Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

与謝野晶子弟の生死は?子供名前は?君死たもう事なかれは反戦争詩?子の数がスゴイ??


今回は『みだれ髪』に続き、もう一つの有名な作品である詩君死に給ふことなかれについて与謝野晶子さんが反戦主義者だったのか!?を追いつつ、与謝野晶子さんの沢山の子供たちについても追っていきたいと思います。貧しさの中でこれだけの子供たちを立派に育て上げた与謝野晶子さんに何だか勇気を貰えます。

 

 

 

与謝野晶子は反戦の人なのか!?弟に捧げた代表作「君死にたまふことなかれ」

 

文学史から入る日本の教育上は与謝野晶子さんの作品の中で最も有名なのはこちらかと思います。明治37年(1904年)9月に与謝野晶子さんは『明星』において「君死にたまふこと勿れ」を発表します。

 

 

こちらが「君死にたまふこと勿れ」が発表された時の『明星』です。

 

 

◆与謝野晶子の詩『 君死たもう事なかれ』で姉に泣かれた弟はその後どうなったのか?

 

教科書に必ず掲載されるといっても過言ではない与謝野晶子さんの代表的な詩『君死にたまふ事なかれ』ですが、ここで出てくる与謝野晶子さんの弟さんがその後どうなったのか?ご存知でしょうか?

 

 

 

正直、私は、ごめんなさい、

てっきり弟さんは戦争へ連れていかれて、帰らぬ人になったものだと思っていました。

 

管理人kira2
管理人kira2

というか、そういう雰囲気で教育を受けました。

 

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

―与謝野晶子

 

皆さんはココで歌われている「弟」がどうなったか?ご存知でしたか?

 

弟さんは与謝野晶子さんより2歳年下で「籌(ちゅう)三郎」という名だそうですが、日露戦争後、無事生還を果たしたようです。

 

弟、無事生還してた!!

 

「娘時代より与謝野晶子のよき理解者であったよ籌三郎は、無事生還し、与謝野晶子の終生まで交流を保ち続けた」(『年表作家読本与謝野晶子』(平子恭子・編著、河出書房新社・1995年4月25日初版発行60頁)

 

 

しかも弟、与謝野晶子と終生交流してた!!

 

管理人kira2
管理人kira2
 
 

何か、結構なカルチャーショックでした。

その弟君の情報も少しあります。

 

伝わるところによると、籌三郎は姉譲りの文才があり文章が達者だったので、将官から書記に任じられて重宝がられ、戦闘にはほとんど出ることはなかったといわれております。
(籌三郎曰く、「なんと字を知らない兵隊がいかに多いのやろう」だそうです。)

 

この与謝野晶子さんの弟に対し、日本人の多くは多少なりとも祈ったり、心を痛めてきたはずなのですが…(笑)そして、もっとびっくりなのが、どうやら、与謝野晶子さんという人は反戦を唱えていた人ではなさそうなのです。

 

え!!!

 

◆与謝野晶子は戦争反対で『君死にたまふことなかれ』は反戦詩だったのか?

 

 

与謝野晶子=反戦主義の人 という教育を我々日本人の大半はおそらく受けてきました。

 

与謝野晶子さんに戻すと、弟の出征を悲しみ無事を祈り、戦争について疑問を持つ反戦主義を掲げる文壇の人。何となくこれだけが「=与謝野晶子」としてひとりで渡り歩いている状況ですが、事実は異なるようです。

 

 

与謝野晶子さんの四男(1913年2月生)の(いく)は海軍大尉だったということです。彼の出征に際し、与謝野晶子さんはを泣いた時とは別の心境で詠っています。

 

「戦(いくさ)ある 太平洋の西南を 思ひてわれは 寒き夜を泣く」

「水軍の 大尉となりて わが四郎 み軍(いくさ)に往(ゆ)く 猛(たけ)く戦へ」

「子が船の 黒潮越えて戦はん 日も甲斐(かい)なし や病(やま)ひする母」

―与謝野晶子

 

この歌は昱が出征するときに与謝野晶子さんによって詠まれたものです。短歌雑誌『冬柏』1942年1月号に載ったものだそうです。

 

とりあえず、すごい檄文です。

 

ここの解釈は各人に任せたいと思いますが、私の主観で言うとやはり教養のある人だったんだなというイメージです。

 

 

少なくとも、反戦主義の歌人ではないということだけ言っておきたいかと思います。

 

◆与謝野晶子と与謝野晶子の間の子供が12人いて、うち2回も双子だったってホント⁉

 

与謝野晶子は想像を絶するスーパーウーマンだった!

 

 

与謝野晶子さんは堺の和泉堂(実名は駿河屋)という老舗の和菓子屋に生れ育ち、そこで教養を身に着け、鳳志よう(晶子の婚前の実名)として少女時代を過ごした後、東京の与謝野鉄幹を追いかける為、不倫愛の後に24才頃に生家を出ていきます。与謝野鉄幹は妻子と別れ、与謝野晶子さんと結婚します。

この話はこちらで↓

 

与謝野晶子と与謝野鉄幹はバナナ事件deみだれ髪?歌集の意味・現代語訳
与謝野鉄幹氏との愛が載っている歌集には、ご夫婦がリアルでも激しかった?エピソードがあります。その代表的な話がバナナ事件、ということで今回はバナナ事件とみだれ髪について追っていきます。

 

その後、与謝野晶子さん与謝野鉄幹の間にはナント13人もの子供ができるのですが実際に無事出生できたのは11人となります。

また、双生児を生んでいるのだそうです。さすがに与謝野晶子さん、5度目の出産では体力も弱り果て,泣く泣く生まれた子供を里子に出しているという話。そして彼女はそのことを彼女の生涯が終わるまで心の負目として苦しんだということです。

 

 

超貧困生活の中で、最大11人の子供の世話をしていた!!

炊事、洗濯、育児の傍ら内職原稿、針仕事…と

全部が与謝野晶子の担当(汗)

 

管理人kira2
管理人kira2

まぢ??

 

与謝野晶子さんが11人の子供を母親としてほぼ一人で生み育て,気難かしい上に女たらしの夫・与謝野鉄幹に仕えて,妻として母として、日々血の滲むような多忙な一生を暮らした女性であったことは,案外知られていません。

 

当時は完全に自宅分娩であり、産婆さんは大変な権威を持っていて家中三拝九拝して送り迎えするような時代だったそうです。それなのに与謝野家はこの産婆への心付けにさえ頭を傷めねばならぬほど貧乏だったという話があります。

 

しかも夫・与謝野鉄幹には家計と育児の心配をさせぬよう、寺の離れを借りてそこで子供たちに勉強をさせていたとか・・・。

 

 

じゃあ、与謝野鉄幹もさぞ頑張って稼ごうとしてたんでしょうね??

 

と言いたくなるところなのですが、

 

与謝野晶子の夫の与謝野鉄幹は,雑誌『明星』を刊行し、後世にも名を残したロマンチシズムの新歌風を興した詩人にもかかわらず、当時定収入がほとんどなく,自然主義文学の気運が拍頭して『明星』が落目になると家計はいよいよ窮迫していったということです。

 

がーん。

それどころか。与謝野鉄幹の女たらしのダメっぷりがスゴイ。

 

与謝野鉄幹は感情のさしひきの烈しい詩人気質をむしろ売り物にしていた人で, 〔明星〕の閨秀歌人は,みなわが恋人,と心得ているような男だから女性関係の出入りが絶えない

 

有名な山川登美子,増田雅子をはじめとして恋愛関係にある女性を,むしろ公然と,妻の前に示す.

 

与謝野晶子は激しい嫉妬に苦しめられ心の中で、血みどろな闘争を続けながらも,愛する夫をほかの女に奪われたくないというきわめて単純素朴な感情から最後まで夫に仕え,妻の座を守り通すのである。

 

 

 

管理人kira2
管理人kira2

ひょええええええー

 

 

 

与謝野晶子のこの気取りのない天衣無縫の感情と行動の女らしさは比類がない.

しかも彼女は,自分をも含めてこうした人間の暮しの苦しさ,悲しさ,辛さをじっと大きな眼で見ているのである.

それが歌になる.そして一生の間に蚕が糸を吐くように幾万首かの数えきれない短歌を詠み,詩を作り,小説を書き〔源氏物語〕と〔栄華物語〕を現代語訳し,新聞雑誌の短歌評まで引き受けて一家を支えたのである.

 

与謝野晶子さんはほぼたった一人で格闘されていたようです。

あんなに愛し合って熱愛して一緒になったのに、ホントに男と女は残酷ですね。

 

◆与謝野晶子の12人の子供の名前は?出生年は?

 

与謝野晶子が生み育てた大切な子供たちは,長男の医学博士,次男の駐伊大使をはじめとして現代日本の名門を占めていると言われています。与謝野鉄幹が女にうつつ抜かしていた頃に、悲しみに暮れるだけでなく、与謝野晶子さんは子供たちに必死で教養をつけさせようとしていたのが実った形です。

 

 

旦那・与謝野鉄幹はダメ男だが、与謝野晶子さんの子供たちはちゃんと母の愛情に応えてくれたようで何よりです…。

 

<与謝野晶子さんの子供たち一覧がこちら>

1人目(長男 光):明治35年(結婚翌年の与謝野晶子さん24歳)11月に誕生 医学博士

2人目(次男 秀 しげる):明治37年(晶子26歳)の7月に誕生 駐伊大使(外交官)
※同年9月、『明星』「君死にたまふこと勿れ」を発表

3人目(長女 八峰 やつね):明治40年(晶子29歳)の3月誕生。双生児 

4人目(次女 七瀬 ななせ):明治40年(晶子29歳)の3月誕生。双生児 
※翌年、明治41年11月『明星』が廃刊

5人目(3男 麟):明治42年(晶子31歳)3月誕生

6人目(3女 佐保子):明治43年(晶子32歳)2月誕生

7人目(4女 宇智子):明治44年(晶子33歳)2月誕生 双生児 もう片方は死産

※同年11月、夫・与謝野鉄幹が渡欧、

※翌年5月子供たちを残し、与謝野晶子も夫を追いシベリア鉄道経由でパリへ

※10月子供恋しさから与謝野晶子さんは単身、海路で帰国

8人目(4男 アウギュスト):大正2年(晶子35歳)4月誕生。のちに「いく」に改名

※同年1月に鉄幹が帰国

9人目(5女 エレンヌ):大正4年(晶子37歳)3月誕生

10人目(5男 健):大正5年(晶子38歳)3月誕生

11人目(6男 寸 そん):大正6年(晶子39歳)10月誕生するも生後2日で死亡

※翌年6月頃~平塚らいてう女史との間での“母性保護論争”が活発化

12人目(6女 藤子):大正8年(晶子41歳)3月誕生

 

これだけでなく、一時与謝野鉄幹の弟の子供を籍に入れたこともあるようです。

 

また次男の出生の際に鉄幹の弟の修の子である与謝野譲を双子として一時届を出したことがある。

 

 

与謝野晶子さんとにかく立派!!

 

先ほど与謝野晶子さんは家庭の困窮の為、5回目の出産の子を泣く泣く里子に出したとありましたので、里子に出したのは5人目(3男 麟)または6人目(3女 佐保子)かと思われます。

 

子供達の名付け親は与謝野夫妻だけではありません、上田敏、薄田泣菫(すすきだきゅうきん)、森鴎外、ロダン等がなっており、ここからも2人の交友関係の広さがうかがえます。
アウギュスト、エレンヌという名前が付けられた理由も分かりますね。

その他夫妻は詩人のアンリ・ドゥ・レニエ

 

与謝野晶子さんは後にフランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの名からとった、4男のアウギュスト君をモチーフにしたすてきな詩を書きます。

長女の八峰(やつね)、次女の七瀬(ななせ)の名前は森鴎外の歌から名付けた名前だそうです。

 

管理人kira2
管理人kira2

しかし、アウギュストやエレンヌ当人は変な名前を付けられて困り、後に改名しているそうです(汗)

 

◆与謝野晶子の子どもの現在は?

 

長男は医学博士、次男は駐伊大使、他にも与謝野晶子さんの子孫は、政治、経済、文学等で有名人が多いらしいです。また、与謝野晶子さんの生家も東大工学部教授を3人輩出しているようで、どうやら大変優秀な人材が育ちやすい血筋のようですね。

 

 

素行不良でダメだったのは夫の与謝野鉄幹だけです(笑)

 

管理人kira2
管理人kira2

まあ、歴史上に名を残していますけど・・・

 

また、余談ですが、与謝野晶子さんの次男の与謝野秀さんの息子は有名な方で、もう亡くなられていますが、元財務相を務められた与謝野馨氏です。与謝野晶子の孫にあたる人でした。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

全然関係ないですが、与謝野馨さんは元都知事の青島幸男さんと似ていてよく混同していましたw

◆与謝野晶子と与謝野鉄幹の最期はどうなったのか?

 

さて。

そして、すべての始まりだったといっても過言ではない、夫の与謝野鉄幹1935年3月26日にこの世を去ります。

 

 

昭和7年(1937年)、第一次上海事変で爆弾を抱えて突撃した「爆弾三勇士」の武勇伝が国民を沸かせたことがありました。このとき、与謝野晶子「勇者となれ」という論文を書いています。また「国民覚醒の歌」という歌も発表しています。

 

与謝野晶子さんは与謝野鉄幹が亡くなって2年後の1937年3月に脳溢血で倒れ1か月病床に就いた後、1940年に再度脳溢血で倒れます。その後は右半身不随となります。

1941年12月8日に太平洋戦争開戦。

1942年5月29日与謝野晶子さんもこの世を去ります。

 

 

与謝野晶子さんと与謝野鉄幹のお墓は並んであるそうで、右側が与謝野晶子さん、左側が与謝野鉄幹のものとなっているそうです。お墓には2つずつ歌があるそうです・

 

鉄幹
今日もまたすぎし昔となりたらば並びて寝ねん西のむさし野

「知りがたき事もおほかた知りつくし今なにを見る大空を見る」寛

晶子
なには津に咲く木の花の道なれどむぐらしげりて君が行くまで

「皐月よし野山のわか葉光満ち末も終りもなき世の如く」晶子

 

どちらも下の歌は墓域前入口の左右にある歌碑として刻まれています。

 

 

管理人kira2
管理人kira2

ようやく与謝野晶子さんが与謝野鉄幹と穏やかに一緒にいられる状況となって、何だかこちらがほっとします。

 

明治大正昭和と三時代を壮絶な人生で生き抜き、65才で永眠した女流歌人与謝野晶子さん。

 

 

 

私も与謝野晶子さんと同じ母親という女の性の運命をたどっているので、与謝野晶子さんが、かって詩にうたったアウギユスト君の誌が心に残ります。

 

アウギユスト

アウギユスト、アウギユスト、
わたしの五歳(いつつ)になるアウギユスト、
おまへこそは「真実」の典型。
おまへが両手を拡げて
自然にする身振の一つでも、
わたしは、どうして、
わたしの言葉に訳すことが出来よう。
わたしは唯(た)だ
ほれぼれと其(そ)れを眺めるだけですよ、
喜んで目を見張るだけですよ。
アウギユスト、アウギユスト、
母の粗末な芸術なんかが
ああ、何(なん)にならう。
私はおまへに由(よ)つて知ることが出来た。
真実の彫刻を、
真実の歌を、
真実の音楽を、
そして真実の愛を。
おまへは一瞬ごとに
神変(しんぺん)不思議を示し、
玲瓏(れいろう)円転として踊り廻る。

 

母の粗末な芸術なんかが
ああ、何にならう。

 

 

子供という自分の血を継いだ別の命が、自分とは別の個性と別の世界観をもって育ち、またさらに別の個性と繋がっていく様子に、これまで自分の意味の全てだった「作品」がちっぽけに思えてくるというのはとてもよくわかる気がします。

 

 

 

与謝野晶子さんにとってそれほどまでに尊いものとして子供たちを大事に思って育ててきた気持ちがよく伝わってきますね。

 

 

(おまけ)謝野晶子記念館に行ってみたい!

 

行ったことないのですが、大阪は堺市のフェニックス通り沿いにある「与謝野晶子記念館」というものがあるそうで、与謝野晶子さんファンには人気なようなので紹介しておきます。さかい利晶の杜内に「与謝野晶子記念館」入っているようですね。

 

「詩歌の森」

 

与謝野晶子さんの詩が耳と映像で入ってくるような設置になっているようですね。お子さんなんかは難しそうに感じることが耳からっていいかもしれないですね。

 

晶子の詩歌の世界を映像と音声で体感していただきます。詩歌は春夏秋冬と季節ごとに入れ替えています。床面には花びらや落ち葉などが映像で表現され、人の動きに応じて変化するなど、大人から子どもまで楽しみながら晶子の作品世界に触れていただけます。

さらに、館内では、晶子のメッセージや幅広い交流、ゆかりの地などを紹介するタッチパネルが各コーナーにあります。

 

四季にあった与謝野晶子の詩歌を 視覚聴覚触覚で感じる

 

管理人kira2
管理人kira2

ホントは心で感じると思うんですが、よいきっかけに…

 

「晶子の装幀(そうてい)」

 

 

晶子の著書の装幀は一流の作家が手がけたものが多く、色彩豊かで美術的にも優れています。ケースの内部をのぞくと、本の表紙だけでなく裏表紙や口絵など美しい装幀をあますところなくご覧いただけます。

 

本の装飾って素敵なのが多いですね。私も観に行ってみたいです。

 

「創作の場」

 

 

与謝野晶子が執筆活動をしていた書斎をイメージ再現しています。

そこには、晶子自筆の歌百首屏風(複製)も展示しており、晶子の美しい筆跡を間近でご覧いただけます。

また、晶子の在りし日の姿を動画でご覧いただけるだけでなく、『源氏物語』自作の短歌を朗読する肉声もお聴きいただけます。

 

肉声がきける!感度の高そうな設備があります。与謝野晶子さんの短歌の世界はとても素敵なのですが、子供の情操教育には刺激が強いのもあるので、どんな作品を詠んでいるのか個人的に気になります(笑)。

 

「寛と歩んだ人生の軌跡」

 

 

師弟・同志・そして夫婦であった晶子と寛の歩んだ生涯と業績を紹介しています。

引き出し式の展示ケースがあり、引き出しを開ければカルタや写真アルバムなどの資料をご覧いただけます。

 

与謝野晶子さんと与謝野鉄幹寛)さんのコーナーそして、影響を受けた仲間たちのコーナーということでとても興味がわきます。ここも感度の高いコーナーのようですね。

 

「少女(おとめ)となりし父母(ちちはは)の家」

 

 

与謝野晶子の生家「駿河屋」をほぼ実際のサイズで再現しています。

西洋好みの父が建てた家は、当時としては珍しく大きな時計がかけられ、2階が洋風という建物で、晶子が西洋の香りのする家で少女時代を過ごした雰囲気を感じていただきます。

晶子が店番をしながら文学作品を読んだという帳場も再現されており、晶子の文学の出発点として紹介をしています。

 

私自身もそうなのですが、幼少期の感性構築がすべてだったなと感じます。与謝野晶子さんはどんなことを見て、感じていたのか気になります。

 

管理人kira2
管理人kira2

素敵なスポットのようなので行ってみたいですね。

私は祖父が多磨墓地にいるので、まずは多磨墓地に行ってみたいと思います!

 

コメント