Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山口智子・唐沢寿明に子供がいない理由、産まない理由はいらないということ?

●マッスル/ストイック属

1990年代にトップ女優としてトレンディードラマで高視聴率を叩きだし「高視聴率の女王」「連ドラクイーン」と呼ばれた山口智子さん。仲良しの夫で俳優の唐沢寿明さんとの結婚生活も20年を超えたところで突如「子供を持たない人生を選んだこと」についてロングインタビューに応えます。そこで語られた山口さんの選択の理由と今でもラブラブな唐沢寿明さんとの関係について追いかけていきたいと思います。女性をキラキラさせられる男性ってカッコいい♡ え、そっち?(笑)

 

 

山口智子と夫・唐沢寿明に子供がいないのは結婚した時期が理由?

 

山口智子さんは1995年12月に俳優の唐沢寿明さんと結婚しました。

 

◆山口智子と旦那の唐沢寿明の交際のきっかけは?

 

出会いはドラマ共演がきっかけだったようです。山口智子さんがヒロインを務めた1988年放送のNHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」がそのドラマと言われています。

 

 

7年のお付き合いで結婚。

 

面白いのがお互いの第一印象(笑)

 

お互い最初の印象は、「でかい女だなぁ」

「日本一、顔の小さい男」だとお互い結婚後に明かしています!

 

山口智子さんは画面では分からないことが多いですが170㎝もあるんですよね。

確かに大きい(笑)。

 

馴れ初めとしては『純ちゃんの応援歌』が初主演だった山口智子さんは色々と仕事の悩みがあったそうで、しょっちゅう唐沢寿明さんに相談にのってもらっていたのだそうで。撮影中にホテルの内線を使って相談をしているうちに・・・交際にまで発展(笑)

 

リアルがトレンディドラマやーん!って感じなのですが(笑)。

 

 

そこで築いた信頼関係があって、『純ちゃんの応援歌』の撮影の終わるころには交際に至ったといいます。交際後の7年間に、山口智子さんは空前のトレンディドラマブームに乗り、数々の民放のトレンディードラマのヒロイン級の役柄を演じあげ、トレンディドラマではトップクラスの女優になります。

 

1990年代、全盛期の山口智子出演ドラマは同世代の女性達から支持を集め、いずれも高視聴率が取れたため「連ドラクイーン」「高視聴率の女王」とも呼ばれた。

 

カッコイイこれからの女性像の象徴的な女優が山口智子さんでした。

 

 

◆山口智子との交際発覚時の唐沢寿明が異常にカッコよかった!!

 

1992年1月にひょんなところから二人の交際が発覚することになります。ひょん、なんて表現をしてはいけない怖い状況ではあるのですが、山口智子さん(当時27歳)の自宅マンションに宅配便の業者を装った男性2名が山口さん宅に押し入り、荷物を受け取ろうとドアを開けた彼女を羽交い絞めにするという事件が起こります。

 

 

ひとり身の女性であれば、想像するだけでとても怖い状況ですね。

 

「キャー」と悲鳴を上げると、部屋の奥にいた男性が玄関に駆け付け、男たちはそのまま逃げ去りました。

 

その時にいた男性というのが唐沢寿明さんだったのです。(まあ交際してましたからねw)

その後に警察へ被害届を出した山口智子さんでしたが、それがきっかけとなって警察担当の記者より芸能記者に情報がもたらされ、2月には事件が世間に明るみに出ることになりました。

 

 

最初は芸能人である唐沢寿明に迷惑をかけることになってはまずい、ということで唐沢寿明さんが自宅にいたことを伏せていた山口智子さんでしたが、取材の手が伸び、言い訳ができなくなってきた時点で唐沢寿明さんの方が自ら男気を見せます。

 

一人で会見に臨んだ唐沢さんは、事件当日、山口さんの部屋にいたことをあっさりと認めたのです。

「前夜からいたのでは?」という質問に、

「あの日は10時から事務所で打ち合わせがあったので、彼女の家に寄ったんです。マネジャーが来て、ボクたちが連れていく段取りだった」と話しました。

「しょっちゅう山口さんの家を訪れているのか?」という問いには否定せず、

「いい友人ですから」と答えました。

「本当は熱愛では?」とツッコまれると「今は特別ということはないけど、男女ですからね」唐沢さん…

「もしそうなったら、よかったと言ってください」と会見を締めくくったのです。

 

 

唐沢寿明かっこえーやーん♡

 

◆山口智子と唐沢寿明がラブラブでメロメロな結婚記者会見

 

そんなこんなでお互いの関係も成熟し、山口智子さんと唐沢寿明さんは1995年に見事ゴールイン。お互い人気の俳優、女優でしたので結婚記者会見も開かれることになりました。

 

 

メロメロ記者会見(笑)

 

唐沢寿明さんは結婚会見で、山口智子さんのことを

「女優をしているけれど、普通の女性」と語り、

「料理が上手で家事をしっかり行っている」とコメント。

山口智子さんは「世界で1番幸せです。仕事への姿勢を尊敬しています」と笑顔を見せました。

 

山口智子さんは唐沢寿明さんと結婚した1995年にからは女優業を徐々に縮小し、CMを中心の働き方にシフトしています。

 

 

そこには唐沢寿明さんが山口智子さんと木村拓哉さんの『ロングバケーション』にヤキモチを妬き通しだったからとも言われています(笑)

 

 

 

ヤキモチ妬いちゃうんだぞ。

 

ロンバケが放映されていた頃の唐沢さんはいつも不機嫌で、直接山口さんに何か言うことはなかったようなんですが、
家に帰るといつも旦那が不機嫌なんで山口さんも困っていたようです。

 

唐沢寿明さん、可愛いエピソードですねwww

ロングバケーションは1996年の春に放送されていたので、結婚の翌年ですね。もしかすると、唐沢寿明さんにその嫉妬があって山口智子さんを手放したくない!と思って結婚に至ったのかもしれませんね。

 

管理人kira2
管理人kira2

山口さんもいい奥さんになりたい!という気持ちの表れが見えますね。

 

この時代の憧れの女性像としてはバリバリと社会で活躍し働くキャリアウーマン的な姿があったように思います。ロングバケーションでの山口智子さんも役柄も、昭和の男と家庭の為に犠牲になって尽くす純情な女性というものではなく、禁煙中の元モデルで、非常にサバサバした快活な女性、というものでした。

 

 

社会が山口智子という女優に求めていた姿も同じだったように思います。

 

かっこいいキャリアウーマン。

 

ですから、唐沢寿明と結婚したからと言って、すぐに家に入って専業主婦の「家内」になるということは何というか、これまで山口智子という女優が発信してきた「新しい女性像のライフスタイル」を考えると、それを裏切るようで許されないことでもあったのかな、と個人的には思います。

 

 

山口智子は唐沢寿明と一度は出産して子供いる家庭も目指した?

 

結婚から長い時間が経っても子宝に恵まれなかったことから、一部では山口智子さんの不妊説や唐沢寿明さんとの夫婦不仲説まで流れるようになっていました。そのころにはトレンディードラマの時代も落ち着き、山口智子さんの女優業も仕事をシフトしていった為、無くなっていたからです。

 

 

最初に浮上したのがやはり山口智子さんの不妊疑惑でした。山口智子さんは人気絶頂にもかかわらず、結婚後はあっさり女優業から身を引き、家庭に入った経緯もあってか、「妊活に入った」と思われていました。

 

それでも以降何年経っても、妊娠や出産報告はなく妊活から不妊治療をしているのではないかという憶測が経つようになりました。

 

管理人kira2
管理人kira2

ほっとけよって感じですけど、芸能人は大変ですね。

 

病院に通っているところを目撃されたと言う情報も上がっていますが、真実は不明です。

 

デリケートな内容なのであまり勝手なことは言えませんが、婦人科への通院と言っても色々あるので通院だけでは何とも言えないですね。

 

 

ただ、山口智子さんがとても大事にされている夫の唐沢寿明さんが子供が欲しいということであれば、山口智子さんのお人柄からすると子供を持つ努力をされていた可能性はあるのかな?と感じます。

 

では旦那さんの唐沢寿明さんはどのような考えだったのでしょうか?

 

山口智子の旦那・唐沢寿明は子供欲しかった!?

 

その前に、もう一つの山口智子さん唐沢寿明さん夫妻の不仲説の方を先に否定しておかなければなりません。

◆山口智子に夫・唐沢寿明は今でもぞっこん!?

 

どうやら、山口智子・唐沢寿明夫妻はめちゃくちゃ仲良し夫婦のようです!!

特に唐沢寿明さんが山口智子さんにぞっこん(笑)!!

 

 

結婚後も唐沢寿明さんは(俳優なのにw)山口智子さんの話をしょっちゅうテレビで語られていたのですが、極めつけのような話がこちら(笑)

 

唐沢寿明さんが「モニタリング」に出演した時の実際のお話で番組企画内で設定された記者役の方が「1番の宝物は?」という質問に対し、唐沢寿明さんは「山口智子かな!」とほぼ即答したのです(笑)。

 

 

一番の宝物?なんだろうな…

山口智子かな!

 

管理人kira2
管理人kira2

わー!もうことごとくイケメンだわー♡

それには一応夫婦ならではの、それなりの裏事情もあったようで以前に、子供がいない事から仮面夫婦と噂された時期が続き、その事をきっかけに唐沢さんの性格上、念のためご夫婦でよく話をするようにしたのだそうです。

 

 

夫婦仲を外野の噂でめちゃくちゃにされたくなかったのと、念のための確認というのが何だか、真っすぐな気持ちの持ち主である唐沢寿明さんの性格をよく表していますね。

 

◆山口智子に子供がいない理由には唐沢寿明側の事情もあった!?

 

どうやら唐沢寿明さんの事情として幼少期から父親との不調和があったようです。

結果的にはその不調和により、唐沢寿明さんは勘当されています。

 

 

唐沢寿明さんは役者を目指して勘当されていた。

 

両親はケンカばかりで、激高した父親が母親に暴力を振るう事もあったそうです。

あるとき母親への暴力を止めようと父親に「出て行け!」と叫ぶと、なぜか母親から「あんたが出て行きなさい!」と唐沢さんに怒りの矛先が・・・

高校を中退してまで役者を目指したことへの不満もあったのか、そこで両親からは勘当されてしまいました。

 

この経緯からすると、唐沢寿明さんにとって「親子の結びつき」というものに対する理想や幻想といったものは若い時期からなかった可能性があります。

 

ですので子供を持つか持たないかについて、唐沢寿明さん自身、特にこだわりがなかった、というのが正直なところかもしれません。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

トーク番組とかだとちょっと変な人ですがカッコいいよね!

 

ある情報にはこのような唐沢寿明さんの考えがのっていました。

 

唐沢寿明さんは夫婦だからといって無理強いはしない性格だといい、山口智子さんのこの考えについても理解しているようです。

 

 

山口智子さんが子供を持ちたいならきっと協力したに違いありませんから、結局のところ子供の件に関しては山口さんの意向を尊重した形、もっと言うと特に唐沢寿明さんもそこに対して理想もないから、というところなのでしょう。

 

 

山口智子さんが子供を産まない選択?いらない理由は?

 

というわけでこんなにラブラブの2人ですが、子供はいません(笑)。理由についての比重はどうやら山口智子さん側の心情の方にありそうです。

 

 

 

次に山口智子さんが抱えていた背景を見ていきたいと思います。

◆山口智子が子なしの理由は生い立ちにも原因があった!?

 

実は、唐沢寿明さんだけでなく、山口智子さんの幼少期も少し家庭に複雑な事情を抱えていました。

 

 

山口智子さんは江戸時代から続いた老舗旅館の家の娘だった

 

山口智子さんの父親の実家は栃木市にかつて存在した老舗旅館・鯉保(こいやす、2005年8月31日廃業しております)俳人松尾芭蕉を経済的にも支援した門弟杉山杉風の子孫にあたるそうです。

祖父が亡くなり、祖母が切り盛りしていたそうです。山口さんは栃木県内にある江戸時代初期から続く老舗旅館です!

 

山口智子さんの生家はとても歴史ある旅館の家だったんですね。

 

 

山口智子さんが小さい頃、祖父はもう亡くなっており、女手ひとつで旅館を切り盛りしてきたのは祖母だったそうです。その息子が山口智子さんの父親ということで、幼少期は山口智子さんの両親は祖母からその旅館経営を継ぎ、毎日忙しく働いていたそうです。また、山口智子さんは長女で、三歳下に妹がいるそうです。

 

そのため、幼い山口智子さんの遊び相手はいつも祖母だったといいます。

 

 

山口智子さんが小学校1年生の時に父親の女性問題が発覚し、山口さんの母親は娘たちと共に長野の実家へ転居、その後両親が離婚し、山口さんは母親のもとでそのまま暮らすことになります。

 

 

 

しかし、幼い頃ずっと遊んでくれた祖母への想いが募り、「おばあちゃんにまた会いたい」という強い思いで母親のもとを飛び出し、電車で2時間以上も離れた祖母の家へ戻ったという話です。

 

山口さんの様子を受け、祖母と母は話し合うことになり、最終的に山口さんは父親側に引き取られることになった。母と妹とは、その日を境に絶縁状態になりました・・・

それから山口さんは祖母を実の母のように慕い、実際「お母さん」と呼ぶようになったと言います。

 

管理人kira2
管理人kira2

何だか幼少期の記憶としては切ない話ですね。

 

こうした経緯から、山口智子さんにとって、「家族」「親子の絆」というものに対してはいい思いが全くなかったという幼少期だったのかもしれません。実母のもとから祖母のもとへ戻る決心をするというのも、きっと当時の山口智子さんの中ではそれ以上の選択肢がなかったということだとも思え、母親に対する感情も独特のものがあるのかもしれません。

 

 

 

結局、山口は女優への道を選び、実家の旅館は’05年に父が逝去した後に廃業することになった。だが山口はそれ以降も“家とは何か”“家族とは何か”を、自分自身に問いかけ続けていたという。

 

「家」とは何か、「家族」とは何か

 

なお、実母と妹さんとは父親が死去した2005年以降に交流を再開することができ、山口さんはお二人の力になっているようです。旅館は廃業となりました。また、山口智子さんに愛情を注いでくれた祖母も2016年に96歳でこの世を去っています。山口さんが最後まで懸命に介護されていたようです。

 

山口智子の子供時代と子供のいない人生について

 

山口智子さんは2016年2月に“結婚21年目の衝撃告白”というロングインタビューとして雑誌取材に応えます。そこには明確に自分の人生を自分の心で決断してきた経緯が年齢を重ねてはっきりとした形で伝えられていました。

 

◆山口智子がロングインタビューが子なし女性へのエールに

 

まずこのインタビューをもって、長年周囲から勝手な憶測で囁かれてきた山口智子さんに対する「夫婦不仲」や「不妊症」の問題について一掃することになりました。

 

 

私はずっと、『親』というものになりたくないと思って育ちました。私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと

 

山口智子さんにとって、親というものが子供から眺めていた時期に憧れの存在ではなかったということなのかもしれません。親に振り回されてしまった子供としては当たり前の感情なのかもしれませんね。

 

私はずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです。人それぞれ、いろんな選択があっていいはず。(中略)夫としっかり向き合って、二人の関係を築いていく人生は、本当に幸せです

 

ここで、世の女性たちへ向けてのエールにも重ねたのかなという印象がありますね。ずっと山口さんのドラマを好んで見てきて山口智子さんに憧れてきた世代への励ましでもあったと思います。

 

 

結びつきは血ではない。

 

彼女は子供を産まない理由について

特殊な育ち方をしているので、血の結びつきを全く信用していない

その代わりに最高のパートナーを求めていたとも語った。

 

山口智子さんが経験した家族離散の経験は少女の心にそして人生に大きな意味を残したようです。

 

子供は必要ない といい切り、その気持ちを赤裸々に語った。

 

 

 

とても何というか、私は子供がいるので見方が偏っているかもしれないのですが、正直、強すぎる意思表明だな…と感じました。ただ、それだけ、強く意思表示しなければならないだけの山口智子さんの負った傷があって、かつ

子供を持たない選択をしただけで世間から身を潜めて生きている女性の気持ちに対し、同じ立場の自分が寄り添えるような声を出す必要があるということを山口智子さんは感じていたのかなと思います。

 

管理人kira2
管理人kira2

子供を持ってしまうと、「必要ない!」なんて言う必要がなくて、どっちでもよくない?ってかえってすんなり思えちゃうんですけどね。

 

ただ、この声は、山口智子さんの想いが届く形となって、世の女性からは大変反響があったようです。たくさんのメディアにも取り上げられたそうです。

 

 

結婚して子供を持たなければという風潮に疑問を感じていたので、山口智子さんの考え方に勇気をもらえました。

・私は既婚者で子供もいますが、山口智子さんの考えに、「もし子供がいなかったら」と考えさせられました。どちらの選択も、間違ってはいないのでしょうね。

・子供がいない人生は自分自身考えられないけど、そういう考えかたをする人がいることも分かります。

結婚していない、子供がいないというだけで白い目で見られるという現状があります。山口智子さんの考え方に、私は賛成です。

 

子供を産んだからこそ母親になれるのと同じで、子供を持たないからこそ可能になることもたくさんあると思うので、選んだ道で充足して生きていける女性が増えるといいですね。

 

山口智子と唐沢寿明は結婚20周年を超えてもまだラブラブ

 

こうして子供をつくる選択をしなかった山口智子さんと唐沢寿明夫妻は2015年で結婚20周年となり、(ってことは付き合ってからもはや30年越えますね)それでも変わらずのアツアツっぷりが好感を得ています。

 

 

現在も2人は新婚当時と変わらず、手をつないで眠るのだとか(笑)!!

 

 

管理人kira2
管理人kira2

うえーい♡

 

時が経っても山口智子さんは唐沢寿明さんのことがとてつもなく大好きなようでこんな風に語っています。

 

自分が世界で1番幸せだと思う瞬間は、唐沢寿明さんとご飯を食べている時

 

 

うっひょー!って感じなのですが、さらにノロケは続きます。2015年にテレビ出演した際は

 

唐沢さんと遊んでいる時が、私にとってのオフ

なかなか一緒にいる時間もないから、会う時は本当に、できるだけくっついていようと私は思うんですよね。ずっとくっついていたくて…。もう抱っこ、抱っこーって。

 

唐沢寿明さんは唐沢寿明さんで負けていません(笑)。

 

 

あー、山口に会いてえ!

 

山口智子さんが海外ロケに行っていた時、松岡昌宏さんは知人数人と唐沢寿明さんで食事に行ったそう。適度にお酒が入ったところで、唐沢寿明さんは

「あー、山口(智子)に会いてぇ!」と大きな声でいったのだとか。

これには山口智子さんも満面の笑顔。「嬉しいです!」とはしゃいでいました

 

相思相愛のぞっこん状態(笑)。

 

そんな中、唐沢寿明さんはかつて自伝『ふたり』でこう山口智子さんについて綴っていました。

 

 

(山口智子さんは)幼くして両親が離婚したとの事実は彼女の心に大きな空洞を作り、その空洞を人を愛することで埋めようとしているようなところがあった

 

まさに、愛することで癒しあい、結びつきのあるご夫婦のようで世界一のしあわせ者を自称されるのもよくわかりますね♡

 

管理人kira2
管理人kira2

というわけで、お子さんがいなくても100倍の愛情をパートナーに注ぎあっているラブラブ唐沢山口ご夫妻でした♡末永くお幸せに

 

コメント