高橋英樹の娘・高橋真麻の若い頃~コネ脱却へ年齢別経歴と体重画像

◆人物

◆フリー・アナウンサー高橋真麻の若い頃の女子一貫校10年超えの高校生でダイエットに目覚め、体重が激変する画像

 

女子一貫校での生活も高校生で10年を超えることとなった高橋真麻さんの体重に激変が起こります。やはり高校生になると色々とオトメとして気になり始めたようです。

 

◆2001年(年齢15歳)~学歴:雙葉高等学校時代に父親の高橋英樹に演技付きで歴史を習う。置き換えダイエットで体重45㎏まで激やせへ。過食嘔吐の可能性も?/高橋真麻の学生時代の若い頃の画像

 

高校も引き続き内部進学で雙葉高校へ進学した高橋真麻さんは、ようやくここで何かに目覚めます。

 

時代背景として、コギャル全盛期を巻き起こすきっかけとなった歌手の安室奈美恵さんの輝かしい台頭がありました。

 


画像:https://yumeijinhensachi.com

 

もちろん、
アムロちゃんに憧れる高校生へ。

 

当時、アムラーとしてテッパンのコーデだった、「細眉に日焼けサロンでガングロ、ヒョウ柄の服装にルーズソックスマスト」という基本ラインを「ハイソな女子校・雙葉高校で許容して貰える程度にアレンジ」し、渋谷センター街を闊歩していたようです。

 

 

さらに、この時代にはジャニーズJr.の「出待ち追っかけ」までしていたらしく、「女の子」としてようやく客観的視野外からの評価を気にするようになったようです。

 

高橋真麻さんはSMAPの草彅剛さんのファンでもあったようで、「SMAPと共演しないならば芸能人にあらず!」と父親・高橋英樹さんににムチャブリをしたことで、高橋英樹さんはSMAPとの共演を果たしたそうです。

 


画像:https://ameblo.jp/toro0327/entry-12450508090.html

 

一方で、高校時代は古風なことに将棋同好会へ所属し、この時代に父親の高橋英樹さんからは演技付きで日本史を指導して貰っていたそうです(笑)

 


画像:https://koimousagi.com/3513.html

 

演技付きの日本史
是非、習いたい(笑)

 

 

◆中高一貫女子校出身のメリットとデメリットを考えてみた。

 

余談ですが、私も中高一貫の女子校出身なので、この時期の高橋真麻さんにやっと「遅すぎる客観性発達と他者評価に対する鈍い芽生え」が起こってくるという現象について、とても「中高一貫女子校らしい現象」であるため、共感を覚えます。これが中高女子一貫校育ちの最大の特徴であるとも言えます。

 

 

私が認識している中高女子一貫校の特徴はこちら(※あくまで私個人が把握している傾向です)

 

女子力などに興味が出るのがやたら遅くて、粗雑
→男性の心を掴むような日常の細かいちまちました情報に弱いので若い頃の純愛は成就しにくい。

容姿外観などよりも、いかにマニアックな個性と特徴があるかに価値があるという世界。よって、見てくれに対する評価が一般社会よりもたぶん低め
→中高一貫校育ちの美人が大学で男性と合流してバグってしまう事故がよくある。

男女の権利は平等だ!と女性の世界の理想論を掲げられて育つため、志は高いが「可愛げ」が育まれにくいので、一般社会と適合しにくい
→バリキャリか独立方向に行くことが多いため、基本的に晩婚気味、女性としての危機感を持ちにくい。

本音しか語らないため、小刀を突き刺すような物言いをすることがある
→本人に悪気はない。一方、男女間での表裏もあまりない。忖度が苦手なので世渡りもうまくない。正直であることが「善」という感性があるためオブラートで包まない交流に耐性のない相手との友情が壊れがち。

一定数の腐女子、干物女子等が発生する
→自身の安定運行のための機能性重視

自己肯定感は高め(他者評価に興味が薄く、客観性が乏しい為)
→太っていようが肌荒れしていようがオタクだろうが、自身の持つ世界観に夢中になっていれば勝手に存在価値が出る世界(女子校)であることから、単一的な評価への劣等感、例えば見てくれへのネガティブ感情が生まれにくい

共学育ちで一緒に男の子と放課後に待ち合わせて土手を歩きたかったとかいう叶わなかったおとぎ話に夢はせている(大人になってもおとぎの国に溺れがち)
→女子校育ちで女子校でよかったという感想を本人が持つ率はなぜか低め(同級生男子との思い出がないことへの残念感)

大人になっても女子校育ち同士の共鳴感がスゴイ。
→同じ臭気を嗅ぎ分けられる

 

私が今になって思う、あまり出身者からも語られることが多くない中高一貫女子校のメリットとしては、多感な思春期に影響を与える自分と同じように未熟な同年代の「異性」が同環境で皆無であるため、女の子たちは「見栄え」を価値の最上位に置くことは多分ほとんどないことです。

 

見てくれなどは
価値が下がり続ける財産。

 

 

同性だけの環境下では「美人」「地図オタク」であれば、同等かどちらかというと「地図オタク」の方が不思議と権威性が高いからです(笑)。

 

しかし、共学では我が子(共学在籍中)を見ていてもそうですが、どうしても「モテと美人至上主義」的な価値観が強迫観念のように中学生時代から彼女たちを襲います。

 

美人でないという
劣等感が与える打撃は小さくない。

美人であるという
内面に裏付けのない自信の破壊力も半端ない。

 

よって、中学生で60㎏あって、さらに自分を太っていると認識していないという、高橋真麻さんのような平和な人材はまさに女子校特有の性質だと感じます。もし共学で育っていたら、それは劣等感として深く刷り込みされた可能性の高い事実だと思います。

 

 

いずれ男女は社会でまた合流となるので、女子校という自然摂理に反した世界で育つことがいいことかどうかは、結局は本人の考え次第。勿論、共学校育ちならではの良さもたくさんあるかとは思います。

 

でも、私は女子校側しか分からないのと、今持っている自分の幸福感の源は女子校育ちだからという影響が大きいなあと強く思えているという事は付記しておきます。(ただし、夫婦は解散しましたw←それはそれで問題かもw)

 

高橋真麻さんの話に戻って、それも高校生辺りになると同級生たちにも交際相手が現れ始めることからちょっとそこまで放置されていた「容姿」「他者評価」というものに対する考えも、様子が変わってきます。

 


画像:スポーツ報知

 

とはいえ、基本生活は相変わらず「女子校」であるため、共学育ちの女性たちのように異性の視線にさらされた日々の緊張感と鍛錬はないわけで、ここで育まれた思想も技術も社会に出てからあまり基礎的な価値観が変わることはなさそうです。中高女子校育ちはいいか悪いかは別として、その特有の匂いを放ち続けることとなります。

 

女子校育ちの西川史子さんの離婚と再起への死闘はこちら

 

高橋真麻さんも高校生になってようやくちょっと「容姿」を気にするように・・・。

 

やっとかw

 


画像:https://trendnews.tokyo/?p=13698

 

なんと、この革命的な出来事(客観性と他者評価の採用)が起こったことによって、高橋真麻さんは一気に体重を45㎏にまで落とすことに成功したそうです。食べるのが大好きなはずの高橋真麻さんが「置き換えダイエット」でそこまで減量に励んだというのですから、よほどの意志の強さです。

 

一気にギャル化(笑)

 


画像:『ウチくる!?』

 

劇的。

女の子のこの辺りの3年間は
本当にドラマチックな成長だよなあ。

 

しかし、この高橋真麻さんの急激な痩せ方は社会人になった後にも表れる「摂食障害」の噂をさらに疑わせるほどの痩せ方でもあります。高橋真麻さんの頻繁に起こる体重の増減には過食嘔吐を繰り返す癖があるのではないか?」という話もあるようです。

 


画像:https://aikru.com/

 

そして、元々きめ細やかな「女子力」が育まれない女子一貫校出身高橋真麻さんは、それを象徴するかのような恋愛エピソードもやっぱり高校時代に持っていました(笑)。

 

それがこちら。

回転寿司デート!?

 

 

他の高校の男子生徒に思いを寄せていた高橋真麻さんが、その男性を誘うために「回転寿司を奢るから」という口説き文句で誘い出したところ、その男の子はなんと男友達を他に何人も連れて来てしまい、回転寿司店が混んでいて席は別々になってしまったという話です。

 


画像:http://netnews31.seesaa.net/

 

まさか奢っただけで終了?(笑)

 

もう何から何までツッコミどころ満載ですw
結局、社会人になるまで「彼氏」というものが1度もできなかった女子アナとしてネタになるほどだったようです。

 

 

◆2000年(年齢18歳)学歴:東京女子大学文理学部社会学科へ入学。インカレテニスサークル「レッドペッカー」のお花見会で父親のマネージャーを道連れに豪華料理を振る舞う武勇伝

 

ここまでずっと女子の世界で育ってきた高橋真麻さんはなんと大学でも女子大へ進学しています。2000年4月、東京女子大学文理学部社会学科へ進学。

 


画像:東京女子大学

 

通称:とんじょ。

 

初代学長は新渡戸稲造さんです。

 

大学受験の際に高橋真麻さんは、父・高橋英樹さんと口論となり、「パパは大学行ってないくせに」と反抗した為、顔面に回し蹴りされるというパワフルな親子の歴史もお持ちです。

 


画像:高橋真麻公式ブログ

 

また、大学時代には高橋真麻さんは東京大学、東京女子大学、日本女子大学のインカレテニスサークルである「ウッドペッカー」に所属し、サークルのお花見イベントに父親・高橋英樹のマネージャーまで出動させて台車で高級料理をふるまい、他校の部員に見せつけるという荒業を使っての武勇伝を残したそうです。

他校に負けるわけにはいかないという意地があったそうです(笑)

 

 

◆父親が娘に強要した昔の「約束」とは?学生時代は門限が厳しかったようだ

 

また大学時代には、溺愛する娘・高橋真麻さんの「お年頃」という事で、父親・高橋英樹さんはこんな約束をさせていたそうです。

 


画像:必殺仕事人

 

●大学時代の門限は午後6:00
男性と出かけるときには1か月前には父・高橋英樹へ報告

 

ろ、ろくじ??
1か月前報告w

 

なかなか、なかなかの「お約束」です。私自身も父がとても厳しかったため、大学の時には門限を当初、午後8:00にされており、それもかなり厳しいと思っていましたが、

高橋真麻さんはさらに上回る厳しさです。但し、「午後6:00」となるととても普通の大学生活を送れる内容ではないので、守られていたかどうかは??といったところです(笑)。

 

 

◆進路をテレビ局「アナウンサー」へ決定。本当は女優になりたかったが父親とはあえて別の舞台を選択!

 

大学時代に高橋真麻さんはいよいよ将来の方向性を「アナウンサー」に決定します。

 


画像:https://entertainment-topics.jp/17160

 

本当は子供のころから父親・高橋英樹さんの影響で出演する役者の演技などに興味を抱いており、「女優」になりたかったようですが、父親と同じ世界へ入ることはこれまでの経験から「よくない」という判断が及んだようです。父親とは違うフィールドで別の戦い方をしたいという判断になったようでした。

 

フジテレビお台場アナウンススクールTBSアナウンススクールテレビ朝日アスク、と各テレビ局のアナウンサースクールに通い、アナウンサーを目指すようになります。

 

◆高橋英樹の子供・高橋真麻がフジテレビアナウンサーへ!若い頃からの美味しいもの大好き!大食漢エピソードとストレスによる体重増減の推移 身長・バストカップを公開!お腹ヤバいブログ画像

 

身長162㎝高橋真麻さんですが、フジテレビの局アナ時代からの体重増減が凄いことになっています。

 


画像:高橋真麻公式ブログ

 

※妊娠中のお腹ではありません。

 

高橋真麻さんがフジテレビ局アナを引退する直前の頃の体重は44㎏~46㎏とある程度安定していたようですが、局アナ時代は概ね45㎏~55㎏の幅で変動を繰り返しており、入社後には37㎏という162㎝の身長を支える体重としてはちょっと病的数値も記録しています。

 


画像:https://aikru.com/

 

高橋真麻さんの局アナ時代の体重には安定変動幅があったとはいえ、45㎏~55㎏という変動には10㎏もの体重幅があるわけで、これだけでもだいぶ異常な印象を受けます。さらに、退社後には気が緩んだのか緊張感が切れたのか?体重が一気に62㎏にまで達してしまったそうです。

 

たぶんバストも都度、変動があったのではないかと思われます。

 


画像:https://pinmedi.com/archives/926

 

さらに巨大化。

 

 

至宝のGカップへ。

 

そんな体重変化のあった、高橋真麻さんのフジテレビ時代を見ていくことにしましょう。

 

 

◆2004年4月(年齢23歳)フジテレビアナウンサーとして入社。「高橋英樹の娘」という誹謗中傷ストレスから直後に体重が37㎏へ激やせ/高橋真麻の新卒当時の若い頃画像

 

2004年、高橋真麻さんはフジテレビのアナウンサーとして入社を果たします。

 


画像:https://trendnews.tokyo/?p=13698

 

なんか初々しくて
かわいいw

 

大学時代は前述のようにTBSやテレビ朝日のアナウンススクールも通っていたようですが、やはり当時、テレビ局として勢いがあったのは断然「フジテレビ」だったという事もあってか、最難関のフジテレビのみ受験し、見事合格したそうです。

 


画像:https://ameblo.jp/tubu-yaki-announcer/

 

しかし、フジテレビ入社後に高橋真麻さんを襲った試練は大変大きなものとなりました。小学校3年生の時のいじめの時と同様、「大御所俳優・高橋英樹の娘」という事で注目されたことで、その立場を利用したという一種の「妬み」の感情高橋真麻さんへの誹謗中傷へと発展します。

 

入社直後は、37キロまで激痩せしたんです。まず内定した段階で2ちゃんねるや就職掲示板などネットでたたかれ、入社して画面に露出してからは週刊誌やネットでブサイクだなんだと悪口を書かれて……。でも、気になるから見てしまうんです。『どうして私はこんなに悪口ばかり言われてしまうんだろう』と落ち込んで、食べられなくなって、どんどん痩せていってしまって
引用元:https://yamachan01.com/blog-entry-7866.html

 

当時のネット掲示板では「ブサイク」「コネ入社」「鼻フック」などとにかく酷い書き込みで溢れ、それを知った高橋真麻さんはストレスで入社後に37㎏にまで落ちるという激やせを経験しています。

 


画像:https://milkpan.link/blog-191-19131

 

大学時代からアナウンサーになると決意し、それ以来、熱意をもって各局のアナウンサースクールへ足しげく通っていた高橋真麻さんは、

「あんなに努力したのにコネと言われてしまうんだ・・・」とこればかりは相当なショックだったようです。

 

 

◆2005年頃(年齢25歳)父親が体重激減の激的に痩せている娘を心配し、高橋真麻は急遽フジテレビを激やせ休職へ

 

高橋真麻さんの当時の痩せ方はかなり病的だったようで、「拒食症」を想像させるような凄まじい痩せ方だったそうです。しかし、フジテレビの社員食堂では豪快に大量のご飯を食べる姿などがあったようで、周りからも不思議に思われていたようです。

 


画像:blog.livedoor.jp/taku96439471

 

こうした情報を見ていくと、摂食障害、過食嘔吐と言われるのも分かる気がします。

 

ちょっと強い風が吹いたら、飛ばされてしまうのではないかと思うほどガリガリにヤセ細った真麻を見れば、誰だって『そうとう酷い病気にかかっているのでは?』と思いますよ。実際に上司が真麻に『休職したらどうか?』と勧めたようですが、真麻は明るい笑顔で断ったそうです
引用元:http://blog.livedoor.jp/taku96439471/archives/50594873.html

 

高橋真麻さんはそのまま頑張るつもりだったようでしたが、父親の高橋英樹さんが娘の病的な激やせを見かねて、フジテレビを休職させるという強硬手段に出た時期もあったようです。

 


画像:https://nensyu.site/archives/2385

 

高橋英樹が、真麻の激ヤセぶりを見かねて、強制的に休職させることを決意したという。
(中略)
今回ばかりは命に関わる話なので、娘がどんなに抵抗しても、休職させるつもりだという話です
引用元:http://blog.livedoor.jp/taku96439471/archives/50594873.html

 

高橋真麻さん以上に病的な桐谷美玲さんの痩せすぎガリガリ体型と体重のお話はこちら

 

悪口を言われ続けた
局アナ時代。

 


画像:http://trender-news.com/?num=139779

 

それも、
時間と共に理解者が出てくる。

 

新人時に杉崎美香率いる「めざにゅ~」に出演。杉崎道場の2期生として、散歩コーナーや「チャレンジ元気印」等で活躍。とくに私が好きだったコーナーは「めざにゅ~相談室」。杉崎が視聴者からの質問への回答をボードに書いてる時間、アドリブで高橋が独りでしゃべりまくるのだが内容がいつもぶっとんでいて、その創造性の高さに感心した。高橋のトークは一瞬、不安定な感じを覚えるものの、なぜかきちっとまとまっていて、実は危なげがない。テンパりそうでテンパらない他のアナにはない不思議なリズムを持っている。

引用元:https://ameblo.jp/tubu-yaki-announcer/entry-10121855918.html

 

 

女子アナにしておくのが
勿体ないほどの異質感へ。

 

高橋真麻さんの特徴や魅力を初期から見出してきていた人たちというのも一定数おり、じわじわとその人たちが最初から見出していた高橋真麻さんの魅力が10年かけて引き出されていくこととなります。

 

⇒次ページ【高橋真麻がモジモジくんコーナーのお姉さんで空前のブレイク!】

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kira3/orionfdn.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました