Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

多部未華子のUQCMのかわいいセクシー目元画像に胸キュン悲しくてやりきれない

●知的/高尚 属

舞台・映画と幅広く活躍する演技派女優の多部未華子さん。2005年に公開された映画『HINOKIO』と『青空のゆくえ』の2作品に対し『ブルーリボン賞』新人賞を受賞し、女優としてそこから飛躍的な活躍を遂げています。

出演映画のシーンで歌った「悲しくてやりきれない」は昭和の名曲に新しい命を吹き込み、現代で働き続ける女性たちに感動を与え、話題となりました。彼女のキラキラは新しい時代が始まっても女性たちを励まし続けるに違いありません。

 

 

 

多部未華子がUQCMで深田恭子のメガネの妹に(お宝画像あり

 

ご存じの方もいると思いますが、UQ家族としてパパがムックでママがガチャピン、三姉妹の次女役で多部未華子さん出演しており、長女が深田恭子で三女が永野芽郁でという設定です。

 

この写真で多部未華子さんは一番右の女性

 

知れば知るほど、この三姉妹は個性と魅力がバラバラで面白いですね。次女の多部未華子さんは真ん中っ子の設定ですが、姉妹の中でどことなく一番しっかりしているイメージ。

 

 

兄弟構成での性格の特徴を研究している研究者が「真ん中っ子は大人になると、最もバランスがいい振る舞いをできる人材になるが、誰のことも信じていない特性が出る。」なんておっしゃっていましたが…

 

その孤独感が見事に出ています(笑)

 

 

そしてなぜか、両親ガチャピン・ムックとの絡みが多いのも次女多部未華子さん(笑)

CMでの次女の設定はこちら

 

持ち前の洞察力でオトコゴコロを見抜く、インテリジェンス系の美女。実はママっ子。

 

だからガチャピンとムックとの絡みが多いのね(笑)!

 

 

また、多部未華子さんは普段もメガネの写真が割と出ていることから、「メガネ女子」としても注目されています!

はいこちら。きらーん。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

おおお、まさに知的女子!

 

多部未華子の目は二重で可愛いけど整形メイク?

画像比較

 

カメレオンのように出ているシーンによって印象をガラッと変えてしまう多部未華子さん。毎回驚くような変化を見せてくれるので、整形なのでは!?という噂がありますが…

 

まずはすっぴんに近い多部未華子さんの写真画像がこちら

 

UQモバイルCMでの多部未華子さんの写真画像がこちら

 

 

テレビ出演時の多部未華子さんの写真画像がこちら

 

ちょっと鼻が変わったかな?とは思うものの

 

基本的にメイク映えする顏のようです!

 

 

女優さんとしてはひとつの色が強い人よりも幅広い役柄ができてご活躍ができそうですね!

 

女優「多部 未華子」の誕生日は?髪型がセクシーなインスタ

 

そんなミステリアスな雰囲気の多部未華子さんですがどんな人なのかプロフィールが知りたいですね。

 

 

 

こちらが多部未華子さんのプロフィールです。印象として、背が高そうなのですが、実は一般女性の平均身長と変わらない、という状況です。

 

【名前】:多部未華子(たべ みかこ)

【出身地】:東京都

【生年月日】:1989年1月25日 水瓶座

【年齢】:29歳(2018年12月現在)

【身長】:158㎝

【血液型】:O型

【所属事務所】:ヒラタオフィス

【デビュー】:2002年

【好きな食べ物】:パエリア、ドライカレー、コロッケ、焼肉、かぼちゃの煮付け、いちご、チーズケーキ

【嫌いな食べ物】:ピーマン、ナス、カスタードクリーム

【趣味】:音楽鑑賞、カラオケ、読書、映画鑑賞

【特技】:乗馬、水泳、スプーン曲げ、タップダンス、ジャズダンス

 

ダンスをやっていますね!やはり姿勢の美しさはそこからでしたか!!

京都で生まれで私生活では第二子の長女!多部未華子さんのご家族父親、母親、兄、本人の4人家族ということです。

 

◆多部未華子の学歴は?出身中学校・高校・小学校は?忍者幼稚園出身!?

 

さて、多部未華子さんの学歴をみていきましょう。いつも「しっかりさん」な印象の多部未華子さんのこんなラフな髪型もかわいいですね。

 

 

多部未華子さんの出身校は以下です。東京女子大学出身なのですね!女子大のイメージがピンときます!西東京方面の学校なので、何となく個人的に親近感がわきます。

 

出身中学校=保谷中学校
出身高校=日出高校
出身大学=東京女子大学

 

UQモバイルのCMで共演している永野芽郁さんも吉祥寺と縁があるようなので、意気投合されたかもしれませんね!

 

と、まあここまでは一般的な経歴なのですが…。

ここからがスゴイ(笑)。

 

ナント

通称 忍者幼稚園出身。

 

管理人kira2
管理人kira2

にんにんでござる。

 

正式名称は幼稚園問題研究所改め、幼稚園教育研究所。

どんな幼稚園かというと…

 

 

英語を教える幼稚園が増えている中、忍者幼稚園では日本の伝統文化を大切に教育していました。忍者幼稚園という通称は子供が忍者の格好をして出掛けるところから愛称として地元田無に定着したものでした。

 

近隣の人々や卒園者は親しみを込めて忍者幼稚園と呼んでいます

 

子供の事・日本社会の未来のことを真剣に考えて教育をされていた主宰者の近辻雅義先生が2004年11月に亡くなられ、2005年に最後の卒園式を行い閉園となりました。

近辻雅義さんは子供が豊かな心を持つために大切なことは「安心」と「きずな」を感じることだということを多くの方に伝えていたそうです。

 

多部未華子さんも忍者の格好をして出かけていたのですね(笑)かわいいw

 

 

茶道、日舞、手裏剣などに日々勤しんでいたということです(笑)電車の学校、と聞くと、黒柳徹子さんが通われていた「トモエ学園」を彷彿とさせますね。

 

管理人kira2
管理人kira2

トットちゃんが通ったトモエ学園も素敵な学校だったようです。

 

◆多部未華子の同級生に新垣結衣(ガッキー)がいた!?

 

多部未華子さんのデビューのきっかけは、アニーのオーディションを受け続けていたことから始まったようです。小学校5年生から中学2年生まで頑張っていたらしいです・

 

 

当初は女優を目指していたわけではなく、アニーのオーディション会場で知り合った人に相談したところ「映画とか映像にも目を向けてみたら?」とアドバイスされ、現在所属しているヒラタオフィスにスカウトされたようです。

 

高校の同級生には新垣結衣さんがいたとのこと!

 

 

一緒にお昼ごはんを食べるほど仲が良かったそうです。また卒業旅行でも行動を共にし、木札ストラップに仲良しメンバーの頭文字を掘ってもらったとか。

 

現在も友好関係が続いてるみたいです。

 

多部未華子のと似てる水着が買いたい!

 

ということで、探してみたのですが…今のところあまり公表されていないようです。その代わりに、色々な着用情報はありました。特にブランドのイメージモデルをしていたRope Picnic(ロペ・ピクニック)の洋服はよく着ているようです!

 

Rope Picnic(ロペ・ピクニック)

 

衣料品関連のブランドです。ベレー帽可愛いですね。

 

 

 

ワンピも着ていました。

 

その他にZARA(ザラ)のお洋服も何度か斬られていましたよ♡

 

◆多部未華子のスリーサイズは?

 

スレンダー女子の印象が強い多部未華子さんですがスリーサイズはこのようになっております。もはやモデルさんの体型ですね。

 

【スリーサイズ】:B77/W58/H82

【カップ】:Bカップ(推定)

 

管理人kira2
管理人kira2

知的に見えるのはバストの印象があるのも否めません(笑)

 

多部未華子が歌う「悲しくてやりきれない」に彼女の性格がみえた。

 

2016年に公開された映画『あやしい彼女』で、多部未華子さんには「悲しくてやりきれない」を歌歌うシーンがありました。

 

 

この曲はもともとザ・フォーク・クルセダーズの名曲でしたが、男性ボーカルだったため、多部未華子さんの歌う女性ボーカルでの「悲しくてやりきれない」は新しい風を吹き込み大変新鮮で、元来の歌よりも女性の悲しみがにじみ出る印象になりました。

 

 

なんか、この曲を彼女が歌ってくれてよかったなあと彼女の心が投影されているような歌でした。

 

本作では「見上げてごらん夜の星を」「真赤な太陽」「悲しくてやりきれない」と60年代の名曲たちが登場。この楽曲すべてを多部未華子自信が熱唱していることでも話題となっている。

 

 

余談ですが、ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」には裏話があります。

ザ・フォーク・クルセダーズにはこの曲の前に『イムジン河』という名曲がありました。これがどうやら政治的事情やら何やらで販売中止にされてし舞うということが起こります。

 

加藤和彦は、『イムジン河』に代わる曲を急いで作れとレコード会社の人にいわれたが、なかなかメロディが浮かんでこない。せっぱ詰まって、『イムジン河』のレコードを逆回転してみたところ、きれいなメロディに聞こえた。そこで、それをアレンジして生まれたのが『悲しくてやりきれない』だ――というのです。

 

真意は不明ですが、とても有名なエピソードとしてずっと語られているため、都市伝説以上の印象です(笑)

 

管理人kira2
管理人kira2

私も大学生の時にイムジン河聞いてました。

 

多部未華子2019年出演の映画 とドラマ

 

2019年は多部未華子さん出演の面白そうな映画が2本公開となります

 

トラさん~僕が猫になったワケ~(2019年2月公開)

 

 

酒とギャンブルが好きな漫画家の高畑寿々男(北山宏光)は、競輪で勝った帰りに交通事故に遭い、妻の奈津子(多部未華子)と娘の実優(平澤宏々路)を残して、この世を去ってしまう。

そして寿々男は、死んだ人間の面接が行われる“関所”で、1か月の執行猶予期間に猫として家族のもとへ戻り、家族と自身の本当の心を見つめ直すように、という判決を下される

 

テーマと脚本が面白そうな映画ですね!

 

アイネクライネナハトムジーク(2019年秋公開)

 

マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は、劇的な出会いをひたすら待っている。ある日、仙台駅前で街頭アンケートを取っていると、多くの人が立ち止まってくれない中で1人の女性(多部未華子)が快く応じてくれた。

佐藤は、親友の「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」という言葉を思い出す。

 

多部未華子さんは主役の三浦春馬さんと出会う女性役ですね!

 

「重力ピエロ」伊坂幸太郎氏の小説を原作としたラブストーリーだそうです。主演は三浦春馬さん、共演に原田泰造さん、貫地谷しほりさん、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさん、富澤たけしさんがいるそうです。

 

キャストが面白そうですね!

 

「リラックマとカオルさん」(2019年4月19日配信)

 

 

2019年の多部未華子さんはOLの癒しになりそうです!

 

「リラックマとカオルさん」は、彼女たちが過ごす色とりどりの12か月を描いた、やさしくて、ちょっぴりほろ苦い物語。

これまであまり描かれることがなかったリラックマとOLのカオルさんとのやりとりを、『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』などで知られる荻上直子監督の脚本による物語を軸に、CFを中心に活躍する小林雅仁監督が映像化。

柔らかくも時に芯のある女性として描かれている“カオルさん”の声優を務めるのは、舞台・映画と幅広く活躍する演技派女優、多部未華子。

 

こちらも話題になりそうなドラマですね。オフィスで働く女性たちの心をぐっとつかみそうです!荻上直子監督の脚本というのがまたいいですね!

 

「カオル」役に決まった多部未華子さんは・・・

 

 

「日本で一番癒されると言っても過言でないリラックマの存在を、色々な国のたくさんの方々に知ってほしい」と、リラックマ初のアニメシリーズの世界デビューを後押ししている。

 

管理人kira2
管理人kira2

来年も多部未華子さんのますますの活躍が期待できそうですね!

 

コメント