プーチン大統領ホロスコープ、大きな調和の課題と風の時代への示唆

◆天秤座

今回は、プーチン大統領のホロスコープと各天体の星座を調べていきます。

■プーチン大統領の西洋占星学ホロスコープ、各星座算出のための概要(生年月日、出身地、国籍、出生時間)

プーチン大統領はロシア連邦第2・4代大統領(2000年-2008年、2012年-現在)で、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に次ぐ現職の大統領として2番目に長く就任している大統領です。

最初の在任期間に、ロシア経済を8年連続の成長に導き、GDP72%増実質所得の2.5倍向上、実質賃金3倍以上、失業率と貧困の半減以上など、大幅にロシア全体の経済の立て直しを実現し、ロシア国内の生活満足度を大幅に上昇させることになりました。

●生年月日:1952年(昭和27年)10月7日
●国籍:ソビエト連邦
●出身地:レニングラード(北緯59度56分、東経30度20分、UTC+3)
●出生時間:不明

 

今回はロシアのウクライナ侵攻の問題もあり、プーチン大統領の星を見ておきたいと思ったために調べることにしました。

 

国政的な紛争に発展した政治的な問題であることもあり、個人的な見解は極力避け、星座の特徴等から分かる事のみに限定して記載をしていきます。

 

正義と悪や、物事の良し悪しを、私のような何者でもない個人がジャッジするようなことはできませんし、宇宙の秩序は常に陰陽が両方存在して、はじめて一定のバランスと成果を生み出しているということを考えた時、

 

今回のウクライナ侵攻を、決して肯定する気はありませんけれども、出来るだけフラットに調べていくことを目指しています。

 

 

■プーチン大統領の西洋占星術ホロスコープ(※正午算出)

プーチン大統領の天体の星座配分を見ていきたいと思います。

ホロスコープ算出資料:ARI占星学総合研究所

プーチン大統領は出生時間不明のため、正確な各星座の度数、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスは不明となり、星座同士の境に近い場合は隣り合う星座に該当してくる場合もあります、詳しくは、以下ページをご確認ください。

出生時間不明の場合に西洋占星学ホロスコープで算出できないもの
西洋占星術のホロスコープ作成の際に出生時不明だと算出できないもの、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスとそれぞれの簡単説明について、また特に注意すべき月星座についての事柄、占星学を利用する目的について、私なりの見解をまとめました。

 

 

■プーチン大統領の各天体の属する星座を調べてみた

プーチン大統領10天体各星座を調べ、そこからみ解けることについてランダムに記載していきます。

 

プーチン大統領の「太陽星座」

プーチン大統領「太陽星座」天秤座です。

とても感慨深い所ですが、天秤座の象意としてあるものは、調和、正義感、客観性、バランス、美意識、理想主義というものがあります。

 

他の天秤座にある天体と共に、蟹座天王星と大きな葛藤の配置スクエア(90度)を形成しています。ここに今世における最初の大きな課題があるとみて良いと思います。

 

 

プーチン大統領の「月星座」

プーチン大統領「月星座」双子座です。

双子座には情報、知識(広く浅く)、コミュニケーション(広く浅く)、ナビゲーション(舵取り)という象意があり、陽気流行に敏感バイタリティがある感情的な問題が苦手(感情的に深く結びつくしがらみなど)などの要素が出て来る事があります。

情報収集能力情報に関することが得意な星座です。

 

プーチン大統領の「火星星座」

プーチン大統領「火星星座」射手座です。

闘いや戦争の星である火星射手座にあります。
射手座は火の星座である為、火星は能力を発揮しやすいと考えられます。射手座は狙った獲物は確実に落とす、というようなハンター気質があります。

また、知的好奇心旺盛で、商才もあり、実行力も備わっています。博識哲学的な星座でもあり、知性が非常に高く(高等教育)、遠い場所外国という意味も持っています。

 

プーチン大統領の「水星星座」

プーチン大統領「水星星座」天秤座です。

天秤座には正義感平等感美意識バランス対人、という意味合いが出てきます。知性の星水星がこれらの力を帯びて発揮されることが考えられます。

本来は自分より他者優先になって、我慢が多くなる天秤座ですけれども、我慢が一定のラインを超えるとちゃぶ台をひっくり返すような大爆発を起こすことがあります。同じことは牡牛座にもあります。

 

プーチン大統領の「木星星座」

プーチン大統領「木星星座」牡牛座です。

牡牛座には物質的所有財政的な充足辛抱強く強い精神力具現化していく力本質的な価値あるものを所有するというような意味合いが出てきます。木星はその拡大のために寄与します。

ただし、プーチン大統領牡牛座木星の実現のために、獅子座冥王星未来が働きかけるTスクエアの配置となっています。

 

本質的な価値あるものを所有する(木星の目的)には、獅子座領域での破壊と再生、及び天秤座領域での土星課題海王星の求める世界の実現が応援となりそうです。

 

そう考えると、諸々が実現した後のゴールとして実現されるべきところがココという見方も出来ます。(つまり、木星の目的はすでに実現されているプーチン大統領の私財を膨らますことではない)

 

プーチン大統領の「金星星座」

プーチン大統領「金星星座」さそり座です。

 

さそり座金星がある時、大きな財産を築く可能性があります。また、恋愛などでは絶対に壊れることのない深い愛情を求めるようなところが出てきます。

深い情念や精神的繋がりを求めるために、未成熟な段階では何かが起こった時に極端に刹那的な破壊行動へ向かったり、復讐や執念のような恨みつらみを持ちやすいかもしれません。

 

プーチン大統領の「土星星座」

プーチン大統領「土星星座」天秤座です。

土星は人生の全体、あるいは後半から晩年までの課題と捉えると把握しやすいと思うのですが、プーチン大統領土星は、他の多くの星と共に「天秤座」にあります。

調和、バランス、美意識に対する宇宙からの課題は非常に大きな課題であると考えられます。その意味については後述します。

 

プーチン大統領の「天王星星座」

プーチン大統領「天王星星座」蟹座です。

プーチン大統領ウクライナ侵攻の際にも語っていたように、母国種族のルーツに対する思い入れというのが非常に強いという事が「蟹座」から伺えます。そこへ向けて(そのために)変革しようという気持ち、力があるという意味合いに見えます。

 

 

プーチン大統領の「冥王星星座」

プーチン大統領「冥王星星座」獅子座です。

ドラゴンテイル(過去)と共に、冥王星黒い月獅子座にあります。過去の王者としてのプライド、威厳のようなモノに対して冥王星は破壊と再生が必要であるという事を示唆しているかもしれません。

 

それを果たすことによって海王星土星の求める未来の実現を後押ししていくように見える配置をしています。

 

プーチン大統領の「海王星星座」

プーチン大統領「海王星星座」天秤座です。

海王星「天秤座」意識の必要性、真の実現を求めていると読めます。

 

太陽、土星、海王星、水星がこの「天秤座」に集結している配置が非常に象徴的です。

 

つまり、プーチン大統領には海王星が求める「天秤座」的世界観と、土星の求める課題、という難しい課題を持たされていますが、その双方を達成するための素質(太陽)も知性(水星)も生まれながらにして宇宙から与えられているのです。

 

その世界の実現に対して課題となるのが、90度の葛藤の配置を形成している蟹座天王星です。

 

プーチン大統領の「ドラゴンヘッド」「ドラゴンテイル」

プーチン大統領のドラゴンヘッドは水瓶座、ドラゴンテイルは獅子座です。

プーチン大統領が目指すべきは、水瓶座の示す未来という事になります。非常に感慨深いのは、「風の時代」は、つい最近水瓶座から始まったという事です。また、2022年、ウクライナ侵攻が行われている今も、土星、火星、金星、水星はすべて水瓶座にあります。

宇宙はいま、全身全霊、水瓶座への時代移行のために闘う事を示唆しています。

水瓶座には皮肉なことに自由公共性ボーダレス人道的変革革新的テクノロジー宇宙インターネットというような「自由」「平等」「公共の利益」というような意味合いがあります。

これだけでも、プーチン大統領宇宙星の促す方向に完全に逆らって行動していることが分かります。

 

 

■プーチン大統領の各天体の区分配分

プーチン大統領の各天体を、性質ごとに分類し、その配分を見ていきます。

■4区分配分(火・地・風・水)

プーチン大統領4区分配分を見ていきたいと思います。

 所属天体数スコア天体
火星座24冥王星・火星
地星座12木星
風星座516月・太陽・水星・土星・海王星
水星座24天王星・金星

天秤座が多いことから、圧倒的に風星座が多い配分となっています。「風の時代」への移行期に本来、星の声さえ届いていたならば、大変活躍が出来たはずの能力を持っている人材だったと言えそうです。母国へ、革新的な安定と富を残すことも出来たはずだと感じます。

 

■3区分配分(活動宮・不動宮・柔軟宮)

プーチン大統領3区分配分を見ていきたいと思います。

 所属天体数スコア天体
活動宮512天王星・太陽・水星・土星・海王星
不動宮36木星・冥王星・金星
柔軟宮28月・火星

活動宮が多めですが、比較的バランスの良い配分となっています。

 

■2区分配分(陽・陰)

プーチン大統領2区分配分を見ていきたいと思います。

 所属天体数スコア天体
陽(男性)720月・冥王星・太陽・水星・土星・海王星・火星
陰(女性)36木星・天王星・金星

圧倒的に陽(男性)の配分が優勢の配分です。

 

 

■プーチン大統領のホロスコープまとめ

今回は、プーチン大統領のホロスコープを見ていきました。

海王星には(おそらく宇宙や星も)善悪正義のような概念や、その境のようなものはないと言われています。ですから、プーチン大統領の行動や決断に対してジャッジを下すようなことは少なくとも海王星はしないでしょう。

 

しかし、星の示す方向に逆らった時に、決して天から約束された今世の最高の報酬を受け取ることはできないという事が分かる例だったように思います。

 

星々からの課題はいつも非常に困難ではありますが、星の声を聴いて力を借りれば、応援してくれる星もたくさん与えられていることに改めて気づきます。

 

プーチン大統領も、新しい水瓶座時代にその時代をけん引する人物としての素質を本来、十分に与えられている人だったことがホロスコープを見ると分かります。
(あるいは、今現在、日々更新される最悪なシーンが時代を水瓶座へと進めるという意味なのか?
そこまでは今の私には分かりません。)

 

けれども、「怖れ」「執着」によって、
星からの声を受信するための感受を弱め、星の力を十分に使えないとき、
人生は困難を極める形となるのだと感じます。

 

まだ与えられている時間は続くので、
星は、いつも私たちに声を届け続けていることを
多くの人に信じて欲しいと思います。

 

********************************

追記:この記事の作成後にウクライナのゼレンスキー大統領のホロスコープを出し、各天体の星座を見てみたところ、驚くべき発見がありました。

なんと、プーチン大統領ゼレンスキー大統領、双方のドラゴンヘッド(目指すべき未来)は相手の太陽星座と同じ星座になっているのです。

 

つまり、プーチン大統領ドラゴンヘッドゼレンスキー大統領の太陽星座である「水瓶座」を示し、ゼレンスキー大統領ドラゴンヘッドが指し示すのはプーチン大統領の太陽星座である「天秤座」だったのです。

 

こうなると、この運命はたまたまの偶然ではなくて、お二人のカルマとして刻まれているものだと考えるべきだと思います。

コメント

ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました