ゼレンスキー大統領(ウクライナ)のホロスコープ、星を味方に公平と調和へ

◆水瓶座

今回は、ウクライナの第6代大統領であるゼレンスキー大統領のホロスコープと各天体の星座を調べていきます。

■ゼレンスキー大統領の西洋占星学ホロスコープ、各星座算出のための概要(生年月日、出身地、国籍、出生時間)

ゼレンスキー大統領はウクライナの政治家で元俳優・コメディアンという異色の経歴を持つユダヤ系ウクライナ人の政治家です。2019年5月にウクライナの第6代大統領に就任しました。

まさか、歴史に残る大事件に自分の人生が巻き込まれ、命がけで国家存続をかけて闘うことになるとはご本人も想像していなかったことでしょう。

 

ゼレンスキー大統領がウクライナ大統領に就任するきっかけとなったのは、2015年から2019年にかけて放送された『国民の僕』という作品でウクライナ大統領を演じ絶大な人気を得たことがきっかけでした。

 

●生年月日:1978年(昭和53年)1月25日
●国籍:ウクライナ
●出身地:ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
クルイヴィーイ・リーフ(現ドニプロペトローウシク州)

(北緯48.30、東経35.0、UTC +2)
●出生時間:不明
 
ゼレンスキー大統領ウクライナ東部の出身であることから母語はロシア語であり、大統領就任以前はウクライナ語は苦手だったと言われています。また、キエフ国立経済大学のクルィヴィーイ・リーフ校時代には、法学を専攻しており、法律に関する知識を持っています。
 
 
2019年の大統領選挙の際には過去最高数となる44名もの候補者が立候補していましたが、人気を博したドラマと同じ名前の「国民の僕」という政党を立ち上げ、インターネットを利用した選挙活動を積極的に行い、加えてドラマのセリフにもあった「親愛なるウクライナ国民へ」というワードも多用。
 
 
本当に、演出の「ウマさ」が際立つ選挙戦だったようです。
 
 
この点は、ロシアのウクライナ侵攻の際にも事前に圧倒的に不利だと誰しも予測していた状況を覆し、互角以上の闘いを続けてきたウクライナ側の背景の、根幹を支えたゼレンスキー大統領の特殊能力だと感じます。
 

この記事を作成している現在も、依然ロシアウクライナの緊迫した状況は続いている状況にありますが、ウクライナの人々、ロシアの人々、世界の人々が平和で明日に希望を抱ける未来へ向かえるように、

世界の子どもたちが、皆、豊かな幼少期の思い出、記憶、祝福を受けられるように、私がお伝えできる星の声が、わずかでも力になればと思います。

 

 

■ゼレンスキー大統領の西洋占星術ホロスコープ(※正午算出)

ゼレンスキー大統領の天体の星座配分を見ていきたいと思います。象徴的な星座を多くお持ちであることに正直驚きました。

 

ホロスコープ算出資料:ARI占星学総合研究所

ゼレンスキー大統領は出生時間不明のため、正確な各星座の度数、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスは不明となり、星座同士の境に近い場合は隣り合う星座に該当してくる場合もあります、詳しくは、以下ページをご確認ください。

出生時間不明の場合に西洋占星学ホロスコープで算出できないもの
西洋占星術のホロスコープ作成の際に出生時不明だと算出できないもの、Asc、Dsc、MC、IC、各ハウスとそれぞれの簡単説明について、また特に注意すべき月星座についての事柄、占星学を利用する目的について、私なりの見解をまとめました。

 

 

■ゼレンスキー大統領の各天体の属する星座を調べてみた

ゼレンスキー大統領10天体各星座を調べ、そこからみ解けることについてランダムに記載していきます。

 

ゼレンスキー大統領の「太陽星座」

ゼレンスキー大統領「太陽星座」水瓶座

ゼレンスキー大統領の政治活動や理念を総合すると「公正で自由主義的な社会」という事が言えると思いますが、これは見事なほどに「水瓶座」の象意と完全に一致する内容です。

 

また、インターネットを活用して当選となった選挙戦、そしてウクライナ侵攻の際に世界から協力を迅速に得るためのインターネット戦略及び国内、そしてロシア側の民衆へロシア語で呼びかけるSNSを活用した活動、これらに関しても、12星座の中で最もインターネットと親和性の高い水瓶座のなせる業だと感じます。

 

また、太陽と同じ獅子座の金星がかなりタイトにコンジャンクション(0度)しています。金星の項目で追記します。

「みんなで」という公共に溶け込むような意識と同時に、何者にも拘束されずに自由な魂でいたいという性質もあります。

 

ゼレンスキー大統領の「月星座」

ゼレンスキー大統領「月星座」獅子座

ゼレンスキー大統領の場合、水瓶座太陽と面白いほど相乗効果を生みだしている獅子座的性質としては、「演出」というものがあります。

 

獅子座が持っている性質として簡単なイメージで表現してみると、舞台で生き生きと踊る主役エンターテイナーというものがあります。元々俳優さんだったこともあって、インターネット発信していく内容の「表現」「演出」が最大効果を生み出す見事な形で成立しました。

 

本来、水瓶座獅子座というのは真逆の位置の星座であることもあって、同じ目的に向かいながらも別々のアプローチである為に、他者ならまだしも、自分の内部で双方の性質を高め合うというのは至難の業です。

 

しかし、太陽が特に葛藤となる角度を形成していないこともあってなのか、(あと、おそらくはゼレンスキー大統領が無意識でも非常に星のメッセージを素直に受け取っている方だと思われることもあって)こんな形で相乗効果を生み出すこともあるのだと私自身も初めて知ることになりました。

ゼレンスキー大統領の場合、そのほかに重めの課題を課す土星、戦争、闘いの星である火星という重要な星が獅子座に位置しています。

 

ゼレンスキー大統領の「火星星座」

ゼレンスキー大統領「火星星座」獅子座

前項でお話した通り、ゼレンスキーさんの火星は獅子座にあります。誇り高きリーダーとして戦っていくという事が示唆されます。

ただし、どうしても目立つ性質が元々ある事と、自然にしていると主張が強く前に出て来るので、少し意識的に後方から皆を支えていく形で活動すると、様々な支援が集まってくるという事があります。

政治的には目立つ、という事が必要な場面がある反面、弱点にもなりうる意味で、火星の舵取りは難しそうです。

 

ゼレンスキー大統領の「水星星座」

ゼレンスキー大統領「水星星座」山羊座

山羊座は非常に聡明で、目的達成をするための根性が備わった努力家であり、責任感も高い星座です。集団や組織、政治というニュアンスもあります。

 

 

政治家として権威性あるポジションを獲得するための知性だけでなく、政治家として求められているものを目に見える形で実現する知性がある意味で、とても政治には向いている人と言えそうです。

 

ゼレンスキー大統領の「木星星座」

ゼレンスキー大統領「木星星座」双子座

双子座情報コミュニケーション通信、交通などに関する領域の星座です。もともと水瓶座もインターネットと非常に親和性のある星座ですが、情報の取り扱いや情報戦での能力が拡大されると読むことが出来ます。

そして、それが土星の課題達成を助ける配置となっています。

 

ゼレンスキー大統領の「金星星座」

ゼレンスキー大統領「金星星座」水瓶座

水瓶座太陽とタイトにコンジャンクション(0度)を形成している抱き合わせのような水瓶座金星は、水瓶座の支配星が天王星であることもあって、天王星的な奇想天外、固定概念を覆すようなアイデア、思想、女性が好みです。従って、そのようなものを求めていく傾向が出ます。

また、公平性、フェアな関係を求め、その好みも頑固に出ると思われます。

ゼレンスキー大統領の人生で目的達成の報酬もそのようなものとなるのではないかと思います。

 

ゼレンスキー大統領の「土星星座」

ゼレンスキー大統領「土星星座」獅子座

ゼレンスキー大統領にとっての土星課題「獅子座」となっています。
これはいくつもか可能性が考えられ、リーダーとしての自身との闘いなのか?もしくは獅子座のような誇り高き王者との闘いという事も考えられます。または、誇り高き国家を守る事、実現する事、という意味かもしれません。

 

ゼレンスキー大統領の「天王星星座」

ゼレンスキー大統領「天王星星座」さそり座

天王星はアイデア、転換、変革、インターネットを司る星ですが、「徹底的」「究極」を意味するさそり座に存在します。情報戦の成功によって、闘いの流れを変えたことに寄与したのではないかと思われます。

 

ゼレンスキー大統領の「冥王星星座」

ゼレンスキー大統領「冥王星星座」天秤座

平等や調和を実現するための破壊と再生が必要になるという事、かつ同じ天秤座のエリアにドラゴンヘッド(未来の方向性)があることから、目指すべき未来のための破壊と再生ととると、ゼレンスキー大統領に託された課題の目的として非常に大事な意味を持っていると言えます。

 

冥王星獅子座の月射手座の海王星と小三角という助け合う配置になっています。

 

ゼレンスキー大統領の「海王星星座」

ゼレンスキー大統領「海王星星座」射手座

海王星冥王星は私は神の領域という認識を持っています。「生命の樹」の絵の中では海王星が最も上位にある星として描かれていますが、

ゼレンスキー大統領の場合は冥王星ドラゴンヘッドが同じ天秤座の方向へ向かっていることから、射手座海王星はその壮大な目的達成のためのサポート役になっているというイメージを持ちました。

射手座は宗教や思想、哲学といった思慮深い星座です。目的達成のために、思慮深さや高い精神性が大事になるということのように見えます。

 

ゼレンスキー大統領の「ドラゴンヘッド」「ドラゴンテイル」

ゼレンスキー大統領のドラゴンヘッドは天秤座、ドラゴンテイルは牡羊座です。

 

 

■ゼレンスキー大統領の各天体の区分配分

ゼレンスキー大統領の各天体を、性質ごとに分類し、その配分を見ていきます。

 

■4区分配分(火・地・風・水)

ゼレンスキー大統領4区分配分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
火星座411月・火星・土星・海王星
地星座13水星
風星座411木星・冥王星・太陽・金星
水星座11天王星

 

火星星座風星座の2トップの構成です。風の時代の闘いにおいてこれ以上、活躍する戦士はいないというような配分です。火の星座は精神性の部分が出て来るため、世界の人々の心に刺さるメッセージも伝えられそうです。

 

■3区分配分(活動宮・不動宮・柔軟宮)

ゼレンスキー大統領3区分配分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
活動宮24冥王星・水星
不動宮619月・火星・土星・冥王星・太陽・金星
柔軟宮23木星・海王星

獅子座水瓶座不動宮である為、圧倒的に不動宮が優位の配分です。
忍耐強い戦いが出来る、慎重で綿密、そして相当に頑固な配分です。

 

■2区分配分(陽・陰)

ゼレンスキー大統領2区分配分を見ていきます。

 所属天体数スコア天体
陽(男性)822木星・月・火星・土星・冥王星・海王星・太陽・金星
陰(女性)24天王星・水星

陽(男性)優位の配分です。

 

■ゼレンスキー大統領のホロスコープまとめ

今回は、ゼレンスキー大統領ホロスコープを調べてみました。水瓶座が効いた風の時代のリーダーとして頭角を現すにふさわしい要素がたくさん星座からも見つけられました。

前回、プーチン大統領を調べた際、プーチン大統領ゼレンスキー大統領と変わらないくらい、同じ風の時代をけん引する風星座「天秤座」をたくさん持ちながらも、窮地に立たされている理由について少し触れました。

 

星や星座の応援を背負って生まれてきても、お二人の間にある現在の状況には大きな違いがあります。

それは、やはり星や星座からの声を本人がスムーズに受け取れているかどうか?の違いのような気がしました。恐れや執着をもって手放すべきものを手放さないと、なかなか星の声は聞こえてきません。

 

皮肉な事に、国家や大統領としては二人の意思や目的は対立していますけれど、両者に与えられた星の声は同じ方向を向いているということです。

ゼレンスキー大統領が目指すべき未来(ドラゴンヘッド)として宇宙から示唆されているのは、なんとプーチン大統領が太陽星座を筆頭にたくさん与えられている「天秤座」の方向へ向かっているのです。

これは非常に心に残る結果でした。

 

プーチン大統領ホロスコープ、大きな調和の課題と風の時代への示唆
ウクライナ侵攻で世界を揺るがすロシア・プーチン大統領の10天体(太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星・天王星・冥王星・海王星)の各星座、ホロスコープを算出し、見ていきます。

コメント

ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました