようになっていきます。

 

ピノコがブラックジャックにおこづかいを優秀におねだり

 

 

ピノコちゃんにお金をねだられた際も‥

 

 

おこづかいがほちいの。

 

 

ピノコちゃんの「しめた!」のこの顔(笑)!

 

 

百万円くらいどうかちら

 

(笑)!

 

ピノコがブラックジャックに野良犬を助けることを優秀におねだり

 

ピノコちゃんて、何かと母性が強いんです。中でも先生と動物が大好き、ということで先生のことも動物のこともたくさんの愛情を注ぐのですが、ブラック・ジャックは基本的にお金のために働くドライな医者なのでボランティアのような仕事は受けないのです。

 

 

そこへピノコちゃんがたま~にお願いをして、駄々をこねくり回します(笑)

ピノコちゃんはとにかくお願い上手♡

 

通りがかりに車に轢かれた野良犬を見てブラック・ジャックに助けるようせがみ、ブラック・ジャックが「うちは動物病院じゃない」というと、

 

泣いてひっくり返りながら駄々を捏ね、周囲に心配されたブラック・ジャックが恥ずかしくなり、止む無く野良犬を連れ帰させることに成功している。

 

このスキルって女性が生きていく上でぜーったい持っていた方がいいスキルだと思うので、勉強しておきたいかと(笑)。

 

 

ピノコちゃんのねだり勝ち(笑)。

 

完治した野良犬は「ラルゴ」と名付けられ、ブラック・ジャックの家で飼われるようになった(原作でラルゴはブラック・ジャックピノコを救う代わりに家の下敷きになり亡くなっているが、アニメ版ではブラック・ジャックが治しペットとして飼われている)。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

なかなか道中でひっくり返って駄々をこねるのは難しそうですが(笑)

 

ブラックジャックとピノコの関係は?結婚してる?奥さんって言ってるけど?

 

ともかく、ラブラブな二人がまぶしいのであります(笑)!ピノコちゃんは自分のことを「(ブラックジャックの)おくたん(奥さん)」と言っていますが…結婚してるの?

 

 

ピノコちゃんみたいに大好きな人に大好きと言えて、怒って笑って抱きついて、ということが「できない」「してもらえない」人々が羨望の眼差しで二人のラブラブっぷりにいいな~~~~。と言っています(笑)

 

たまにはみんなでピノコちゃんになってみよう!(なんのこっちゃ)

 

管理人kira2
管理人kira2

ちなみに私はできます。←聞いてないし!

 

◆ブラックジャックの自称奥さん♡ピノコの得意料理は愛のカレーライス!

 

ピノコちゃんは一生懸命女の子らしいこと、料理や家事や掃除をブラックジャックのために頑張るのですが、最初はあんまりうまくいかず、ドジばかりでした。その様子がまたかわいい~♪と読者のハートをつかんでいたように思います。

 

 

ぴかぴかにするのよさ~♡

 

初期は、社会的なことを知らなかったため、ブラック・ジャックをバットで殴って起こしたり、焦げたパンをナイフで脅して無理やり食べさせたり、ブラック・ジャックが睡眠薬で眠らされたときは、からしを一瓶まるごと口に入れて目を覚まさせたりなどしていた。

 

初期は空回りが多く、

ブラックジャックをバットで殴って起こすwww

 

 

ブラック・ジャックのおくたん(奥さん)として精一杯頑張る姿は男性からすると可愛らしい奥さんの理想であり、その為、男性からも絶大な人気があります。憧れのようです。

 

が、実際こんなピノコちゃんみたいな女性はほぼいません(笑)

 

管理人kira2
管理人kira2

ちょっとした、男性版の脳内フリルの原因にもなっていますね。

 

最初の頃は料理が下手(というより、知識がなかった)だったため、カレーですらまともに作れず、あまりの不味さにブラック・ジャックは泣きながら

 

「いつになったらまともにカレーを作れるんだ」と言われたり、味噌汁にソースを入れていたが、次第に揚げ物をしたり、魚をさばいたり、キチンとした夕食を作っている。

 

うまくはいかないけど、先生のためにいつも一生懸命。これ大事w

 

 

臨機応変な部分もあり、卵を買った直後に転んですべて割ってしまったが、もったいないからと店の台所を借りて20個分の卵で卵焼きを作ってブラック・ジャックに食べさせたこともある。

ブラック・ジャックが釈放されたり、裁判に勝っても負けても、カレーを作る。しかし、めでたい場合はカレーに小さな国旗を刺している。

 

最初はボンカレーが多かったようですが・・・w

 

 

いつも楽しそうにマイペースに家事をしているピノコちゃんです。

 

ピノコはブラックジャックに一度養子に出されていた!?

 

ブラック・ジャックと一緒に生活するただひとりの家族のような存在であると共に(人間不信気味の)ブラック・ジャック精神的な信用と信頼を置く唯一のパートナーでもあります。医師としての業務を行う上では忠実な医療助手でもあります。

でも、一度ブラックジャックピノコちゃんを養子に出したことがありました。

 

 

手塚先生!ピノコちゃんを養子に出したら視聴率が!!(笑)

 

第16話『ピノコ再び』では、ブラック・ジャックは自らが病気にかかってしまい万が一の時に孤独になってしまう彼女の将来を想って養子に出したが、

ブラック・ジャックを慕ってピノコが戻ってきた時、ちょうど彼は自分自身を手術しており、手術道具を忘れるミスを犯し、出血を止められず死ぬ寸前であったのをピノコが助けた。

 

ピノコがブラックジャックの命を救って養子の件はなかったことに!

 

管理人kira2
管理人kira2

よかったねえ。

 

結局養子の話はなくなり、以後ピノコ主に自宅で手術を行う時はブラック・ジャックの助手として付き添うようになる。

ただし、非人道的とも受け取れる手術に関してはピノコが関わらないようにブラック・ジャックも配慮しているようである。

 

ピノコちゃんが悲しい思いをしなくてよかったですね。

 

 

ここ ピノコのおうちよ

でれいかないわのよ

 

ピノコちゃんブラック・ジャックもいつもいつもお互いを大事に思って暮らしています。ラブラブですね♡

 

◆とにかくピノコはブラックジャックが大好きで毎日恋してる(笑)

 

とにかく、ピノコちゃんブラック・ジャックがその言動にいつもフリーズしてしまう程、物凄いパエネルギーで(半分ひとりよがりの)ラブ発言を連発します(笑)。

 

 

先生、愛ちてゆ♡

 

 

その素直さが女性からは自分たちがやりたくてもやれない本能的な女の子として羨望の眼差しであり、男性からするとその幼児性と可愛らしさが魅力のようです。男性側は支配欲なんですかねコレ。よくわかりませんが、

 

両性からモテるキャラってすごいなと。

ただ、肝心のブラックジャックからは娘だと扱われているピノコちゃんです(笑)

 

ブラック・ジャックの「おくたん(奥さん)」と自称しているが、ブラック・ジャック自身は娘のように扱っている。

「奥さん」であるため、ブラック・ジャックのために一生懸命ラブレターを書いたり、バレンタインデーには大きなハート型のチョコレートをプレゼントしたりしている。

嬉しい時や、ブラック・ジャックを褒める際にキスする事もある。家事全般は全てピノコの仕事。

 

ピノコちゃんはあの手この手で冷血ブラックジャックに愛を注ぎます(笑)

 

 

さすがのブラックジャックも、ピノコちゃんには警戒心を抱かなくなるようです。

そらそうですよねw この愛が毎日注がれれば(笑)

 

 

ただ・・・(笑)

ブラック・ジャックのことが大好きなだけに、ヤキモチもハンパない!(笑)

 

 

このピノコちゃんの顔はアッチョンブリケよりひどいですねw

 

嫉妬深い一面も持っており、ブラック・ジャックが若い女性と関わることを嫌う。

 

むう。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

レディーを怒らせると怖いのです(笑)。

 

ピノコは白血病で最後瀕死になっていた? 名言「お前に生きてて欲しかった」は何話?

 

ピノコちゃんブラック・ジャックに対する愛情はいつも大きくて切実なものです。それが特別大きく伝わる物語が第30話「ピノコ生きてる」です。この物語でピノコちゃんは白血病にかかります。

 

 

「ピノコ お前に生きてて欲しかった」

 

ピノコは白血病に侵される。慄然として、血液を得るためにピノコ血の繋がった双子の姉を探し出そうと必死になるブラック・ジャックの姿と、泣かせる台詞のオンパレードのエピソードである。

姉は死んだと聞かされて、ブラック・ジャックピノコの死を覚悟する。彼女は最期の願いとして、八頭身の美人にしてくれと頼む。

 

ピノコちぬ(死ぬ)前に先生と結婚式してみたいの。

 

 

最後の願いですね。ブラック・ジャックに最後くらいちゃんと女性として扱ってもらいたいというピノコちゃんのささやかな願いでしょうか。こんな会話が続きます。

 

 

BJ「そのかわり手術してから何日かで……おまえは死ぬんだぞ」

(会話の途中で不自然に後ろを向いてマスクをつけるブラック・ジャック。)

 

ピノコ先生が見てきえいだと思ったや……ピノコと結婚ちてくえゆ?」

BJ「……ああ、してやるよ」

ピノコ「わー、ちゅてき」

BJ「ピノコ!!」

ピノコ「なーに」

BJ「おまえに生きててほしかった」

 

先生が見てきえいだと思ったや……ピノコと結婚ちてくえゆ?」

「……ああ、してやるよ」

 

 

管理人kira2
管理人kira2

う~ん。切なーい(泣)

 

おまえに生きててほしかった。

 

 

ピノコちゃんからブラックジャックにプロポーズしていました!

 

 

ブラック・ジャックのご飯を気にするピノコちゃんはしっかり者の妻ですね。

 

ただただ普通の18歳の少女の姿になってブラック・ジャックとの結婚を望む無邪気なピノコの明るさと、愛する者を失おうとしているブラック・ジャックの悲しみが切々と胸を打つ。

結局、死んだと思われていた姉がやってきて命は助かり、ピノコは相変わらずの三頭身のまま…。

 

管理人kira2
管理人kira2

とにかく30話で終わらなくてよかったですね。手塚さんナイスですw

 

ブラックジャックピノコの最終回最後(ネタバレ)はどうなるの?死んだの?

 

ピノコちゃんの最後について、ストーリー上の経緯はこれまでに話した通りですが、この物語には大きな別のストーリーがあります。それはピノコちゃんブラック・ジャックの愛の物語。

 

 

ブラック・ジャックは普段は他の医者が治せない病気をも直す名医です。でも、彼もピノコちゃんと出会う前までは重大な病気にそもそもかかっていました。

 

人を愛せない病気

 

 

私はな人を愛せない人間なんだっ

私はな金しだいでどんな手術でもするんだ

かん違いするなよっ 大金を積まれたから、あの手術をしただけだ。

 

ともかく、自分の中には「愛情」の存在はないと否定を繰り返します。

 

 

ピノコに会ってからも初期のブラックジャックはずっと冷静で愛など信じない男を続けていました。

 

ブラック・ジャックのことを大好きで大好きでたまらないピノコに、それまでの孤独な生活を乱されて、ブラック・ジャックはうろたえ本気で腹を立てる。

 

「あんまりしつっこいとまたバラバラにもどして培養液ん中へブチこんでやるぞ!!」などと平気で言う。

 

大体において、ブラック・ジャックという男は愛されることに鈍感である。人から言われてやっと気付くくらい鈍い。

そもそも愛とは拒絶するものだと思っているフシもある。そんな彼に向かって、小さな身体全体で愛を表現するピノコは、もう痛々しいまでに一途で健気である。

 

ピノコちゃんはそんなブラック・ジャックにそれでもめげずにずっと愛情を注ぎ続けます。

 

 

ピノコね 先生愛ちてる

 

13話のエピソードでは、ピノコを犠牲にすれば助けられたかもしれない少年を死なせてしまう。

ここでブラック・ジャックピノコに対する自分の想いに初めて気付き、戸惑い、持て余し、無様に混乱する。

 

 

ブラック・ジャックにとって「いのち以上の価値」のあるものはないはずでしたから、自分が作り上げ、自分が居なかったら存在すらしなかった、つまりはいのちかどうか不明確なピノコちゃんの存在を正真正銘いのちである少年より優先したことについて悩むようです。

 

 

 

ブラック・ジャックの名言にはたまにぐらッときます。

 

ブラック・ジャックピノコの関係を決定付けたのが第16話「ピノコ再び」である。

おそらく戸籍上はブラック・ジャックの養女となっていたはずのピノコを、ブラック・ジャックはそのほうが幸せだからと、無理矢理他所の医者の家へ養女に出す。

一人きりの生活に戻ってからブラック・ジャックは腹膜炎で寝込む。抗生剤では埒が明かず、自分で自分の開腹手術を行うのだが、誤って失血死の危機にさらされる。

ベッドの上で気を失いそうになっていたところへ帰ってきたピノコが、彼に手術器具を手渡し、どうにか手術を終わらせることができたのである。

おずおずと出て行こうとするピノコブラック・ジャックが言う。

「どこへいく?ここにいろ!」

それから後、ピノコブラック・ジャックの助手として働くことになる。

 

「どこへいく?ここにいろ!」

ピノコちゃんも読者の女性も胸キュンなセリフでした(笑)だんだんと、ブラック・ジャックの心もピノコちゃんの天真爛漫な振る舞いと愛情で溶けてまあるくなっていきます。

 

 

どちらかというと、まだ父性に近い愛なのですが。

 

この話以降、ピノコと一緒のときのブラック・ジャックの表情は一変する。相変わらず外ではクールな悪徳医者だが、家ではピノコのやんちゃぶりに手を焼き、おとなしくカレーライスやわけのわからない料理を食べている。

ヤサグレていたブラック・ジャック像が、ピノコの出現によってガラリと変わる。ピノコによって知らず知らずのうちに癒されているブラック・ジャックがいる。

 

だんだんとブラック・ジャックは知ります。

 

 

自分ですら治せないものを治す力を持っている、

 

ピノコという存在について

 

いなくなったピノコを探すためならば、医師免許を手に入れる千載一遇のチャンスを棒に振ることも厭わない。

誤って劇薬を飲んだと知れば、日頃の冷静さはどこへやら、焦りまくって見当違いのところを切開したりする。

だから、ブラック・ジャックピノコも幸せなのだろうと思いたい。のだが…。

 

お互いをとても大事に思う気持ちが物語がすすむにつれ、増していきます。

 

 

そこにはでも「人魚姫」の物語のような女性の悲しみも同時にあったりします。

 

18歳の女の子の精神が3~4歳の身体に押し込められているというのは、考えてみれば相当に残酷な話である。ピノコの最大の悲しみはそれだ。

 

人魚姫の場合は、愛してもらえる存在になれるように(その土壌に立つために)、人間の脚を与えてもらう代わりに一番の宝物であった「声」を手放して引き換えにしますね。

 

ブラック・ジャックは普段ピノコを娘として扱い、父親として接しているように見える。絵もそう見えるし違和感はない。

 

ピノコちゃんは白血病にかかったときは自分の命と引き換えにしようとしました。

 

 

 

ピノコは断じてそう(ブラック・ジャックを父親となど)は思っていない。(自分は)ブラック・ジャック「奥たん」だと主張してやまない。18歳の女性としてブラック・ジャックに愛されたいと望む

実際、見かけと戸籍に惑わされず18歳の少女だと思えば、ブラック・ジャックと結婚していてもなんらおかしくはない。私の計算と願望によれば、ブラック・ジャックピノコを作ったのはブラック・ジャックが30歳前後の頃のことだ。30歳と18歳なら夫婦でもちっとも不思議じゃない。

 

女の子の永遠の脳内フリルは、「好きな人の奥さん」なのかもしれませんね(笑)

 

 
管理人kira2
管理人kira2

私はもうこりごりですが(笑)

 
「ブラックジャック」の連載の最終回は大人のピノコが登場する。
 

連載最終話「人生という名のSL」では、ブラック・ジャック夢の中に八頭身になったピノコが現れたが、「八頭身の美女にも興味は無い」と言ったあと落胆するピノコを見て、

「お前は私の奥さん、それも最高の妻じゃないか」と夢の中で発言している。

 

誰もが去って行ってしまった中で、ピノコだけはブラック・ジャックの傍らに残る。ブラック・ジャックが共に歩いていきたいと思っているのがピノコであることが暗示されて、『ブラック・ジャック』は終わるのだ。

 

連載の一応の最終話となった「人生という名のSL」は、ブラック・ジャックが一瞬のまどろみに見た夢の話である。

 

いつも心の中が見えてこないブラック・ジャックの夢が最終話というのが面白いですね。

そして、夢の中ではありますが、ブラック・ジャックと八頭身美女のピノコちゃんは結婚をしていました。

 

 

おまえ 私の奥さんじゃないか

それも 最高の妻じゃないか

 

そう言われた瞬間のピノコのはにかんだような安堵したような笑顔が印象的である。

そして、「いこう。患者が待ってるぞ」と、二人が寄り添って手術室へと向かう後姿が描かれる。

 

なんというか、ブラック・ジャックのテーマがブラック・ジャックの抱えていた直すことが最も難しい病気が完治するまでの経緯にも見えましたし、一方で、読者の期待に最後ぐらい応えてやろうか、という手塚治虫氏のサービス精神のような気もします。

 

ともかく連載の最終話として描かれたのはブラック・ジャックとピノコの「愛」だったということです。

 

 

なんか、ずっとピノコちゃん見ていたいですね(笑)家に帰りたくない旦那さんが都心部に多い中で、女性ができる事を考えた時に、ピノコちゃんってひとつの模範なのかな?とも思ったりします。

 

ブラック・ジャックの最終回は愛だった!

 

管理人kira2
管理人kira2

ピノコちゃんみたいに可愛い女性に、娘にはなってもらいたいと思います(自戒)w

 

 

コメント