岸田文雄総理のホロスコープ、斬新な転換と調和の完成を託された人物

◆獅子座

今回は、岸田文雄総理のホロスコープと各天体の星座を調べていきます。

■岸田文雄総理の西洋占星学ホロスコープ、各星座算出のための概要(生年月日、出身地、国籍、出生時間)

岸田文雄総理は自由民主党所属の衆議院議員で、第100代-101代内閣総理大臣となった日本の政治家です。

 

父親の岸田文武さんも通産業省の官僚であり、父をはじめ一族が広島県出身であり、被爆し亡くなった親族も多く持っていることから、広島県民の想いを背負う政治家として活動してこられました。

●生年月日:1957年(昭和32年)7月29日
●国籍:日本
●出身地:東京都渋谷区
●出生時間:不明

 

従って、直近で、安倍晋三元総理大臣ロシアウクライナ侵攻を機に発言した「核共有(核シェアリング)についての検討」についても、現首相として、「非核三原則を堅持し、政府で議論する考えもない」と珍しく断固否定の意思を示しました。

 

しかし、長期間に及び外務大臣を務め、防衛大臣内閣府特命担当大臣として沖縄および北方対策も担当してきた経歴から、「敵基地攻撃能力」保有の検討を歴代首相の所信表明としては初めて明言し、軍事費についても補正予算、本予算と合わせて6兆円超を計上するということもしています。

 

 

■岸田文雄総理の西洋占星術ホロスコープ(※正午算出)

岸田文雄総理の天体の星座配分を見ていくと、なかなか特徴のある構成となっていました。

ホロスコープ算出資料:ARI占星学総合研究所

岸田文雄総理は出生時間不明のため、正確な各星座の度数、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスは不明となり、星座同士の境に近い場合は隣り合う星座に該当してくる場合もあります、詳しくは、以下ページをご確認ください。

出生時間不明の場合に西洋占星学ホロスコープで算出できないもの
西洋占星術のホロスコープ作成の際に出生時不明だと算出できないもの、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスとそれぞれの簡単説明について、また特に注意すべき月星座についての事柄、占星学を利用する目的について、私なりの見解をまとめました。

 

 

■岸田文雄総理の各天体の属する星座を調べてみた

岸田文雄総理10天体各星座を調べ、そこからみ解けることについてランダムに記載していきます。

 

岸田文雄総理の「太陽星座」

岸田文雄総理「太陽星座」獅子座です。

太陽星座は自身の基本性質など、ざっくりとした全体感を醸し出す星座です。ただでさえ影響力が濃く個人に滲み出る太陽星座なのですが、岸田文雄総理の場合、太陽星座と同じ「獅子座」の中に、10天体中5天体があるという特殊な状況となっており、

 

「獅子座」でかなりの割合が形成されているという事がポイントとなりそうです。

獅子座の特徴としては、「百獣の王」としての誇り、プライド、強さ、勇気、自信、カリスマ性を持っており、舞台主役となるポジションで、創造力豊かに活動するという事です。

 

リーダーシップをとったり、その場の空気感を創り出すムードメーカーとして個性的で周りとは一味違った雰囲気表現していきます。全体のモチベーションを上げたり、楽しさを演出することも得意なのでチームには、なくてはならない存在感が出ます。(しかし、本人はどちらかというと単独行動が好きです)

 

獅子座火の星座であることから、カラッとした明るさ精神性に向かう性質を持っており、普通にしていても、注目を浴びたり目立ってしまう特性があります。

 

獅子座自身の理念を強く持って貫くので、カリスマ性があるという印象になりますが、欠点としてはそれが過ぎると「自分が絶対の正義」というような柔軟性に欠ける独善的な考えとなる恐れがあります。

リーダーとして、うぬぼれが出たり、支えてくれる人々への感謝に欠けてしまうと、求心力を失った裸の王様になる危険があります。

 

自分の考えに固執しがちで柔軟な変更を加えることが元々苦手であるということを自覚し、プライドに執着することなく、いつも周りの声に耳を傾けることが大事になります。

 

こうして「獅子座あるある」を考えていった時に、岸田総理「決断力に欠ける」「はっきりしない」と頻繁に囁かれてはいますが、ちょっと考えられないなという印象を覚えます。若干もろもろ「遅い」というのは獅子座不動宮である為、あるかもしれません。

 

これだけの強烈な獅子座が揃っている岸田総理にとっては、もしかするとそうした「らしくない行動」は「獅子座」としての学びの上での結論なのかもしれないな?と思ったりもしました。

能ある鷹は爪を隠すというのが平常運行で、緊急時には隠しコマンドが発動する可能性を秘めています。

 

あるいは、星の力をガン無視して生きている方である可能性もあります。その場合、ちょっと一国のトップを任せている国民としては残念なことになります。

 

最初から半か丁か?みたいな話になってしまってすみません。

 

岸田文雄総理の「月星座」

岸田文雄総理「月星座」乙女です。

月星座はより個人的な心の奥底に抱えている自分の気持ちや欲望などを示すと言われています。

乙女座は、実直確実な仕事をすることが得意で、「約束を守る事」を大事にする非常に誠実な星座です。

余談ですが、安倍元総理太陽星座「乙女座」です。

安倍晋三さんホロスコープ、美しい国家の誇りと愛国心・防衛力の星々
第90代、96代-98代総理大臣としてご活躍された安倍晋三さんの10天体(太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星・天王星・冥王星・海王星)の各星座、ホロスコープを算出し、見ていきます。

 

乙女座は支配星が「水星」である為、知識・知恵に恵まれる頭脳明晰なところがあり、同じ水星を支配星とする双子座との違いとしては、ロジックエビデンスにこだわったり、論理的思考であったり、熟考(地の星座なのでコツコツしている)を大事にしています。

 

深い知識の習得研究分析のような「ピンポイントでの深さ」「秩序ある整理された知識」が出る傾向にあります。

 

きちんと管理する事や、分析する事比較検証する事が得意で、こだわりの強い所では、かなり几帳面で神経質な面が出ます。

 

人間関係では柔軟なとりまとめが出来る柔らかさがあります。

 

本人は「客観性を大事にしている」つもりですが、何ごとも「善悪」「〇×」と自身の分析結果だけでバシバシとジャッジを下す癖が出る場合があります。(少し口も悪いことがあるw)

乙女座の場合、たとえ口は悪くても常に、「人の役に立ちたい」という真っすぐな気持ちから全て始まっているので、誤解されやすいキャラクターとなります。

岸田総理は、火星、水星、冥王星、金星とコンジャンクション(0度)する配置となり、

金星については射手座土星スクエア(90度)を形成することで葛藤の角度となっています。

 

岸田文雄総理の「火星星座」

岸田文雄総理「火星星座」獅子座です。

太陽星座と同じ「獅子座」にある火星ですが、火星は「闘志を燃やすところ」を意味します。

けれども、今のところ国政でいうと、岸田総理獅子座らしい闘いというものはイマイチ(少なくとも私には)はっきり見えていません。

 

あえて言うのであれば、「獅子座」には人と違ったことをしたいというサガが根底にある為、経済政策のキャッチコピーとして掲げた、

「新しい資本主義」

という言葉の選択と演出が、獅子座らしかったかもしれません。(天王星の影響もあり)

 

しかし、「中身は全然新しくない」「むしろ戦略ゼロで後退」などと投資家・事業主だけでなく、各方面から(身内に近い人からも)ビシバシ批判されてしまい、総理大臣に就任して早々に出鼻をくじかれる形となってしまいました。

誇りの高い獅子座としてはとてもツラい船出となりました。

 

今のところ、乙女座高橋洋一さんからもド正論でたびたびコテンパンにされています。岸田総理もかなり乙女座を持っているのになぜこうなるのか?不思議であります。

 

官僚に優しい政策を選びがちですが、チヤホヤされることだけを死守しようとすると判断を誤る可能性があるので、

 

たまには口の悪い乙女座高橋洋一さんの声にも耳を傾けた方がよろしいかも??しれません。(高橋さんもたまにはキッシー褒めてあげて欲しい(;’∀’))

 

月星座の項目でも説明しましたが、乙女座は世のため人のためを考える誠実な星座です。どちらも根は真面目なお二人だと思われます。

 

 

岸田文雄総理の「水星星座」

岸田文雄総理「水星星座」獅子座です。

前項でもお話しましたが、岸田総理の「獅子座」らしさというのは、普通に見ていると「もろもろ、やや遅い」以外に殆ど感じられないので、なかなか語っていくのも難しいものがあります。

 

よくよく意識して「獅子座らしさ」を探していっても、やはり前項と同じ、人と違ったことをしたいというサガ」が出る、というところかもしれません。(天王星の影響もあり)

 

政策だけでなく流行病対策、補助金支給等においても安倍元総理菅元総理が長期政権の中で地道に築き上げた土台を「新しい」という名のもとに壊していく姿が散見され、

 

安倍元総理の発言した「核シェアリング」の件では、「検討の余地すら与えない」というような強いメッセージが(はじめて)発信されました。
(※ここに関しては家系の地元、広島県に対して、約束を守る乙女座の月が発揮されていると思われます。)


画像:西日本新聞 2021年10月9日

 

やはり、獅子座「百獣の王」であり、誰かの下に納まる星座ではないという事かもしれません。

 

岸田総理水星月、金星、火星、冥王星とコンジャンクション(0度)の配置にあります。

 

岸田文雄総理の「木星星座」

岸田文雄総理「木星星座」乙女座です。

月星座と同じく、乙女座木星は、岸田総理乙女座力拡大しています。

 

岸田文雄総理の「金星星座」

岸田文雄総理「金星星座」乙女座です。

金星は、好みや楽しみ、興味がわくものを意味します。男性の場合は女性の好みなども指すと言われています。

 

少し面白いな、と思ったのが、岸田総理の場合、乙女座的な性質をもつ女性が好み、となると、岸田総理月星座と一致していることもあって、自分の内面のような女性、という意味にも受け取ることが出来るという事です。

「自分が好き」→獅子座っぽいw

なんて思ってしまいました。

 

岸田総理金星月、水星、火星、冥王星とコンジャンクション(0度)の配置にあり、土星と葛藤の角度であるスクエア(90度)を形成しています。

 

土星の課題をクリアするには、いくら好きだからって自分っぽい人ばかり集めていてはダメ、という事かもしれません。

 

岸田文雄総理の「土星星座」

岸田文雄総理「土星星座」射手座です。

土星は、今世における人生全般または後期の大きな課題となります。岸田総理の場合、および金星と厳しい角度をとっています。

射手座土星の課題を考えていったとき、少し「あれ?」という事が出てきました。まずは射手座の象意を挙げてみます。

 

理想的境地の追求(哲学・宗教・歴史・学識)
冒険とチャレンジ(遠く・外国・スピ)
・狙ったものを確実に仕留めるハンター
知識欲と好奇心
楽観と衝動(ポジティブ・本能)

理想のために好奇心を持ってポジティブにチャレンジしましょう。

 

こんなニュアンスが浮き上がります。つまり、慎重で神経質になりすぎることがある乙女座と対立してくるのはこのためだと思われます。

 

わんぱくでもいい、
たくましく育ってほしい
(丸大食品CM)

 

土星は慎重すぎる性質に対して、そこからの脱却を試練として与えています。

 

宇宙意思に応えるには、岸田総理はなぞる政治ではなく、新しいチャレンジしなきゃダメなのかもしれないww

 

※誤解が無いように書くと、高橋洋一さんや安倍元首相の考え方がダメという事ではなくて、あくまで岸田総理が持っている独自の力を最大限活用していくには宇宙が岸田総理に託しているものを実現するには、という話です。

 

え、じゃあ、
けっこう順調なのかも(笑)

 

 

岸田文雄総理の「天王星星座」

岸田文雄総理「天王星星座」はまたしても獅子座です。

この天王星太陽とコンジャンクション(0度)の配置となっています。

そもそも獅子座自体が太陽にあって、人と違ったものを好む、個性的な人物である傾向の岸田総理なのですが、

 

そこへ「奇想天外」天王星コンジャンクションしていることで、非常にいい意味でも悪い意味でも「変わり者」感が強い傾向が、二重の意味で強まる配置となっています。

 

いい意味で言えば、「天才肌」というでしょうが、逆に出ると「空気ガン無視のオリジナリティー」というような感じに出るかもしれません。

私たち国民がテレビを通して見ている分には、とても意外に思う話となりますが、本来岸田総理「ユニークな発想や、独創性に富んだアイデア」を生み出す力に恵まれた人です。

 

既存の重鎮からは、決して出て来ることのない、革新的なアイデアユニークアプローチ抜本的な変化を与える提案を出せる能力に恵まれています。(星的には)

 

けれども、保身や足並みを揃えることが大事な政治界では、なかなか上記のような発言・活動を前に出して行くと、簡単に潰されてしまうでしょうから、権力を持つまで粛々とニンニン下積みが大事になるのかもしれません。

 

(その結果が今なのかもしれないと思うと、ようやく1国の首相となった今からの飛躍が期待できるかも??しれません。)

 

その獅子座天王星のユニークをもって「誇り高き日本、あるいは自分」を変化させていく活動は、

なんと明るく聡明な射手座土星の課題をクリアして実現していく為の力となりそうです。

一方で、海王星の求める目的達成のためには、取扱注意なエネルギーになる事も同時に示唆されています。

自分のユニークな提案を、応援して貰えるような準備が必要になるかもしれません。

 

岸田文雄総理の「冥王星星座」

岸田文雄総理「冥王星星座」獅子座です。

火星、水星、金星、月とコンジャンクション(0度)の配置をとる冥王星です。

冥王星「破壊と再生」を促す星です。徹底的に壊した後、従前よりもより良いものを再構築することを目的としています。

 

岸田総理冥王星について見ていくと、獅子座にあるこの冥王星は正午の段階で29.32度、サビアンシンボルを読むときには「獅子座30度」という獅子座の中でも最終度数を読んでいくことになります。

 

獅子座の学びを(太陽・天王星・火星・水星と)徹底的に一通り終え、つぎの乙女座に移行していく手前にある「獅子座の悟り」がココ、獅子座冥王星にあります。そして、獅子座で獲得した火のエネルギーを使い切るように全て吐き出す、という度数になります。

 

サビアンシンボルも今回は挙げておこうと思います。

code.No 150 獅子座30度  
「封をされていない手紙」

私はすたくろさんのサビアンシンボルのページのファンなので、そちらで書かれていた言葉を引用させて頂くと、獅子座30度の度数はこんな感じだそうです。

 

喜びを分かち合うことで
幸福な世界を創造していく開かれた人


獅子座
で、孤高の獅子としてガンガン独断で突き進んできたところを、一旦、振り返って、周りの声を「聞く。」

 

傲慢だったところ、独善的だったところを一度ガラガラと壊して、計画も成功も報酬も喜怒哀楽も「分かち合う」という新しい英知を獲得し、作り直す、という事かと思いました。

 

そこには、ひとりでやっていた時よりも幸せな世界が目の前に広がっていく、自分もより生き生きとした創造が出来る、そんなことかもしれません。

 

そういう意味では、岸田総理のキャッチフレーズは確か

「聞く力。」

 

 

意外や意外(笑)、
岸田総理は星の課題についてはカタチ上は順調にクリアに向け駒を進めて行っているという印象となります。

 

問題は「今いったい、誰の声を聞いているのか…?」という事になるのかも??しれません。

 

岸田文雄総理の「海王星星座」

岸田文雄総理「海王星星座」天秤座です。

前項に引き続き、なんと海王星に関しても岸田総理は最終度数を持っています。天秤座の29.90度(正午)でこちらも天秤座の学びを終え、さあ、次のさそり座の旅へ繰り出そうか、という段階にある状況です。

冥王星の時と同じく、天秤座風のエネルギーを全部吐き出して完了する度数です。

 

サビアンシンボルは、

code.No 210 天秤座30度  
「哲学者の頭にある3つの知識のこぶ」

 

引き続き、すたくろさんのサビアン説明では

普遍的な知識を整理して判りやすくする哲学の人

とのことです。

 

ちょっとこれって、面白いなと思ったのは、現在の混沌とした乱世の時代に、国のトップとして活躍している(特に2022年現在のロシア・ウクライナ問題で)他の政治家さんの海王星はどっぷり「天秤座」だったんです。

調和と美意識

をみんなで目指すように、というメッセージを海王星から示唆されています。

 

ギリ、天秤座海王星である岸田総理ももちろんそうなのですが、それだけでなく、「調和の完成」岸田総理の場合、次に目指していくことになる「さそり座」へ、すでに片足突っ込んでいくわけです。

 

もっというと、次にお話するドラゴンヘッド岸田総理が目指すべき未来)と合致することになるという事です。

 

他の国のトップと異なることは、

調和と美意識の部分を完了させる役目、そして、より良い世界の実現のために次へ進める役目

というところです。

目指すべきは、
他の国のトップより、
ちょっと先の世界。

ただし・・・続きはドラゴンヘッドの次項でお話します。

 

■岸田総理の「ドラゴンヘッド」「ドラゴンテイル」

岸田文雄総理のドラゴンヘッドはさそり座、ドラゴンテイルは牡牛座です。

海王星に促される形で進んでいくべきさそり座ドラゴンヘッド(未来)ですが、さそり座の支配星は「冥王星」であり、改めて生と死破壊と再生、というテーマ、「執着を捨てて、手放すべきものがある」ことを暗示させます。

 

さそり座には「徹底的に」「究極」という意味もあり、最終的に手放す課題を終えた後に、大きな慈愛の心と本当の意味で「深く愛する」という事を学ぶことになります。

 

そこで、手放すべきものとして考えられるひとつは、ドラゴンテイルのテーマであり、「物質的価値あるモノ」というようなものになりそうです。

牡牛座の示すモノというと、一般的にはお金身体評価の高いモノ土地というようなイメージとなり、もしも「日本」で考えていった場合は、若干の不穏な問題をはらむ印象を持ちます。

 

ちなみに、現在のトランジットのドラゴンヘッド(移動したばかり)と岸田総理ドラゴンヘッドハーフリターン(180度真逆)となっています。人生の中でも、とても大事になる時期であることは確かです。

 

約18年おきにあるノードリターンと共に、ハーフリターンもノード軸が重なる意味で非常に特別な現象であり、象徴的な事が起こる傾向にあります。

 

ドラゴンヘッドドラゴンテイルには、天体以上に一層深く、自分にとってのルーツとなる魂の世界や、そことの繋がりに係る不思議なエネルギーが発生していると考えられます。

 

 

■岸田文雄総理の各天体の区分配分

岸田文雄総理の各天体を、性質ごとに分類し、その配分を見ていきます。

■4区分配分(火・地・風・水)

岸田文雄総理4区分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
火星座615太陽・水星・火星・天王星・冥王星・土星
地星座310月・金星・木星
風星座11海王星
水星座00 

火の星座地の星座で大半構成されています。さらに、水の星座がゼロ、という事で、「感情のエラー」による失敗というものは起こしにくそうです。

しかし、相手の気持ちを慮るようなことも苦手かもしれません。

 

■3区分配分(活動宮・不動宮・柔軟宮)

岸田文雄総理3区分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
活動宮11海王星
不動宮513太陽・水星・火星・天王星・冥王星
柔軟宮412月・金星・木星・土星

不動宮と柔軟宮で構成されているため、最も苦手なのは「迅速な判断」です。しかし、慎重な対応、柔軟な結論を出すという事は得意です。

 

■2区分配分(陽・陰)

岸田文雄総理2区分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
陽(男性)716太陽・水星・火星・天王星・冥王星・海王星・土星
陰(女性)310月・金星・木星

陽(男性)が優勢な配分ですが、陰(女性)もほどほどのバランスで持っています。

 

■岸田文雄総理のホロスコープまとめ

岸田文雄総理ホロスコープを見てみました。

色々な意味で、日常拝見していて、個人的に抱いていた岸田総理の印象とはかけ離れた星を持っていることに、とても驚きました。

 

 

また、「調和」を完成させて、「新しい時代」をスタートさせる役目を担っているようだという意味では、現在の特別なタイミングで日本の首相となっていることに非常に大きな意味を感じることも出来ました。

 

今はまだ「遅い」「空気読まない」など散々な言われ方をすることもありますが、これまでの歴代総理にはできなかった「斬新な創造」をしてくれることを期待していきましょう。

コメント

ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました